スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優生

DSC_1705.jpg
スポンサーサイト

ハナビ yusei

hanabi.jpg

長男、優生のお絵描き
「花火」をイメージした絵だそうデス。

今千春 イベントのお知らせ

R'sのプレート制作や「茶の湯」でも大変お世話になっている今さん(陶芸家・今千春氏)のイベントのお知らせです。
201411hurariten.jpg
●伝統と創造のコラボレーション Vol.Ⅱ 二人展 (柏町、千手観音)
会期:11月7日(金)-9日(日)
会場:千手観音千蔵院 客殿2F/新潟県長岡市柏町1丁目5-12TEL:0258-33-1962
備考:呈茶席 11月8日(土)・9日(日) 11:00〜15:00

201411koten.jpg
●35周年プレイベント (アオーレ長岡)
会期:11月21日(金)-23日(日) 
会場:アオーレ長岡/新潟県長岡市大手通1丁目4番地10
備考:呈茶席11月22日(土)、23日(日)11:00~15:00(お抹茶をお楽しみください)

kon.jpg
今さんらしい、信楽焼を中心とした花器やオブジェ、茶道具を展示予定。
気軽に足を運んでいただければ幸いです。 入場無料

今千春さんのホームページはhttp://www.konchiharu.com/

桜も紅葉

R0129098.jpg
R's / アールズ前の桜並木も紅葉を迎えている。
若い木は感受性もよく紅葉しているのに対し老木はあまり赤くならずに落葉…、なんだか自分を見ているよう。
でもね、春の開花時は若いのに負けず味のある大きなフォルムで花を咲かすのだ!
やはり年齢なんかじゃない、もうちょっと頑張ろっ

穴窯の火入れ

!cid_2C9DF3BE-39C6-48C7-8D0F-BD981D6F224C.jpg
長岡市宮本にある陶芸家・今千春さんから送られてきた貴重な写真
3、4日間休みなく薪をくべ続け、穴窯の温度を下げないよう細心の注意が必要な陶芸家にとっては魂のような火でもある。
15年前くらいだろうか?そんな事もわからず「今度火入れ時にお邪魔していいですか?」なんて尋ねたら
「いいよ♪」なんて軽く返してくれたので火入れ中にお邪魔したことがある。
自然界の魂が宿ったかのような今さんを見て、近寄りがたく、差し入れを置いて直ぐに帰ってきたときの事を思い出します。
この火は強いつよいエネルギーを感じます。



R's flower

R0122620.jpg

蓮 ⅱ

R0116806.jpg
高田公園にて

蓮 ⅰ

R0116800.jpg

カナブン

R0116841.jpg
どうしてキミは玉虫色なんだ

R's

R0116765.jpg

熱中症より冷房病

R0116667.jpg
ようやく自宅でも冷房デビュー
いよいよ私の逃げ場がなくなってきました。

善作茶屋

R0116740.jpg
ここら辺では箸一本が基本。らしい

慣れるまではちょっと違和感だけど それもまた面白い。

ごちそうさま

空手大会

R0116702.jpg
出番を待つ三男、目指すは黒帯
R0116692.jpg
結果は今一つだったけど次に進む大事な経験になったよう

頑張れ、ルイ!

ロミオとジュリエッタ

R0116724.jpg
19年間を共に過ごしたVOLVO 940からこちらに変わりました。
久し振りの慣らし運転、楽しい奴なのかはまだ判断できず…

たまにすれ違う940、目移りする日々は続く。

イトトンボ

R0116625.jpg
ギャラリー飛蟲舎にて

お菓子をどうぞ

R0116568.jpg
暑くなってきましたね

Casa Blanca

R0116609.jpg
観葉植物のお返しに素敵なカサブランカを頂きました。

うれしい、ありがとうございます。

19年間、16.000㎞

R0111150.jpg
特に大きな故障もなく荷物を載せ、5人を乗せ、いつも快適に走っていてくれた。

少し疲れてきたのかここ最近はエンジンストールの回数が増えてきている。

彼とは19年の付き合い、16万キロを共にしてきている。
新しい純正部品もなかなか手に入らず、ボンネット開けたことのない機械オンチな私。
出来ることならこれからも長く共にしてゆきたいとこだが仕方ない。

大好きな大好きな我が家のボルボ940 エステートターボ どうもありがとう。

R0116467_20120705221147.jpg

「茶釜」の歴史と変遷 “長野 新” 長野家の釜

講演会のお知らせです。
R0116624.jpg

若手の新鋭『炎の釜師』長野新さんをお迎えし、茶釜についての講演を茶楽で行います。
茶釜を作っている職人さんなのですが普段聞けない釜の話を聞かせてい頂けると思います。
釜や鉄瓶をお持ちで管理方法など気になっている方、必見です。

先日、茶楽の会(打合せと称した飲み会)にお招きしお話を聞きくことができたのだが、茶釜に対する熱い気持ちが伝わってきます。
作家さんからの専門的な話はチンプンカンプンなところもありながらとても刺激があり面白い
ホーローやステンレス程度のヤカンしか持っていない私でも楽しい時間を過ごすことができました。

■ 日時 8月26日(日曜日)
  呈茶 正午~午後1時45分(お抹茶を用意しています)
  講演 午後2時~3時30分
■ 会場 長岡商工会議所2階大ホール
■ 料金 2000円(当日200円増)
■ 定員 250人(全席自由)

ご興味のある方はどうぞお越しください。
R'sにもチケットの用意をしてありますのでお声ください。
プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。