スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004 9月1日

 今日から「☆野のヒトリゴト」と題して日記を書いてゆきたいと思います。
美容室のホームページに病気の湿気たコラムもどうかと思いますがお許し下さい。

 「悪性リンパ腫」と言う血液のガンと告知されたのが2002.5.四ヶ月闘病生活をし、無事退院したのですが残念ながら再発しました。
その初発時に多くの方から応援のお言葉を頂き助けられました。とても感謝しております。
突然の出来事でお店の方はバタバタ、お客様は当然病状の質問をスタッフにしてきますから安易な答えも出来ず、仕事にも集中出来ない状態でした。 スタッフにも感謝しております。

 今回「☆野のヒトリゴト」で自ら病状、経過等をお知らせする事が一番スムーズではないかと考えました。
また“ガンは怖くないのだ“戦うべきものなのだ”と少しでも多くの方に感じて頂けたら幸いと思っています。
センスない文章、理解に苦しむ言葉、誤字、脱字いろいろ出てくると思いますがお許し下さい。
また病状により書き込みが出来ない日もあるかもしれませんがその時は「一生懸命戦っている最中なのだな」と思っていてください。(「ズル休みだな」の方が正しいかも?)
お暇な時だけお付き合い頂けたら嬉しく思います。

当面の間お休みさて頂きご迷惑をおかけいたします。大変申し訳ありません。
                               R's:mew代表 星野良司 
スポンサーサイト

9月3日(金)

 今日は検査のため病院に行ってきました。
CTともう一つはガリウムシンチ(微量の放射線物質の液を注射し、血液中に流して三日後に40分位かけて特別なレントゲンで撮る)ための事をしてきました。
もう慣れているとは言え気持ちの良いものではないです。
前にもふれましたが、今はとにかくゆっくり睡眠、ゆっくり美味しく食事、楽しみなが子供達と遊び&送り迎えなどなど当たり前の事を心がけています。

 みなさまもゆっくり美味しく食事と睡眠を!

 今後ともR's:mewを宜しくお願いします。

9月4日(土)

 稲刈りも始まりましたね、秋らしくなってきました。
今日は子供達の運動会の日です。
いつもなら週末は休めなく行くことが出来なかったんですが今回はラッキーですね。
 
 一応、高校時代は陸上部に所属してJr.オリンピックで国立競技場なんかでも経験した身ですから(自慢)今日ぐらいは僕も参加して頑張ってみようと思います。
結構足がもたれて転んだりするお父さんが多いんですよね....、まずは転ばないことを約束。

 今、体の中に放射線物質なるものが入っているのでアトムのように凄くなるかも!?走っていいのか不安もあり。
R’sは毎年10月にお客様とスタッフ全員で恒例のマラソン大会に参加しています、今回私は参加できませんがチャレンジしたいかたはR’sに申し込み用紙がありますのでいらして下さい。

今日の結果次第では参加もあり?....無理ですね。


9月5日(日)

 昨日は子供達の運動会に行って来ました。
やってしまいました、やはり自覚しないといけませんね。
「何がって?」足がもたれて転んでしまったのです。
みんなを追い越しトップ独走中に転倒!
盛り上がってしまいました(サービス精神はなかったのですが....)

 今回気持ちと体力のギャップをまざまざと思い知らされた瞬間です.....(苦笑)。
体調はやはり疲れやすくなっています。
病院もないので今日はゆっくりおやすみかな。

この雨も好きだなぁ。

9月6日(月)

 ヒトリゴトに付き合って頂き、ありがとうございます。朝病院に行ってガリウムシンチと言うレントゲン検査をしてきました、閉所恐怖症でない僕でも結構つらい。頭の先から足のつま先まで時間をかけて(40分位)写してゆくのですが、耐え切れないのは鼻先が付く位の近さにぶ厚いパネルがドーンとあるわけです。何度体験しても気持ちわるい!参った。
事前に注射しておいた放射線物質液がガン化した場所に集まり黒く映し出されるんですね、転々としていないことを祈りながら....。
まだ入院の日が決まっていません、お店に出なくなった初めの頃は時間が長く感じていましたが今は「今しかない」という気持ちが大きく時間が短い。焦っても仕方なく「明日に持ち越す」は僕にはもう出来ない。
怠け者の僕は今頃になって気づかされているんです。

9月7日(火)

 ガリウムシンチとCTレントゲンの結果を聞きに行ってきました。
健康診断の報告待ちなんかでも変な方向に勝手に想像し免疫力を下げてしまうパターンは多いらしいですが僕も例外にもれず良くない事を想像していました。
みんな自分の生活習慣に自信がないんだよね。
僕自身、意識はしているものの完全ではないし、仕方ない事なのかなぁ?
しかし予想を裏切り??結果はいい感じ!   とは言ってもガンはガン。
今のところ他に転移は見られず。
今回の結果で僕の治療も見えてきました。
自家抹消血幹細胞移植の方向なのでクリーンルームが必要、なかなかベットの空きがなく入院は今週末か来週始めまで延びました。
移植の説明は後日しますね。
まずは一安心です。
皆さまに感謝しています。ありがとうございます。

9月8日(水)

 悪性リンパ腫や白血病など血液系の癌は抗がん剤の有効性があるとされています。 
一年半前の初発時、五種類の抗がん剤を使用。(オペと放射線もしました)年齢や状態によっても量を調整しています、さじ加減が大事らしいです。
一般的な副作用として脱毛、食欲不振、吐き気、手足のしびれ、皮膚が薄くなる、僕の場合年齢が若いので(だろ?笑)、抗がん剤使用量も多く副作用も強かった、常にポジィテブとはいきませんでした。シャックリも何日も止まらなかったなぁ。
そんな事より問題なのは白血球数値が低くなり感染症や脳出血で命を落としたりする事です。
後半に感質性肺炎になってしまい危険とされ抗がん剤8クール予定が6クールと少なくしたのです、結果“叩ききれなかった” 可能性もある訳です。(それだけではないと思いますが.....)
昨日話しました自家抹消血幹細胞移植とは先に血液細胞を作り出す細胞を自分の体内から取り出し冷凍保存し、その間に通常より大量な強い抗がん剤を体内に流し込み効果を上げ後から細胞を戻す治療方法です。
骨髄などにもガン化している方は健康な方(ドナー)の骨髄や造血幹細胞を入れ替える訳です。(骨髄移植)
ドナー探しや手術後の拒否反応等もありますから自家(自分のもの)をまずは使う予定です。

原始的な感じもしますが僕達も同じ事やってるんだと思いました。パーマや特にこだわりカラー(色味)を出したい場合、一旦ブリーチしてメラニン色素を壊した後、染料をのせコラーゲンやケラチンなどのトリートメントしているんでしからね、で また退色してきたら色をのせる....、ん~、フクザツ...。ちなみにR’sでは必要以上にメラニン組織を壊さないカラーをしていますからご安心を!!

9月9日救急の日 入院。

 最近、地震が多いですね、ですがニュースを見ても台風情報ばかりで地震の話題はない、被害の規模も違うわけですから当たり前なんでしょうね。
地震は突然やってくるから質が悪く恐い、台風は雲の動きで予想がつくので準備が出来るじゃないですか? 非難具みたいなものはよほど痛い思いしなければ常に準備万全とはいかない。

僕の場合も台風に似ている。早期であれ末期であれ多少の時間はある訳です。だから僕はラッキー。
いろいろ考えさせられるんですね、「星野!このままで良いのか?」、「星野!悔いのない時間の過ごしているか?」、「星野!やりたいことしているか?」、「星野!周りから助けられている事、分かってんのか?」、「残された人のフォローはしっかりしてあるか?」を真剣にね。
“お迎え間近おじいちゃん”になってから思ったって寂しさだけが残ってしまう、どうにもならないわけです。
とは言っても僕は出来た人間でないので今も先送り傾向にあることは事実…(苦笑)、しかし何も無理に頑張らなくてもいい。  “気づかせられる”が大事なことなんですよね。

地震は事故と似ていて突然だから性質(たち)が悪い。
今後、交通事故には気をつけなければいけませんが台風のようなこの病気に僕は勝つつもりなので 得るものばかりで むしろラッキー!!(ラッキーって死語? 汗)

突然ですが、今日の午後から入院する事になりました。インターネットの接続等で更新が遅れると思いますが宜しくお願いします。
まぁ、ヒトリゴトなので どーでもいいかっ。(苦笑)

9月10日(金)

 美容室のホームページに何だか訳の分からない文章をのせています。
気分を悪くしている方も多いかと思いますが申し訳ありません。
僕自身、「場違いな感じだよなぁ」と思いつつ、これからも出来るかぎり更新してゆきたいと思っています。スイマセン^@^。

入院二日目です。初日にマルク(骨に注射針を刺し、骨髄液を取り調べる検査)をしました。以前も何度か体験しているもののあまり気持ちのいいのもではない、早くも帰りたくなった(泣)
ただこの病院は窓から見える景色がとても良い、信濃川と緑が目の前に広がりその先に町がある、またその向こうには山並みが続く。
実は、一週間前に子供と信濃川の土手で絵の具を持ってスケッチを楽しんでのですが、目の高さの違いでしょうか?11階から見た方がすごく近くに見えるんですね。今日は曇りなのに不思議です。
病棟の方とも親しくなり環境は申し分ない。治療がなければ普段から家賃を支払い個室に住んでも良いかもしれない(ウソ)。
一日も早く回復してR’sに戻りたいです。戻る頃にはスタッフもひとまわり、ふたまわりも成長しているんだろうなぁ……。
これからもR’sを宜しくお願いします。

9月11日(土)

 おはようございます。治療開始は来週からなのでまだまだ元気です。
この日曜に“日帰り脱出計画”を考えている☆野ですが帰ったらボウズにイメージチェンジ。
治療で脱毛が始まる前にスキンヘッドにした方がカッコイイ!
R’sスタッフは忙しそうなので自宅で丸める予定です。
結構似合うんですよ、ただし頭がでかく5頭身がバレバレ(苦笑)
ボウズ願望は女性にもあるんですよね、一日限定なんて出来るといいですよね。
寝癖やダメージそして白髪や薄さも気にならない!! 
顔洗ってそのまま頭いって終わり、ちょっとうらやましいでしょ?
“日帰り脱毛計画”が今から楽しみです。
今日もR’sを宜しくお願いします。

9月12日(日)

 東山から太陽が昇る様子をいつも見ています。今日は気持ちの良い秋晴れになるんだろうなぁ。
ある方から素敵なCDを頂きました。
“ALOHA HEAVEN” コテコテのハワイアンミュージックではなく聞きやすくゆったりとしていて懐かしさも感じるリズムはお気に入り、ヘッドホンを耳にあて新しい一日を喜んで迎えています。
すべての瞬間を充実させて生きなければもったいないよね。 今日も宜しくお願いします。

9月13日(月)

 昨日は外泊許可を頂き自宅に帰ってボウズにしてきました。
神様は分かってくれているようなボウズ日和を与えて下さったので早速、トリマーにカートリッジを付け子供三匹 庭で遊ばれるようにカット。 楽しかったし気持ち良かったー!
素質があるのは三男(5歳)のルイ!美和さんより上手い。
鏡越しに見るルイの“さま”は☆野そのもので本当に驚きました。
病気の内容を理解できていないのですが、こうして少しずつ分かってもらおうと思う。
しかし☆野はボウズが似合うなぁ、ホント。

2004 9月13日 病状報告

 入院を始めて四日目。
検査途中で治療方法は現在検討している段階。
本人はとても元気に過ごしています。

悪性リンパ腫 び慢性 非ホジキン B型 大細胞型
これが僕の病名です。
血液のガンです。化学療法の病棟になります。
この窓から見る風景はとてもいい。

2002 5月初発。
今回は再発ですので前回と同じ治療方法(抗がん剤、放射線、オペ)とはいかなく、治療方法を変えてスタートします。
まだはっきり決まっていませんが「自家抹消血幹細胞移植」と言われている方法です。
通常より大量の抗がん剤を入れるために まず自分の血液を作り出す細胞を取り出し冷凍保存、その後に大量の抗がん剤治療し、後で冷凍したものを解凍しながら体に戻すもの。(そうしないと血液が造れなく、生きてゆけないため)

この方法は他の人(ドナー)からの細胞でないので拒絶反応等がなくデメリットが少なくてすみます。
自家移植(自分のモノ)でも同種移植(他人のモノ)でも遺伝子に傷が付くやすくなるので二次発ガンを引き起こす可能性はあります。
検査結果によっては骨髄もガン化していれば健康な方から骨髄を頂き移植(骨髄移植)しなければならない場合もあるのかも? (今のところはないですが...)
ちなみに骨髄が合う確立は兄弟で25% 親子、親戚になるともう1%弱という確率。 
一般的なABO型は血液中の赤血球の型で、骨髄移植の場合は白血球の型6通りが合うことが重要で血液型は関係ないんですね。
血液型が変わるんですね、不思議です。
TVでもやっていますが、確立がかなり低いわけですからドナーバンクが重要なんですね、ドナーバンクでも見つからない人もいます。

最近は さい帯血移植(へその緒)も注目されています、生まれたばかりの赤ちゃんとお母さんの生命線のへその緒や胎盤から造血幹細胞を取り出し利用するんですね。
いずれにしても抗がん剤を使うので副作用は避けられませんね。

昨日は外泊許可を頂き、髪が抜ける前に自宅で子供達にカットしてもらいました。
悲しいなんて思っていないのに、子供達が一生懸命 僕の髪を切っている姿を鏡越しに見ていたら涙が止まらなくなってしまいました。
楽しくて、気持ち良いはずなのに不思議ですね、彼らもなんとなく理解しているんだよね。

年をとると涙もろくなって困ったものだ。

庭でのカットはボウズ日和の良い天気でした。

9月14日(火)

 今日は中学生の頃から好きなQUEENがヘッドホーンから流れています。最近、(もう古いのかなぁ)ちょっとブームになっていますよね。
僕ら世代の人がプロデューサーになり、その頃聞きなれた音が使われているのかもしれませんヒ。
学生時代、ギターのヘタクソなギター少年でした。
ジェフベック、ツェッペリン、ディープパープル、ピンクフロイド、もちろんローリングストーンズも何でも聞いていました。
あの頃は聞くオト、見るモノ、触れるもの(特に女性です、スイマセン)すべてドキドキしながら受け入れてた。
マガジンハウスから出版されているananなんかも刺激的な感じで次のページをめくったな。
今はどうだろう?受け入れる間口が狭くなったのかなぁ、“新しい”に対してドキドキ、ワクワクが少なくなっている?
あの頃に戻りたいとは少しも思わないけれど、あの頃の感覚は忘れちゃいけないよね。“感じ方”の間口を広げるともっと楽しい!

明日からいよいよ治療がスタート。
これからは食事が美味しく食べれなくなります。
今日の夕飯は特に味わって、ゆっくり時間をかけて楽しもうと思う。
毎日そんなふうに食べていたら、僕以上に作っている人もハッピーになるよね。
すべてに今している事に“感じる”が大切と感じています。
相変わらず、おかしな(バカ)文章でごめんなさい。

9月15日(水)

 いよいよ今日から治療が始まります(現在am6:20) 
まずは、リツキシマブ(一般的にはリツキサンと言われている抗がん剤)の点滴を4~8時間、場合によっては一日かけて体に入れてゆき、明日から本格的に5種類の抗がん剤を点滴してゆきます。
リツキサンは、ようやく日本でも認可され使えるようになった新薬、二年前は使えなく僕自身も署名活動に参加していました。(ネット上にて)
腫瘍細胞に結合し、身体の防御システム(免疫系)を介して、腫瘍細胞を攻撃してくれるものですが他の抗がん剤と併用することによってパワーアップしてくれるものなんです。
なんだかよく分かりませんよね、僕も分かりません。  が、イメージする、感じる事が大切^@^
ずっと悪性リンパ腫と戦ってゆくぞー! 負けないぞー!
今朝は霧が濃いですね、戦いに行くには好都合の“いくさ日和” 強運さっ(笑)
今日もR’sを宜しくお願いします。

9月16日(木)

 おはようございます。長岡は今日も秋晴れ最高ですね。
長岡大橋、大手大橋そして長生橋が見え、車が忙しく往来しています。
川はゆったりと流れています。
手前の土手では犬と遅めの散歩を楽しんでいる人達....。
昨日から治療が始まりました。点滴は結局、四日間連続で夜もペア組んで仲良くしています。
こいつと組んでガンをやっつけているんです。
だから「もう点滴はたくさんだー!」と言ったら負けな訳です。 「頼む!」と。

話は突然変わります。
僕はボウズだから石けんで頭を洗っちゃってそのまま顔に移動するオヤジ状態になっていますが(笑)
カラーや今年の強い紫外線でダメージを受けた方に忠告!特にシャンプー前のウェッティングはよーくして下さいね。
サッと軽く濡らしてシャンプー剤付けたりしていませんか?
そしてシャンプーは地肌中心に指のはらでマッサージをする位で充分、中間や毛先は流す時にきれいに落ちているはず、毎日の事だからなるべく摩擦は避けてほしいです。ホームケアは大事さッ!

9月17日(金)

 昨日は二人と添い寝。
点滴サンとはスキンシップを感じながら(苦笑)、窓の外には鳩サンが僕と一緒に寝てくれました。(間近です)
さすがに鳥目の鳩さんは6時頃から動かなくなるんですね、固まっている時はデイゴの置物みたいでかわいいのですが、動いている時は落ち着きがなくてイヤですよね。
しかもモラルに欠けていて早朝しっかりフンを片付けずに飛んで行ってしまいました。ったく....

ヘアケアの話です。
昨日は摩擦は避けてと説明しましたがシャンプー後もしっかりドライを心がけたいです。ダメージを受けている方は16油などのオイルを特に毛先と表面に付けてドライ。
朝まで少し湿ってる感じは雑菌も繁殖しやすいのですよ。枕の摩擦は特に大敵。
よく「ドライヤーを使うと痛んじゃう...」と言われたりしまうがココでお話しているのはブローでなくドライ程度です。
ふやけている=髪の毛が膨潤していてたんぱく質等も流失しやすくカラーの退色も早めてしまいます。
これからの季節は特にツヤが大切!少しの努力は必要ですね。

9月18日(土)

 1クール目の最終日です。(抗がん剤を一気に入れ三週間休み、次の抗がん剤治療を2クール目と言います)
シャワー時には針はそのまま付けて点滴を外し、それ以外は夜も点滴をしています。
明日の朝で、とりあえず終了だー!
副作用は食欲が少しない程度で嘔吐、だるさはあまり感じません、いい感じ!でもシャクリが止まらない....。
コリコリとした腫瘍も触診では小さくなっている!
医療用の言葉でセンシティブ・リラックスと言い順調な経過を意味しています。
まぁ、これから白血球が下がってくるので細菌には気をつけなければいけません。

お気に入りのエッセンシャル・オイルを持参しているので紹介します。
柑橘系のグレープフルーツ、僕の大好きなアールグレイ紅茶のベルガモット。
僕が使っているのはプラナロム社(値段もそれなりですがクオリティーが大事で香りが違います!)フランス・ベルギーで製造しているものです。
R'sでもルネ・フルトレール社のエッセンシャルオイルを使ったヘッドマッサージをしていますがここの会社はフランスでも歴史が古く、厳選された品質の良い精油で医療用レベル最高とされています、キャリアオイルなどバランス良く混合した頭皮や肌に付けてもいい商品(ホーム用、コチラはお得だと思います!)もあるのですが持ってきてもらう予定です。
シャワーコロンのような使い方も出来るので、オヤジ臭いとは言われませんからね(苦笑)

昨日のドライの件で質問がありましたので少し訂正します。ゆるいウェーブやボリュームが出やすい人は毛先まででなくてもいいですね、正し、根元は乾かした方がいいでしょう、水分はボリュームを抑えている様で結局は蒸発しパサパサで潤いが持続しないですね。
十六油などのサラッとしたオイルを付けた方がいいですね、ベッタリやシットリでなくサラッとですからね。
あ~、今日はアキンドっぽいなぁ~     誤解なく!(笑)

9月19日(日)

 おはようございます、長岡は今にも降りそうな雲に覆われていますね。
せっかくの連休なのに残念。
昨日位から食べ物を受け付けなくなりました。
一度入った抗がん剤をなるべく体内から出すために水分を多く取って排出させる事が重要なのですがお水もあまり飲めなくなっています。 気持ちわるい.....。
体の中で戦っているんだよなぁ、と思いつつも...。
まだ髪の毛は抜けていません、一週間後位かな。まぁそんなのはどうでもいい事、当たり前の経過にすぎませんからね。

話は変わります。またまた僕の入院必須アイテム、アイ・ピロー紹介!
この彼女とは?かなりの仲良しで、日中の明るい時は僕の眼を閉ざせてくれ、夜は僕の胸の上で手を握っていてくれる。
ラベンダーがたっぷり入っているから彼女の香りもいい。
前回の入院の時も彼女に随分お世話になっています。
入院中させている方にプレゼントされると喜ばれると思いますよ。 ただし、女性の場合は「彼」を差し上げてくださいね。(何、言ってんだー・笑)

さぁ、朝ごはんが運ばれてきました、少しでも食べなければね。  

9月20日(月)

 「前向きだね」「強いね」と言われたりする。
僕は強くてカッコイイ人間ではない。
むしろ甘えん坊、周りから助けられて今日まで来ているよ。
ただ治療を受けている今、「ポジティブ」を意識していないと、あっと言う間につぶされてしまいそう。
でも、常にポジティブなんてナンセンス。
自然界にはバイオリズムなるものがあるんだから無理したってどうなにもならないし、むしろ苦しくなるだけだよね。
ゆっくりでいい、しっかり治し、応援しくれている人たち、助けられている人たちを安心させる事が僕からの恩返しになるんだと信じている。

二日間、気持ちが悪く食事と睡眠が出来ない...、乗り越えなくちゃ。

9月21日(火)

 日がさしてきました。土手をゆっくり散歩している人が見えます、自転車に乗っている人が見えます、川がゆったりと流れている、鳥が優雅に空を飛んでいる、雲もゆっくり流れている。
当たり前のことなのかな。

9月22日(水)

 ご存知、ガンをやっつける薬、抗がん剤(おもに点滴で入れます)は何種類かの薬を癌のタイプや進行度、年齢等に組み合わせたものです。
それを何週間おきに何クールかを繰り返します。
お休み期間は確実に白血球が下がってくるので白血球を上げる注射をします。
次の2クールスタートまでになるべく体調を回復させるが重要です。
だから血液検査は朝飯前状態。
僕のR-CHASER(通称チェイサー)は三週間おき。五種類の抗がん剤を使用。
標準的なものより強めだから仕方ない、入院もその分伸びる。
食事は少しでも食べるように心がけていますが、美和さん曰く、「どこが心がけてるのよ?」と会うたびに怒られ続けてます(苦笑)

血小板数が低いのでこのままだと輸血が必要かもしれませんと言われました、小心者の僕はややビビり気味。
1クールで輸血とは正直ショック! 2クール目は確実になる事を意味している?
血小板は出血を抑える役割を持っているため、数が少ないと脳出血などを引き起こす。

あまり脳を活用していない僕には関係ないコトさっ。

9月23日(木)

 昨日はビックリした、脳貧血で倒れてしまったんです。
お風呂で「あ~、おかしいぞー」でも裸で倒れるのもカッコワルイヨナーと思いながらグルグル回る中、パンツを穿きました。そうすると欲が出るんですね、ズボンも穿くぞー、さらにこのままではまずいとシャツも着れたので「ここまで出来たらベットに行けるかも~」と考えを変更。
病室に入ったら新しく入られた方がいたので「は~じ~め~ま~」などと言ってベットに倒れました。
やばいぞ、この病室と思ったでしょうね。
意識は半分なく、ナースコールはその方が押してくれたようです。

時間にするとあっと言う間の出来事なんでしょうが僕にとっては一秒が一分ぐらいのスピード。
本当にもうダメだと思った(笑)。 もちろん、後から看護師さんに「無理にしないでくださいね」とやさしく注意されたのは当たり前の事。
妻にも「ご飯ちゃんと食べていないからよ」と、またまた怒られ...、お騒がせしました、スイマセン。

貧血で倒れたのは今回で2回目です。
ちなみに一回目は一年半前位かなぁ?
お酒が飲めない僕は大人になりたくて、カンに入っている“梅ッシュ”を半分飲んだ後に体験。  ...そう、僕は大人になれなかった。
その後は安静にしていましたが以前R’sで頑張ってくれた女の子?(女性?・笑)二人がお見舞いに来てくれ元気になりました。 おしまい。

9月24日(金)

 昨日そして今朝はとてもいい感じ!「もう退院してもいいだろー!」って。
次の抗がん剤が入る10/6までの間は大丈夫。体調が良くなると一日が十日位に感じる(ウソ)、体調が悪いと一日が抜けている(ホント)。
とにかく、楽。
昨日、佐藤直美(以前、Rsで大爆発していた大物キャラクター)がご主人と二人の子供を連れて上越から来てくれた。
相変わらずだがカワイイ奴、結婚生活が続いている事が今だ信じられない....笑。

この秋、髪を伸ばされている方が多いのではと思う。
僕はボブラインがとても好き、似合う人は積極的にススメタイ。
そうでなければ長めにし、セクシーであり、キュートな感じが旬。ここでのセクシーはいやらしさのない大人っぽい、である。
さらに「かわいい」でなく「キュート」。なんとなく分かりますよね?
今日から日中よりも夜の時間の方が長くなったんだからカッコよく合わせなきゃね。
今日も一日よろしくおねがいします。

9月25日(土)

 晴れる日があるから雨が降るんですね。
日が昇るから日が沈むんですね。
みんな交互にやってくる。
分かっていてもその時は気づかない。
「もう退院してもいいんじゃない!」なーんて調子付いてるとバチが当たる。

血液検査の結果が来た。 ビックリした。 予想はしていたものの低すぎる。
白血球数300!?血小板4.6!? 白血球は通常4000~8500、ほとんど免疫力がないことを意味。
白血球をぐんと上げるG-CSF(皮下注射)は毎日入れているのに....、強い治療なんだね。
監禁令が出ました、もちろんお風呂もダメ。 部屋にトイレもあるので本当に出れない。 いや僕も出たくない。
人との接触もなるべく少なく、手洗い、うがいはこまめにと指示。「カシコマリマシタッ!」状態です。

すべて交互にやってくる。
晴れている時に雨対策をする。
明るい時に寝床を用意する。
なんでもそうだよね、好調な時には次の事を考えていなければこわいよ。
分かっているんだけどなかなかねー。

9月26日(日)

 食事の話。
朝はご飯やパン、昼はご飯か麺類、そして夜は和食が通常です。
そのほかに、ほとんど食べれない方は、三食さっぱり食を選択できます。
また、ご飯も普通かおかゆを選べ、クリーンムールに入ると生野菜もダメでしょうから専用の食事があり、その中でも選択出来る様に工夫されていると思います。
糖尿病食もあるでしょうね。
食欲のない方はもちろん、口の中が荒れ食べれない人、油を受け付けつけない人....。
いろいろな症状の方がいるんですから栄養士さんをはじめ作っている方たちは大変だと思います。感謝ですね。

わがままだなぁと思いながら僕も何度か内容を変えさせてもらっています。
ようやく食事を完食出来る様になったので通常に戻しました。
昼食は麺類を選択しています、昨日は焼きそば、その前はうどん、蕎麦やラーメンの時もあります。
具沢山、量も大盛りモリモリなので「半分でいいよ」と言っているのですが...動かないからお腹も減らないんですね。

しかし、隣の細いお爺ちゃん「足りねーなぁー」だって、 負けられない(苦笑)

9月27日(月)

 日曜日の朝、血液検査をし、白血球がいよいよ100まで落ちていました。(通常4000~8500)
対処としてはG-CSFという注射で上げるんですが、現在も使用しているので後は乗り切るしかなく、なるべく人前に出ない事、うがい、手洗いが基本。
セミクリーンルームがいっぱいで移れず、主治医は「とにかく部屋からは出ないで!」と。
血小板も1.6と下がり、対処は血小板のみを輸血。 輸血初体験です。
あまり気持ちの良いものではないですが、ある人からのものだと思うと感謝しなければですね。
この血小板は普通の献血で400ccを採るやり方ではなく、2~4時間かけ、片方の腕から血液を採り遠心分離機なるもので血小板だけを拾い、他の赤血球や白血球はもう片方から戻し入れるんだそうです。
僕はそんな献血があることすら知りませんでした。
一般の献血より、少ない量をもらう事になるのですが、2~4時間とは驚きです。 感謝ですね。

献血で集められた血は、すべて放射線を通しウィルスからの感染を防止しているそうですが、完全とはいかず、すり抜けるタイプや未知のウィルスも否定できないそうです。まぁ、そんなこと言ったらきりがないですよね。 
血小板は生のままで(冷凍せず)48時間以内のものを使用します。しかも一人の方からのものだそうです。

問題なのは免疫学的な副作用。
ほとんどの人は大丈夫なんですが、僕はコイツに後半襲われ途中で輸血ストップ!抗アレルギー剤の注射を二本、痒み止め注射もしてもらいました。
体全身に蕁麻疹、柔らかいところはブツブツが広がりすぎ全体に腫れあがり、痒いのなんのって半端じゃない!
注射してまもなく、目の前がボワ~としてきて「これは睡眠薬かー?...やられたぁ..」コロッ。
今朝の4時に目を覚ましました。蕁麻疹は落ち着き熱も下がりました。

そう言えば、以前インドへ行き、インド人の友人宅で宿泊させてもらった時もすごかった。
長くなったのでこの話は明日にします。 今日も宜しくお願いします。

9月28日(火)

 今日は中秋の名月、昨日の夜は綺麗に見えていたのですが今夜はどうだろう?
昨日の検査で白血球が400に上がりました、悪夢のような輸血のかいもあり!?血小板もちょい上がりました。ヘモグロビン(貧血の数値)は下がっちゃいました。
すべてが標準値以下なのは相変わらずだけど2クール目に向かい少し光が見えてきました。

輸血の副作用で頭から足先まで蕁麻疹ができビックリしたんですが、その時のブツブツを見ていたらインドに行った時の事を思い出しました。あの時もすごかった。
インド人の友人宅に泊めてもらった時の事、シーク教徒の彼はカースト制度で言ったら上流。
インドでもそこそこの高級住宅地にある自宅は四階建て。
ニューデリーに着いてからからずっと一人で過ごしていたので疲れていた僕は、二年振りに彼にも合い、安心したせいか彼の部屋を借りベットで熟睡......。
そこまでは良かったんだけど、ちょっと窓を開けてたのと、彼もここ三日間ムンバイの方へ行っていて部屋を空けっぱなしだった、インド製蚊取り線香はつけてあったんですが全然効かないんですね。匂いはそれらしいのですが.....。

お分かりですね、そうなんです。
熟睡中でもなんとなく蚊には気づいていましたが、それより睡魔の方が強く蚊に対して“まな板の鯉”状態。
遅い朝を向かえ、起きた時にビックリ! なんと顔だけでも百箇所以上!もうダメなんじゃないかと思った(笑)
キッチンへ向かったら彼の母親がクールな顔で「違う人かと思ったわ」(ヒンズー語でね)だって! もう全身ブツブツだよ。  でも日本の蚊より痒くない。

成田では相当怪しまれ税関通れず、別室まで連れて行かされました(汗) ヘナ(お店で使っている粉末のトリートメント)の入ったダンボールをかなりチェックされ、靴のソールまで剥がされ....?(そっちかよー!)
「早急に病院へ行ってください」だって。そう言えばあの頃、髪も背中の真ん中位まであったし、インドを出国するぎりぎりまでアー・泣xータ(頭からつま先までオイル付けにしてマッサージ)をしていたので、髪の毛はギラギラで三つ編み、全身オイル臭い、当たり前かも。

エアー・インディアの飛行機内では馴染んでいたのに(苦笑)

9月29日(水)

 昨日からちょい微熱が続く、相変わらず部屋で監禁状態。
監禁と言っても四人部屋だからお見舞いに来られた人の出入りもあるので殺伐感はないです。
ただ星野のみ外(廊下やディルーム、ロビー等)に出てはいけない。
白血球が上がり免疫力upしたら外出もOKなのですが.....もう少しか?(涙)

では、一日何をしているのでしょう。
本を読んだり、こうしてパソコンに向かったり、シザー(鋏)持ってイメージカットしてみたり、隣のおじいちゃんとバカ話したり、CDラジオで音楽や「Jウェーブ」聴いていたり、ボーっとしていたり、カリカリ梅かじってたり・・・・。
後、何をしているだろう?
お風呂に入れないので(部屋監禁!)蒸しタオルで体を拭いたり、体温を何回か測ったり、点滴をしたり、トイレに行ったり、食事やお茶を頂いたり。
まぁ、そんな感じ。 そうだ、「うがい」「手洗い」が一番多くしている事かな。
まぁ、そんな感じで刺激的な日々を送っている。(苦笑)

今は2クール目(二回目抗がん剤)の準備段階。
1クール目でダメージを受けた血液中の数値を上げる為に皮下注射や輸血で調整しています。
がん細胞を叩くために正常な細胞も叩かれるんですね。がん細胞5%弱に対し正常細胞95%以上がやられてしまうとも言われています。
日進月歩してきているものの「なんだかなぁ~...」。
いやいや、スタートした訳だから最後まで頑張らなくちゃ!!!!!! 今日もアールズを宜しくお願いします。

9月30日(木)

 おはようございます。 
昨日の血液検査で白血球が上がり、お昼すぎに部屋監禁令が解除されました。(パチパチパチ)
早速、お風呂へ向かうのですが(部屋からお風呂場まで7歩の位置)廊下に出る瞬間なんて“禁断の扉”を開けるような緊張感とワクワク感とで顔がニヤけてしまう。
クールにいきたいのに、どうしても口角が上がっちゃってミッキーの口元になってしまう。 
シャワーを体にあてれば「お湯が流れちゃてるよ」とか「体の上で石けんが泡立ってるぞ」「排水溝へ泡が吸い込まれてゆくんだ」といちいち心の中で実況中継みたいに言葉になってしまうから情けない。
そんな感じで一年振りにお風呂に入りました。(実は六日振り)

妻と下のロビーまで降りる時も「本当にいいの???」などと言われながら、僕はうなずきながら口元が緩んでるわけです。もうどうにも止まらないって感じ(笑)
ロビーのイスに座り、人の流れを感じていると、また感激してしまうんですね。
ロビーに来たのは十日振りかな。 でもね、この位の期間だからまだこんな事を言ってられるんですよ。
前回(初発時)四ヶ月入院し世間に出てきたときの周りの速さと、色の多さとに困惑し“禁断の扉”(ワクワク感)ではなく“苦悩の扉”(浦島太郎の玉手箱)の様だった事を思い出しました。
 
妻が帰る時に500円玉をもらい、一人で買い物。 気分はもう“初めてのお使い”状態。 また心の中で「お金を出して、おつりをもらっています」と(苦笑)
買ったのもはアイスクリーム。

プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。