スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、飯島夏樹さん

飯島夏樹さんをご存知でしょうか?

 元プロウインドサーファー、そして「天国で君に逢えたら」の著者、飯島夏樹さん。
一ヶ月前、テレビで肝細胞ガンにおかされながらも前向きに生きる飯島さんの約半年間を追う特集を見た僕は、その後も飯島さんのH.P.コラムに共感し、読むことで応援していました。
しかし、現地時間2月28日23時50分(日本時間3月1日18時50分)、天へ召されたようです。享年38。

 “天国で君に逢えたら”の“君”は奥さんの事なんです。
テレビで出ていた彼は奥さんに「悪いねー、先に天国に行っちゃって」なんてやさしく笑いながら言っている。
彼曰く、長い人生が幸せとは限らない、質の問題だと。

 プロサーファーから、グァムでのウインドサーフィン・スクールをスタートさせ、成功。グァムに大きな家を建て、子供にも恵まれた矢先に肝細胞がんに。余命も2004年6月と宣告。
家を売り、日本にもどり入院生活をしていたが、「大好きなハワイの海を最後に」との想いで体調がすぐれないなかハワイへ在宅ホスピスを選択。

 2月途中からコラム更新がなく心配だったのですが、今日二日ぶりに開けたらお知らせが届いていました。
まず天国でゆっくりと休んでほしいと願う。そしていい風をとらえ、雲の上のウィンドサーフィンを楽しんでほしい。 僕も随分助けられました、どうもありがとう。 そのうち逢える事を楽しみにしています。



スポンサーサイト

今日は新月です。

ひとまず薬を終了しました。

させました。僕の意向を聞いていただき感謝しています。

「無理しないでね」

と僕より年上の方に心配されます。
「おばあちゃんも」と言い返せませんでした。

『オペラ座の怪人』を見ました。

『オペラ座の怪人』

のテーマ曲が頭からはなれない。

信号で止まったら雪が落ちてきました。

「PULL」

と書いてあるところでも僕は必ず押して入る事にしている。

スローライフぶってる私は性質が悪い。 

pora.jpg

  POLAROID 180

 常に持ち歩いているのがいけないのか僕はデジカメをよく壊す。
                              と、言うよりデジカメは壊れやすい。と僕は思う。

 もちろん自分で修理できないし、メーカーに出しても、そっくりパーツを交換するだけ....、味気がない。
「アナログ人間☆野」には、しっくりこないんだなと今回もつくづく思う。

 「ミーハー☆野」はアタラシモノ好きでもあるが、基本的には機械式が大好きだから大変だ。(何が大変なのか自分でもよく分からない)
カメラは電池を使わなくていいタイプをいくつか持っている。フィルムを送るときにレバーで巻き上げるタイプ。
ポラロイドカメラも好きで、ポラロイドも今のタイプでなく、シャッターを押した後、自分で引き出し、ベリベリと引き剥がす。
もちろん機械式だからシャッタースピードも露出もすべて経験で決めることになる。
たまには露出計(光を計算してくれる機械)も使うが失敗も多い。
数打ちゃ当たる方式をこよなく愛する僕は無駄が多い。 スローな生活とは縁遠い生き方だね。

 時計も電池が入っているのが好きになれず、手巻きか自動巻きを使っている。
でもやはり『アタラシイモノ』気になる。最近の時計はスゴイですね、時計の中に検波ICチップを入れ日本標準時の電波を一日5回自動受信し、ソーラー充電もするので一生、時計合わせと電池交換しなくてもいいらしい。
アクセサリーな星野の腕時計の針は4時間近くも違う所で止まっている.....。

 ハイテックな時計、壊れやすいのでは?と思うけど気になっている僕はやはり、懲りない男だ。
デジカメは五代目にしないで修理に出そう。

1cmもない所でつまずいた。 

バリアフリーはやはり大切。

久し振りにユメをみました。

動画ではなく紙芝居のようなコマオクリ、そしてセピア色でした。

久し振りにユメをみました。

動画ではなく紙芝居のようなコマオクリ、そしてセピア色でした。

良好です。

yukidoke.jpg

  CONTAX AX 50mm f1.4 

 最近よく友達に言われる事、「ぶっちゃけ、どうなの?」と。
唐突だが、体調の事を心配してくれているんだと感謝。
そして、「すこぶる元気!誰よりも健康!」などと言う事にしている。

 本当に元気だから言っているのだが、それでもさらに突っ込んでくる友人にはこう言う「君よりも良好だよ!」
相手は不服そう.....。

 現在の睡眠時間は子供と同じで8~9時間。
僕の予約最終受付時間をpm12:30にして頂いてるので帰る時間はだいたい3:00頃、子供のお迎えはあるものの、ゆっくり出来る時間はご隠居状態。
こんな状態でへばっていたらバチが当たる。
だから僕は大丈夫。

 移植した人は抗体がリセットされるらしいから、はしかや水疱瘡、おたふく風邪など子供の頃にかかったものでも、またかかる。 刺身やお寿司も一年位は制限される。
でも良い事もある、抗体がゼロだから花粉症も治った。 
3年前の初発後に体調変化で随分治ったのですが、今回ので完璧だ。
現在では花粉症の人が目を擦り、鼻をグシュグシュしているのを見ると「なぜ?」と思うから嫌な奴だ。
あれだけひどかった花粉症がウソのよう。

 花粉症とダイエットで悩んでいる方には是非オススメしたいと思っている(イヤかっ)。
薄くなった爪と冷え性、意味不明な湿疹はオマケと言う事で気にしないようにしなければ。

雪の下より


プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。