スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特殊部隊、いざお風呂へ!

20051101.jpg

 カレンダーは残り二枚、時間がすぎるのがとても早いです。昨日の検査結果です。
赤血球212(標準値380~480)、へモグロビン6.5(12~16)、ヘマトクリット18.3 (35~48)、白血球100(4000~8500)、血小板62.000(100,0000~490,000)
そろそろ白血球が上がってきてほしいところなのですが残念。
赤血球を昨日輸血したので多少体が温かい感じ。(熱ではなく、状態のこと。)
この分だと明日は血小板輸血かな? 明日の血液結果次第です。

 赤血球輸血後、久し振りにお風呂に入りました。
貧血が続くので最近はシャワーで済ませていたから気持ち良かったー。
半身浴でやや不安ながらも10分間のひととき。 
去年の今頃もココで、お風呂中に脳貧血で倒れた経験があり、ついつい思い出します。
今は学習できているのでバスタブから出る時はどこかの国の特殊部隊みたいに頭を下げ体、足、頭を水平にして上がる、鏡が前にあるので見てしまう。笑えるよ。 「レンジャー!!」コレは自衛隊だ。
そして体を洗っているつもりが最近どっち洗っているのか判らなくなる、胸板じゃなく洗濯板だよ(苦笑)

 今は1クール終了したので体のダメージを調整している時期。
尿酸等だしたり、白血球を上げる薬や輸血したり、今は血液数値どん底ですからこれからは上がるしかない、上がってもらわないと困る。
白血球が少しでも上がってくれば他の血液も回復してくる?だろうし、またいろいろな検査も持っていますが、今はセミクリーンから感染予防の為、出られないのでもう少し待たなければいけません。
(ガリウムシンチやCT検査など、SCR外での検査)
そして2クールが開始予定では再来週位?なか。
それまでは感染に注意し、食べられる時にしっかり食べて過ごす。 後は前向きな気持ち。
正直、混乱する時もあれけど目標があるから大丈夫。 まぁそんな感じ。

 去年、同じ時期にココにいたSおばさまが合いに来てくれました。
髪が生えてきた時すぐにお店に来て頂きカットしてあげました。すごく嬉しそうにしていたし、僕も嬉しかった。
再再発がこんなに早くやってくるとは思いもしなかった。
とても僕を心配してくれている、またカットしてあげなきゃね。ありがとう。

写真. 千羽鶴。昨日輸血中にもう一方(ご家族で)お見舞いに来ていただいた方から頂いた物です。 同じ美容師、オーナー同士でスタッフぐるみ、家族ぐるみのお付き合い、奥さんをはじめスタッフも合間をみながら作ってくれたそう。もう参った、泣かせるなよ、こんなことすんなよ、うれしい。
本当にありがとう。とても幸せな奴さ、僕は。 白血球100でへこたれてられない。
看護師さんと一緒に(写真、許可済み)
スポンサーサイト

新月には願いを叶えるパワーがある。

20051102104948.jpg

20051102.jpg

 日の出時間が遅くなってきましたね、東山から顔を出してくれるのは6時半頃。
朝はやはりクラッシック音楽がいい。NHKラジオの入りが悪く、残念ながら「バロックの森」は聴けないんだ、音楽よりノイズの方が大きいのでCDが中心。
日中はノイズの入らない県内からのFMラジオが中心、CDもいいけどすぐに終わちゃうし、点滴クンと共にしているので動作が少し大変。
“Jウェーブ”も某ラジオ局から入るのですが途中で変わるし…(言っちゃった・汗)
寝る前は気持ちを落ち着ける為にピアノ中心のジャズ。コルトレーンなどね。
何だかんだ言っているけど音なし状態が一番多い。 読書や考え事をしている時は集中できる。
TV?、あまり見ない。 NHK「クローズアップ現代」は好き、国谷さんに魅力を感じる。
お昼、夕食時につけます。自宅では食事時TV見ない!なんて子供に言ってるのにね。

 今は音や香りはあまり気になりませんが、本当にに気持ち悪い時はまったく受け付けなくなる。
前回の移植前後時は、人の気配でさえ嫌ですべて受け入れられなくなりました。
時間と共に回復してくれると思うとさらに時間が固まる。一秒も動かないように感じるんだ。
妻(彼女)や周りの人達は本当に大変だったと思います。今も迷惑おかけしています。
こんな事話しているとこれから自家造血幹細胞移植される方に混乱させるので一言。
僕自身の場合、たまたま副作用(ダメージ)が強めく現れ、長く続いていたのと、自分の弱さから来ていたのであまり強く受け止めないで下さい。

 体調が良い時はなるべく楽しく過ごさなきゃ、と思う。
僕はベッドの上からなので偉そうに言えませんが、仕事、勉強やいろんな事、頑張っている人達も同じ。
「させられている」なんて思っていたら辛いだけ、逃げるのは簡単(僕の場合なら脱走すればいい?)、それよりも考えを変えなきゃね。
「楽しく過ごす」は自分一人で生きているんじゃないから、周りの方や、将来的な事も含めて、今を一生懸命努力する事が大事。 ただ一人でテキトーに楽しければ、なんでもアリではダメ。
こんな事言っていると彼女に突っ込まれそうなので止めましょう(苦笑)。 
なんたって、僕の一番改善しないといけない部分なのだから。

 天気が良くて気持ち良い。
信濃川に太陽が反射してキラキラしてるし、土手では中学生かな?マラソン大会だ。

 昨夜、微熱(37.5℃)が出ましたが、今朝は36.5℃、脈89、血圧103/67いたって問題なし。
「お通じ」もようやくあり、一安心。先ほど血液採取したので11:30頃には結果が出るでしょう。
たぶん午後より血小板輸血を行なうと思います。 

 今日も一日よろしくお願いします。
ちなみに今夜は新月、真っ暗いから☆が綺麗だよ、願いを叶えるパワーもあるそう。

写真1. IVH(中心静脈穿刺)消毒。(10/9、9/29参考) 一週間に一度、根元部分を消毒します。中心より三回ほどコットンを変えて丁寧に塗り、二分間乾かし殺菌効果を高める。(生々しくてすいません)
写真2. その後、皮膚になじむ位の薄いテープを全体に覆い完了。

文化の日。

sekidou.jpg

 昨日の検査結果です。
赤血球221(標準値380~480)、へモグロビン6.7(12~16)、ヘマトクリット18.8 (35~48)、白血球800(4000~8500)、血小板32.000(100,0000~490,000) 

 僕の予想では(勝手に診断するな!)昨日の時点で血小板輸血かな?と思っていたのですが今日の午後になりました。
昨日は赤血球輸血を2つ、約三時間半かけて行ないました。
全血400 cc輸血で頂いた血液より白血球などを取り除き、添加剤と照射(放射線15グレイ)をした状態280 cc×2ですから合計560 ccです。一度にお二人分から頂いたのは初めての体験、少しフクザツ。 
二日前に入れたばかりなのに…、起きろー! 赤血球! 貧血状態脱出しようぜー!

 血小板は「3万2千しかない」と思うか、「まだ3万2千もある」と思うかは自分の気持ち次第。
事実は変らないんだからね。ありがとう血小板。今日は午後から助っ人が来るぞ!もう少し待っていろよ!
でも頼っぱなしもリスクあるんだから、そろそろ目覚めようぜ!
白血球100がずっと続いていましたが800に上がってきました。 いいぞ!そう来なくちゃ!
そんな事を日々、一人で語りながら過ごしています。(暗っ)

 僕は美容師、カットしている時もそう。
髪と話し合いながら進めてゆく。もちろんお客様の要望も聞きますが、僕個人の意見もしっかりお客様に伝え、責任持って向かうよう心がけています。
髪の毛に、「君はやや疲れているからカットさせてね」、「君はとても必要だから残ってもらうよ」、「左右対称にしたいから君は残すけど、右側はハサミ入れるよ」、「君がそんなに主張したいのなら無理に止めないよ」などなど。 やはりお客様の要望を聞いていないじゃん? えっ?(苦笑)

 今日11月3日、文化の日。入籍して15年です。こんな事をココで話すのもなんですが、ご了承下さい。
市役所へ婚姻届を渡しに行ったときの事を思い出します。
祭日ですから正面口はもちろん締まっているので、裏口の小さい窓から管理人さん?に渡しました。
決して「おめでとうございます」って言われたかった訳でないですが、その管理人さんは事務的な感じで僕達に「はい、ご苦労様です」って…、こんなものかと感じました。
でもお互いに生活するってそうかもね、尊重し合い、妥協し合いの連続。(なーんて、今も出来ていませーん!) 管理人さん、あえてその言葉使ったのかなぁ?
その日の帰り道はまだ未知の世界で分からず困惑していた私でした。
緊張して提出した僕と、深い意味を何気に教えてくれた?管理人さん。 今、考えると笑える。

写真. 二年前バリへ向かう赤道付近、機内より。 昨日は生々しい画像でしたので今回は気分をかえて。この写真は下側に尾翼が入ったので切り取り横長になってしまいました、それはそれでイイでしょ?(ジコマン)  pcから見ている方は写真をクリックすると大きく見れます。

有意義な時間。

20051104.jpg

 血小板輸血は今回で7回目、問題なく輸血できました。(赤血球=出血を止める作用)
前回(去年の再発時)も血小板輸血を繰り返しましたが大概、アレルギー反応が出てしまい、前処置をしても発疹がでるので途中で止めざる負えない事もありました。
まれにいるそうです。僕は「当り」体質だった。
体全体にジンマシンが出て全部繋がり、ひとまわり大きくなるし痒さはどうにもならない。
身体全体に薬をたっぷり塗って、アレルギー抑制剤の注射をしてもらうのですが、どの薬が合うのかやってみないと分からない、二種類目の注射が効いてくれ腫れがすぐに治まってくれたのを思いだします。
ほっとくと大変な事になるので、血小板輸血時はとくに緊張していました。

 今回は一回目だけ少し出ましたが、特別問題なし。
前回のカルテや元主治医と協力のもと、今回は一回目からアレルギー反応を抑える注射(ソル・コーテフ100mg)をIVHより前処理し、血小板輸血を行なっています。
最近は体が受け入れ仕様になってきたのか? 安心して輸血を頂いております。
懸命に対策を考えて頂いている主治医に感謝。

 輸血やグラン点滴(白血球を上げる薬)を入れる前に行なう事。
お願いと感謝を込め「ありがとうございます」と手を合わせます。僕の中ではかなり大切な行事。
看護師さんがIVHに輸血用ラインを繋げている時なので、「いえ、いえ、拝まれるほどもののじゃ…」と返してくるわけです。
毒舌?私は速攻「○○さんになんか言ってないよー!」と腕に軽くジャブ。
もちろん看護師さんにも感謝している。 その後でフォローしているよ、ちゃんと。
最近はみんな分かっているのか黙々と施術しているので叩けなくなったのが少しさみしい(苦笑) 

 白血球(免疫系)も徐々に回復傾向なので、夕食後SCR廊下内で一人捕まえ?久し振りにお話し。
そうしたら出てくる出てくる! 比較的体調の良い方6人で井戸端会議。SCR廊下は満員御礼さ。
体調が良いといってもみんな「崖っぷち」の方ばかり。
みんな強い、そうでなければやってゆけないもんね。励まされました。
最近静かだなぁと思っていたのですが皆ウズウズしていたんだね、今夜も誰か捕まえてお話しよう。
お節介野朗が動かなくては!

 今日は寝不足で二時間半程度なんだ。いろいろ考え事していたら睡眠薬も効かないさ。
血液検査(am9:30頃)してもらったらお昼まで横になろうと思っています。
お仕事、勉強している方には申し訳ありません「おやすみなさい」。午後には復活します!

写真1. 好きな紅茶。面倒くさがり屋の僕はカップにリーフを直接入れ、お湯を注ぎ、すべて沈んでから飲んでいます。手洗い以外はなるべく、洗い物少なくしたいですからね、皮膚が薄くなってきている。

一歩前進。

20051105110855.jpg

 血液検査結果。
赤血球282(標準値380~480)、へモグロビン8.9(12~16)、ヘマトクリット 24.1(35~48)、白血球3400(4000~8500)、血小板76.000(100,0000~490,000)  いいぞ! 

 グラン点滴((顆粒球コロニー刺激因子)、簡単に言えば白血球を上げる薬は今日も行ないますが明日から止める予定。あとは内容の問題、普通じゃない事やってるのですから仕方ない(白血球内の顆粒球とリンパ球のバランス等)
赤血球の赤ちゃんは、まだ自分から生まれてきていないらしいので輸血は続くかも?

 とりあえず、全体に上がったので化学治療フロア内であればSCRから出る事も先ほど許可がおりました。パチパチパチ(拍手)
ココ、化学治療フロア内は設備が整っており、お見舞い方達にも手洗い、ウガイ、サンダル履き変え等の強制、お花等の持ち込み禁止等を厳しくチェックされています。
ダンゴ三兄弟らともガラス越しでなく合えるわけだ。それだけで、もう充分。

 2クール目スタート予定は今月の満月前夜日からです。
それまでしっかりと状態を良くしておかなきゃ。 今日の写真をよーく見ると分かりますね。

 クールが重なるごとに副作用も強くなってきますが、まずは1クール乗り越えたと感じています。
まぁ、移植時期が一番きついのでしょうから、こんなところでへこたれてられませんね。
もちろんこれからも感染には充分注意し、2クール、スタートまで楽しく過ごして行こうと思っています。 
皆さま本当にありがとうございます。

 睡眠導入剤(ロヒプノール)は毎日飲んでいますが、なかなか…。今日も朝方まで寝れず、朝食が届いた時までぐっすり寝ていました。am8:00起床。 深く睡眠できたのでしょう気分は良いです。

 今日も一日 R’s:mewと共に宜しくお願いいたします。

写真. 今月の月カレンダー。 携帯からだと見づらいかも。著作権侵害にあたる? お許しください。
pcの方は写真をクリック、右下に出てくるサイズを大きくすればはっきり見えます(説明するまでもないか)

気分はデドックス。

20051106.jpg

 おはようございます。  おかげさまで会長です。違いました、快調です。

 PC漢字変換、笑える場合は良いけど、嫌な意味の漢字が出てくると気分悪くなりますよね? 
今回は「ハッ」とさせられました。
R’s:mew会長にはなりたくないね、これからもずっと現役R’s美容師であり続けたいと強く感じている。
もちろん家族の為にも、同じ病気にかかっている人達に対しても、絶対に治さなければ。

 4日の血液結果がまずまずでしたので、昨日はじっくり半身浴で汗を流しました。
ほんのり汗かく程度のつもりがダクダク、髪の毛がないのでターッと滝の様に流れるわけです。
脳貧血よぎりながらも久し振りの汗は最高に気持ちいい、解毒されたよう。
まだ少し眉やまつ毛があるので大丈夫ですが、これからなくなってくると汗が直に目に入ってきます。 
無駄のないよう作られているんだとつくづく感じます。 
まぁ、その頃には(治療が進むにつれ)お風呂へも行けなくなると思いますが…
バスタブから出る時は水平になるよう頭を下げ脱出、ほふく前進まではしませんが頭を低めに鏡の前まで進む(苦笑)
やはり貧血ですね、ボワ~ッとしてしまいます。調子付かないように気をつけなければ。

 今朝は綺麗な朝焼けでした。東山全体に赤いオーラで包まれていましたよ。

写真. SCR内のお風呂とイソジン・スクラブ液。 普段は自分用の石けんを使っていますが、一時外泊され方や初めてSCRへこられる方が使います。スクラブは入っていなくトロっとした感じ。泡立ちイマイチ、黄色く泡立ちます、やはりヨウ素系(イソジン)の香り。こちらも明治製菓から発売されている…。

I'll do my best

200511061.jpg

200511062.jpg

 昨日、本田美奈子.さんが急性骨髄性白血病で亡くなった事をテレビで知った。 くやしい。
病名は違うものの同じ血液のガン、治療方法も似ている。
舞台に立ち活躍している姿を見たかったし、本人が一番そう信じていただろう。
僕も院内で多くの友人ができたものの、何人かの方達が亡くなっていった事もあり、重ならないと言ったらウソになる。

 抗がん剤投与を繰り返し、臍帯血移植、無事に生着(せいちゃく)し、移植後や退院後もきっとGVHDと闘いながら「OK]を頂き、また再発、抗がん剤治療での再入院を繰り返す。
悔しかっただろう。 

* 生着=移植後、白血球内の好中球数が500/μlを超えると生着と診断が基本的なラインらしい。骨髄移植の場合は2週位、臍帯血移植では3週間以上かかることが多く、その分リスクも高くなる。(生着は一日でも早いに越した事はない)
* GVHD=移植後、急激に増殖するドナーリンパ球(健康な方から頂いた細胞)が患者さんの正常な皮膚、肝臓あるいは大腸などを攻撃する反応。GVHDがどれぐらいひどくなるかは個人個人の差が大きく事前に予測することが難しいが、少し出てくれた方が良いよう。

 悪性リンパ腫は、白血球の中のリンパ球ががん化した悪性腫瘍で、リンパ節がはれたり、腫瘤(しゅりゅう)ができる病気です。リンパ性白血病といって、白血病の中にもリンパ球ががん化した悪性腫瘍がありますが、悪性細胞が増える場所が主に血液や骨髄(骨の中にあって、血液を造る工場のようなもの)である点が、悪性リンパ腫と異なります。(国立がんセンターHPより) 
読んでいてチンプンカンプンですよね。僕自身もそうです。

 いままで治療(再入院)を重ねてきた分、強くなっている自分がいるし、妻も同じ気持ちです。
僕は大丈夫。皆さんから応援されているし、家族がいる、公表しているいじょう前向きに闘ってゆきたい。
I'll do my best
主治医はもちろんの事、元主治医(現在、東京の病院)や、他の血液内科の先生とも、今後の対策を充分に考えて下さっている。 恵まれています。

 さぁ、気分を変えて入院してから始めてのラミーを口にしょう。アヤサンありがとう。

 本田美奈子.さん、心よりご冥福をお祈りいたします。

写真1.2.  昨朝(am6:10前後)。刻々と赤からオレンジに変化して様子はドラマチック。信濃川にも反射して美しくもあり、なんだかさみしくも見える。こころがそうさせるのかなぁ。

引っ越し。

 7日月曜日の血液検査結果。
赤血球290(標準値380~480)、へモグロビン8.9(12~16)、ヘマトクリット25.3 (35~48)、白血球4400(4000~8500)、血小板49.000(100,0000~490,000)

 血小板が低いものの白血球は上がり傾向です。
この時期上がってもらわないといけないので、当然と言えば当然なのですが安心できるし、うれしい。
赤血球、血小板は今後の動向をみて輸血が決まってゆくでしょう。

 今日午前中は大忙しでした。
SCR(セミクリーンルーム)が混んできたようで、白血球が上がった僕は大部屋(4人部屋)へ急きょ、引っ越し決定。 住宅の引越しはこりごりですが、院内での引っ越しでもヘロヘロ状態、もう疲れました。

 これからの予定、来週15日より2クール目がスタート。
抗がん剤投与日から4,5日間位までは白血球はさほど落ちないので大部屋で過ごし、また落ちてきたらSCRに戻ります。 
吐気や気持ち悪さは二日目位から現れてくると思いますが(薬の内容や人によってもそれぞれ違います、あくまでも私の場合)、嘔吐と白球減少は別問題なので大部屋滞在はたぶん15日間?前後でしょう。
以前もお話しましたが、化学治療専門フロアなので大部屋と言っても他の階(一般の内科や外科、その他)より、厳重な出入りの制限があるので安心できます。

 ただ大部屋なので「音が出るのもにはフタをしろ!」状態が窮屈。フタとはイヤホンの事。
各部屋にトイレがあるのですが、吐いたりする時に声がもれたりするでしょ、申し訳なく思うし、その辺気を使っちゃう…。
あと夜9時に消燈。 カーテン越しなのでPCはできないし、本を読んだりも少し気がひけます。
しかし年齢を越えた知り合いが出来るのは楽しみ。皆さん良い方達そう。ヨロシクオネガイシマス。

 と言うわけで次の火曜日まで? 楽しく過ごそうとおもいます。

早期発見。

20051109.jpg

 久し振りの大部屋(4人部屋)の朝。 
今までと環境が違うので寝つきはさらに悪くなりましたが、慣れてくるでしょう。
むしろ規則的なリズムになるので僕には丁度良い。
朝カーテンを開け、挨拶できるのは気持ち良いし、皆さんの雰囲気も良い。

 四六時中、共にしていた点滴が昨日からはずれ、夜間は点滴をしてないのにトイレに行く時、つい点滴スタンドに手をかけて一緒にトイレに向かってしまう。
慣れからか、認知症なのか? なんだか微妙…。
日中は点滴が繋がっているので、今度は置いて行かないようにしなければ(苦笑)

 先ほど両親が検査もかね、僕の所に来ました。
父の首の部分に一年前からプクッとした出っ張りがあり、本人はまったく気にしていないながらも、こわいんだな。 今までメスを入れたり、大病したことがない健康人ですからね。
かかりつけお医者さまには以前、「これは問題ないよ、もし気になるなら取るよ」と言われたようで、本人は「なら、わざわざ痛い事しなくても」的に過ごしていました。

 僕としてはとても気になっていたので、この10月に半強制的に皮膚科を受診させたんです。
皮膚科の先生も触診し、その大きさから取り除く事に決定「悪性ではないでしょう」と判断?された様ですが、その前に頭部CT検査をする。
そしたら「プクッ」とは関係ないところで後頭部にやや影がある…、ほーら、みろである。

 脳外科へ移され、とりあえずプクッはそのままにし、今日は全身をCTレントゲン検査。
本人と母は僕にはなるべく見せないものの、かなり心配そう。自分より子供(僕の事)が気になるのでしょう。僕は「良かったじゃんか、見つかって!」と本心で言う。両親はやや複雑そうな顔。 
この際、母もしっかり診てもらえばいい。
何事も早期発見に越した事はない。今後の報告が楽しみ。

 結果待ち期間はとても長く、ネガティブな考えを持ちやすいのは当たり前、だけど考え方次第。
まずは一歩前進したんだから。

写真. 今日のお昼。 熱いスープと麺は分けられてきます。この撮影後PCを移動する際マウスが手前のスープに滑り込んだ(泣)でも食べたよ、今日は6割。昼食はいつも残してごめんなさい。美味しいけど多い。
マウスはすぐに外し、乾かしていますがカツオ・昆布臭…、これも考え方、次第? マウス嗅ぎながらご飯食べるとか…それは悲しい。

寝坊。

20051110.jpg

 血液検査結果
赤血球299(標準値380~480)、へモグロビン9.1(12~16)、ヘマトクリット 26.3(35~48)、白血球2700(4000~8500)、血小板49.000(100,0000~490,000)
白血球が下がり始めていますがこの位であれば問題なし、去年の退院後いつも2000代で過ごしていたしね。  血小板も、もう少し頑張ろうよ。

 免疫グロブリン数値も低いので今日、明日と連続でいつもより多めに血液製剤輸血します。(人免疫グロブリン製剤・ベニロン)
免疫グロブリン=リンパ球の一種であるB細胞が病原性微生物を認識して排除するために作り出す抗体。IgG、IgA、IgM、IgD等で表します。

 今朝はなかなか起きられず、朝食(am8:00)が届いたことは分かっていても、そのまま寝続けていました。 大部屋に来て「規則正しくなる」なんて言っていたのはどこの誰だよ! である。
9時前に看護師さんが「ごめんなさい、CTレントゲン下から呼ばれたのぉー」と、了解。
マスク、帽子かぶり、フラフラしながら久し振りに下まで降りました。
ご自慢の? CTは最新機械で「あっ」と言う間に終了。(一年くらい前より)
抗がん剤(オンコビン)副作用で手足の指先が痺れ、更に冷たくなっているので、CT前処置の造影剤が気持ち良かった~っ。 入った瞬間に手足までカァーと暖かくなる。
本来ならあまり気持ちいいのもでないでしょうが、今回ばかりは最高。 ようやく、そこで目覚めました。

 CTレントゲン時、「息を吸ってください、そのまま止めてください」と女性の声でアナウンスされ、同時に吸い込む顔と息を止める顔のマークが点灯します。
その顔マークがとてもかわいい。 お気に入りマークである。 
始めての方達にとっては緊張をほぐすアイテムになっていること間違いなし?と毎回感じます。

 しかし1階には人々であふれかえっている。歩く速度も早く、見ているだけで疲れてしまう。
そそくさと僕のいる階に戻ってきました。「ふぅ~」

写真.  免疫グロブリン点滴。ガラスビンで血液製剤の粉末を水分と混ぜて点滴します。
2本、合計で5000mg。

良好、いいぞ!

20051111120046.jpg

 CTスキャンの検査結果が出ました。 問題なしです。
「MRI」や「PET」などもっと細かくて詳しい検査方法もあるでしょうが私はまだまだこれからだ。 OK!
父の方の結果はまだ出ていないので、ソチラが少々心配(11/9参考)

 これからガリウムシンチ・レントゲン(※)の前処理、注射のため放射線科へ向かいます。
注射器は全体に金属製、しかも放射能マーク付き、ちょっと気になるでしょ。
注射した後の三日後14日(月)にガリウムシンチ・レントゲン検査入ります。
そのレントゲン方法はベッドの上で寝ているだけで痛くも痒くもないですが、分厚い大きな壁が顔の目の前まで寄ってくるんだよ。全身、動かないようしっかり固定させられる。 今回で3度目の経験。
閉所恐怖症でない人でも結構きつい…。
対策方法としては終始目をつむり30~40分間、楽しい事を想像している。 これしかないね。

 今日の血液数値。
赤血球289(標準値380~480)、へモグロビン8.9(12~16)、ヘマトクリット 25.5(35~48)、白血球2400(4000~8500)、血小板58.000(100,0000~490,000)
今も2日目の免疫グロブリン輸血をしていますが、他の輸血は次の治療までしなくてもよさそう。
ひとまず安心。

※ガリウム-67というアイソトープ(放射性同位元素)を含んだくすりを用いた核医学検査が、ガリウムシンチです。このくすりは、腫瘍や炎症に集まる性質があります。この性質を利用して腫瘍や炎症が、どの部位にあり、どの程度の進行具合かを調べます。通常は、全身の画像(シンチグラム)をとり、くすりの集まり具合により診断します。
注射する薬は放射線を発するので被爆はしますが、体重換算で投与しますので問題視するレベルではない。 ?。 ないです(汗;

写真. 僕のCTスキャン映像.大公開!撮影許可済みです。 脂肪は少ないらしい…、そりゃそうだ。
食欲が落ちる前までしっかり食べておかなければ。

AB型からA型へ変身予定。

20051111.jpg

 A型、B型、AB型、O型の血液型ありますよね、それは赤血球の型表示なんです。
輸血の際には血液型を一致させないといけませんが、同種移植(健康な方から頂く、骨髄、臍帯血、末梢血幹細胞)ではHLAの中のA座、B座、DR座という3つの遺伝子座が重要で、HLAは各個人それぞれの遺伝子座に2つずつ(両親)、合計6個のHLA抗原を持っています。
HLA =白血球を始めとする全身の細胞の型。

 兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致しますが、非血縁者間では数百~数万分の1の確率で各人の遺伝性の抗原で数万通りの組合せになるそう。
HLA型が一致しない骨髄移植は、拒絶反応等の副作用により成功は得られなく、僕の場合は骨髄バンクで一致した方は16名。 人数は多く感じられますが、実は少ない数字らしい。(9/26参考)
ステージⅣという事もあり時間も限られますからね。
(あくまでもドナーはボランティアであり、その方の尊重を重視、成立するまでには時間がかかります)

 簡単に言えば血液型は違っていても移植は可能、ABO型の血液型適合は同種移植には必須でないんですね。
僕の場合はA型の男の子から頂く事がほぼ決定しました。(お母さん、赤ちゃんのへその緒と胎盤より)
HLAは6座の内4つ合っていますが、詳しい事はまだこれから調べていくそうです。

 臍帯血移植ではHLA6座の内5つ、または4つ合っていれば移植が可能で骨髄移植や末梢血幹細胞移植に比べて、赤血球、白血球及び血小板などの血液細胞が十分な数に増えるまでの時間が長くかかります。そのため、移植後の感染症や出血に対する管理はさらに慎重に行う必要があるそうです。

 最近、日本研究者が臍帯血細胞を30倍に増やす事に成功したらしい、今後は骨髄移植より多くなってくるかもしれませんね。
現在は骨髄移植より細胞数が少ないことから、臍帯血移植にむかない方もいますが、注目先端治療ですので治療方法もどんどん加速してゆくことでしょう。まだ日本では骨髄移植に比べ、症例数が少ないです。
今の僕にとって、最善の治療方法がこの臍帯血移植です。

 ちなみに、新潟県内では出産時の臍帯血採取出来る病院は無いようです。
厳密な基準があり、そのためにはスタッフの訓練と採取施設(産科病院)との契約が必要だとのことです。

 変化するのは血液上だけなので、髪や爪などの検査をすると血液型は移植前と同じまま。
2つの血液型を持つのが同種移植者、犯罪に巻き込まれる(巻き込む?)と捜査陣は混乱しそうですね。(もちろん同じ血液型同士の移植者もいられます)

 血液型性格判断は信じていませんが、たぶん突っ込まれるでしょうね。絶対にナンセンスだよ。 
それにしても不思議なことがいっぱいですね。話していながら理解しきれていないのは、この本人でした。

写真. 僕がスタイリストになった頃使っていたシザー。初発、再発時は現在使用しているシザーを入院中イメージトレーニングとして開閉していましたが今回はあえて持ってきませんでした。
悔しくてやりきれなくなるんです。
その替わり20年前のこのシザーをお守りに持ってきています。カット方法と共にシザーもどんどん変化し、今は使っていませんが僕にとっては大切なシザー。いろんな事一緒に乗り越えてきた仲間なのです。 

風を感じたい。

20051110pano1.jpg

 お天気が良くなりましたね。 
東向きの窓から朝日がいっぱい差し込んできます。
信濃川も朝日が反射してまぶしい。
ススキが同じ方向に風にゆれ、ほとんどの人達は向かい風を受けながランニングや散歩を楽しんでいる。
一方通行の土手ではないのに何故だろう…
気持良い日曜日ですね。

 今日の予定は何もないです。(検査や治療)ゆっくりな一日。
先ほど日中だけの点滴をIVHから通してもらいました。(約12時間の点滴)
この点滴はアミノフリード(ソルデム3・500ml+アミノフリード・500ml)。ブトウ糖、電解質、アミノ酸をベースにしたスポーツ飲料水みたいなもの。
僕自身もなるべく水分を多く摂り、1クール目の抗がん剤を少しでも多く排出し身体に負担をかけないようにしておく。
2クール目が間近いに迫っているからね。 がん細胞覚悟!

 それにしても最近は思考回路が働いていないよう。
昨日はハンドクリームを間違えて歯磨きに使いました。古典的なギャグの一つだと思っていたら本当にやってしまった。 かなり時間が経ってから気が付いたんだ、まさに「うぇ~~」でした。
夜中や朝方トイレに行く時も、つい点滴スタンドを付き連れて行ってしまう…、点滴は繋がっていない。

 読書して一日を過ごそうと思う、今日はそんな一日。 今日もR’sを宜しくお願いします。

写真. 3日前かな?ここから見える精一杯のパノラマ写真。太陽が傾きかけてくると東側の風景がしっかり見えるんだ。中央やや左側の奥の山(守門岳?)に雪が降ったんだね、もう冬ですね。携帯からだと見えないかも。 PCの方は写真をクリックし、さらに写真右下のあらわれる拡大マークを押すと見えると思います。

心地よい忙しさ。

20051114.jpg

 体重53kg、36.0℃、血圧106/68、脈78。 体重増えました。
am9:00に血液採取、15分後には早くもガリウムシンチ(11/11参考)に呼ばれました。
1階には外来患者さん達でいっぱい。 やはり帽子にマスク、病衣姿はチラチラと見られます。
ますます帽子を深く被る事になるんだけど、なるべく元気に胸をはり、きれいに歩くよう努めています。  
これ、自分の中では結構重要なポイントで自己満です。

僕はたまたま病気にはなったけど、「病人」には見られたくないんだ。

 レントゲン時間は30~40分位。
ガリウムシンチの置いてあるこの部屋は、モーツァルトや鳥のさえずりの入った音楽が大型機械のノイズと共に流れています。
レントゲン中は音楽だけを聞き分け目をつむり、大地に横になり風を感じながら大空見上げていれば良い。想像だよ。
ガリウムシンチなんて大した事はない。 終わると「強き」発言になるのは小心者の証か…
そそくさと化学治療フロアに戻りお願いされていた検尿を渡し、アールグレイを飲んで一息さ。

 タイミング良く両親が来てくれ父の血液検査データとCT報告書を見せてもらい一安心。(11/9参考)
とりあえずOK! 親子同室は避けたいところです(苦笑)

 その後すぐに妻と上2匹(長男、次男)が来てくれました。
ガラス越しでなく、直接合うのは久し振りで早速二人を抱き上げたよ、もちろん一人ずつね。
彼らが重くなったのか僕の筋肉落ちたのか知らないけど何だか大きく感じた。
二人も嬉しそう、いつもの様に普通に接してくれてありがとう。うれしかったよ。
今日は小学校、振替休日なんだってさ。

 なんだか「心地よい忙しさ」が続く。 今日はなかなか更新できない。(現在.pm8:10)
お昼食べてからは、スタッフの一人が来てくれ近況を話してくれた。うれしい。
続いて去年一緒にココで治療した仲間が偶然重なるように二人共お見舞いに来てくれ、さらにもう一人からも電話が入った。この三人、病名は違うものの血液のガンは一緒、そして同種移植経験者。
乗り越えてきた仲間だからお互い気持ちがよく分かる。
みんなそれぞれいろんな問題かかえているけど元気でいてくれる事が何よりも嬉しい。
待っていてくれよ、僕もしっかり君達の組に入るからな。 再度チャレンジ!

写真. これが噂?のガリウムシンチ・レントゲン。こうして見ると大した事なさそうですね。開始時ベッドが上がり両側に付いているパネルが90度回転し顔の真前で止まります。もう少し離れているのだろうけど僕には鼻先2cmに感じる。凹凸に合わせ前後に微調整しながらゆっくり全身を撮ってゆきます。(撮影許可済)

頑張れ、骨髄!

20051115110433.jpg

 赤血球286(標準値380~480)、へモグロビン8.8(12~16)、ヘマトクリット 25.9(35~48)、白血球2300(4000~8500)、血小板98.000(100,0000~490,000)

 今日から2クール開始予定でしたが明日に延期になりました。あくまでも「予定は未定」ですからね。
1クール目の後半治療、High dose MTX-AraC(ハイ・ドローズ・アラシーMTX)でのダメージの回復力が予想よりやや弱いとの見解。 
スタートしてもよい数値らしいが、主治医は血液の状況や上昇してゆく経過数値より判断、最善をつくしてくれている。

 僕の骨髄はすでに普通ではない事は承知しています。骨髄は血液細胞を作り出す大事な場所。 
この三年間に放射線や自家移植も含めいろんな治療を続けてきているので弱っていて当然、仕方ない事さ。 でもこうして元気にいられるのも、この治療あってのもの。

 いろいろ民間療法的な事もかなりしてきましたが、僕の進行具合はそんな悠長な事を言っている場合ではなく、ここでの最善の治療を信じ進んでいます。
初発時はいろんな人からの意見をすべて取り入れ正直パンクしそうでした。
いろんな見解をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。オペ・抗がん剤・放射線は三大悪みたいにね。
治療中であればなおさら主治医としっかり話し合い、許可がおりれば口にしたりしていいんじぁないかな。
アドヴェイスして頂いた方々には本当に感謝しています。「勧める」ってとても勇気のいる事ですからね。 

 僕自身が出来る事、水分を充分に摂り、感染に気をつけ、無理なくポジティブな気持ちで過ごすことが一番だと信じています。 頑張りすぎると疲れちゃうよ。 あと僕はLG21さっ。

 僕のタイプに関しては今のところ抗がん剤治療に勝るものはない。治療方法は日進月歩しています。
先生も看護師も大変な毎日。 特に主治医にはもう少し休んでほしいと願う。
信頼できる主治医にとても感謝しています。 オマケに大好きさ。(9/22参考)

 2クール前半戦Hypar CVAD(ハイパー・シーヴァード)スタート予定のため、今日からスポーツドリンク点滴(アミノフリード点滴)を止め、酸性度をコントロールし尿酸など体内毒素等を強制的に流しやすくする点滴・メイロン(炭酸水素ナトリウム)を24時間体勢でIVH(9/29参考)に繋ぎます。

 それと明日は髄注もあるんだ…(泣) 今から緊張するさっ(10/18. 19参考)

 W.M.さんありがとう。気持ちがとても伝わり感激しました、また握手しようね。 Y.S.さんありがとう。僕も同感です、うれしいよ。 
そして読んで頂いている方、みんなみんなどうもありがとう。僕はとても恵まれています。

写真. 昨日久し振りに長男、次男に会いました。元気もらったよ。それにしても胸元だらしないぞ!
IVHが入っている為前開きのシャツしか着れません(言い訳)。シツレイシマシタ。 

引越し、そして2クール開始。

20051116.jpg

 今日から2クール開始します。
抗がん剤治療、Hypar CVAD(ハイパー・シーヴァード)+High dose MTX-AraC(ハイ・ドローズ・アラシーMTX)。 期間にすると三週間から一ヶ月間。
一般的な抗がん剤治療より期間が長いんだ。それと同時に髄注も行ないます(10/18. 19参考)。

 今後のスケジュール。
2クール終了後、全身に放射線をし(その間にも準備の為の検査はたくさんあるでしょう)、さい帯血移植は来年の中旬頃の予定かな?

 マラソンで例えたら、移植日がマラソン大会のスタートラインにようやく立った状態。
今はトレーニング中だったり、調整中でお休みしたりを繰り替えている状態。大会はまだまだ先です。
スタートしたら順調に42.195kmを走りきる。もちろん歩いたり止まったりしてもいいですが、放棄はできない。気持ちは常に I’ll do my best   (ここまでの書込みam8:45)

 先ほどSCRセミクリーンルーム(個室・無菌室)に引越して、髄注も無事終了。(現在am11:30)
イソジンスクラブで体を消毒し今回は西向きの部屋に入りました(11/6参考)。
朝日が当らないのは残念ですが寒くなるので西日が続くこの部屋はいいね、夕日もきれいに見られる。

 髄注はスムーズに終わり「ふぅ~~っ」って感じ。 終わった後は頭を動かさないように30分間横になる。
カイトリル点滴(吐気止め)を30分流し終わり、今はエンドキサン500mg+生理食塩水500ml(抗悪性腫瘍薬)、デカドロン4mg+生理食塩水(副腎皮質ホルモン=ステロイド)、メイロン点滴24時間(薬物の排泄促進やpHコントロール)、ウロミテキサン点滴24時間(泌尿器系障害発現抑制剤)。
4本同時にIVHより繋がっているから賑やかです。
21時からも再び吐気止めを入れた後に、エンドキサンを同じ量で三時間かけて流します、僕だけ寝ているのは申し訳ない感じさ。とにかくガン細胞覚悟!

 副作用などは肝障害、黄疸、蛋白尿、浮腫、悪心・嘔吐、食欲不振、味覚異常、口渇、潰瘍性口内炎、胸やけ、腹部膨満感、腹痛、便秘、下痢、発疹、脱毛、皮膚炎、色素沈着、爪の変形・変色、倦怠感、頭痛、眩暈、不眠、運動失調、肺水腫などなど書けばきりがないけど目的は走り終えてゴールする事! 焦って走らなくてもいい、途中で疲れたら休憩して修正しながら常にポジィテブさっ。
…と、強気に語って自分に言い聞かす(苦笑)
すべてが副作用として出るわけでなく人によって違います。神経質にならない事、ネガティブにならない事。

写真. 三男にも昨日会えました。 いいタイミング、今日からSCRだからまたガラス越し。
子供達に合えるのは月に1、2回程度。 早速抱き上げました、すると三男「あっ、お父さんこの前よりも力ついたね」だって。 保育園の年長さん、そんな事も感じ取っているんだなぁとドキリとしました。
すぐに「当たり前じゃないか、治ってきたからね」と返す。 今度抱き上げる時はもっと力強く抱きしめよう。
ありがとう、待っていろよ。 それにしても肩組まれちゃってどっちがどうなのよ。

新潟カラー研究会。

20051117.jpg

20051117101733.jpg

 最近はなんちゃって医師っぽくなってきていますので、今日は少し違う話。

 新潟カラー研究会。通称マツケン、いや「カラケン」と言うチームに私のヘアサロン、R’s:mew(アールズ・ミュー)も参加しています。カラケンなんて略すととても軽い会の様ですが・・・そうかも(笑
新潟県内ヘアサロン約20店舗のオーナーを中心に横の繋がりを作り「新潟の女性をキレイに」をテーマに真剣に取り組んでいます。
もちろんカラーだけではなくトータルビューティーも力を入れているんだ。(参加サロン数は新潟市が多いです)
オーナーだけでなく、スタッフ(カットスタイリスト、カラーリスト、新人スタッフ)もドンドン参加してもらい定期的に勉強会を行い、年に二回ヘアコンテスト、ヘアショーなどしています。

 特にオーナーなんてのは一癖も二癖もる人達ばかり(笑) 私も…?か。
いろんな意見が飛び出し刺激的だし、熱くていい。 『お近く同業者』なんとなくけん制し合ったり?技術や内容を隠したり?してる雰囲気があるように思えてならなかった。
僕自身あまり周りのサロンを興味持っていなかったのも事実。みんな、東京や海外には出向くクセにね。

 どんどん地方から発信できるようになるにはオープンで、一丸となりお互い忙しいながらも繋がり、勉強会を行なうはとても有意義なこと。 オーナー会も多い時には月二度三度集合しディスカッション。
スタッフ同士もクラス別に分け月一程度、合同勉強会を行ないます。 R's:mewは、おんぶに抱っこ状態。僕らが一番触発されている事に意義があります。

 どんな職種でも授業でも、そして普段、生活の中でも同じだと思う、マンネリはとてもコワイ事だよね。
頑張り過ぎなくてもいい、力を抜いて楽しむ事も重要、でも刺激を感じるには「具体的に自分から考え」、「具体的に行動」しなかったら何も変らないと思う。愚痴するのは簡単だからね。
あ~っ、また自分に言い聞かせているよ。一番出来ていないのは僕ですから(苦笑)。

 昨日、カラケン忘年会件、反省会があり、去年出られなく今年は楽しみにしていましたが、今回も出れなかった。ご迷惑をかけっぱなし、ご心配かけっぱなし。
代表の一人に電話連絡したあと、昨日のBlogに対してのロベルトデュランさんからのコメントもありそんな事を感じた一日でした。

 カラケンメンバーの方々待っていて下さい。必ず戻ることを約束します。みんなみんなありがとう。

 昨日の血液結果。赤血球279(標準値380~480)、へモグロビン8.7(12~16)、ヘマトクリット 25.8(35~48)、白血球2500(4000~8500)、血小板137.000(100,0000~490,000)

 初日の副作用はむくみ、寝ていてもシャックリが止まらず胸焼けは感じるものの大した事はない。
睡眠導入剤も飲んでいるので4時間位は寝られています。
今から副作用が多いのでは先が思いやられるからね。まずまずなスタートです。

写真1. ガリウムシンチ写真。入院した当初は身体中心に足や腕のアチコチに多くあった影が無くなっています。治療が効果的に効いている証拠。OK!(写真許可済み。データーの一部消しています。)

写真2. 今日もこんな感じで賑やかにスタンド君が頑張ってくれます。2クール二日目の抗がん剤。点滴は同時に4本同時にIVHに繋がれています(IVH写真は11/2参考)

少しゆっくり。

20051118.jpg

 2クールの三日目になります。
三日連続エンドキサン、朝と夜の二回、三時間×2は今夜で終わり、明日から違う抗がん剤が始まります。 
ステロイド剤、抗がん剤のフォロー薬も四六時中入り(11/16参考)、ここ二日間で4kg体重が増しました、2週間で6kg近くです。1クール目はなかったのですが水分だけで増えています、「むくみ」が原因ですね。
 昨日から利尿剤を使い強制的に尿を出しています。注射器でわずか2cc程入れるのですが、10分位から1時間程の間に3.4回はトイレに向かうことになります。
大量で効果てきめんなのですが「むくみ」はなかなか引かないですね。昨日からアンパンマンです。

 吐気はあまり感じないものの食欲は落ちてきました。ゆっくり無理なく食べています。
シャクリも少し落ち着きました。

 今朝一番のお風呂が久し振りで気持ち良かった。そのあと尿検査、血液採取、ステロイド剤点滴、利尿剤、吐気止め点滴と続き、これから朝のエンドキサンが入ります。

 今日はゆっくりしています。 (毎日じゃん!)

写真. 利尿剤。粉末を溶かし2cc.IVHより入れます。 

ちょっとヒトリゴト。

20051119.jpg

 家庭の事はすべて妻に任せ、ご近所の事はすべて両親に任せてきました。
では、仕事の事は僕自身が一番見てきたのだろうか? 細かい所のまとめはやはり妻が見てきもらっている。今も変らない、頼りっぱなしです。

 僕は好きなように、自分が感じたまま美容師をしてきました。決して器用ではありません。
私より堅いスタッフもいる、他のサロンのオーナー達もR'sの為に動こうとしてくれている。
しかし、お店に立てていない事が心配でなりません。心配しないでオーナーをしている経営者はいないでしょうし、その場合お店や、会社は終わってゆくでしょう。当たり前のこと。
スタッフの事はわが子の様です。信頼しているもののやはり心配でなりません。 
こうして場を離れていると常にそんな事を感じています。歯がゆい。 自身、大きくなれない。

 ここで出来ることも多くあると思うのですが、やはり一線で現場に立ちたいと強く感じています。
今更こんな事を話してもどうにもならない事は分かっていますが、そんな心境です。

 吐気はさほど少ないものの、食欲は落ちてきました。
食事が運ばれてきても一時間は横になったまま口に出来ませんが、そのあとゆっくり6割位は食べています。まだ栄養剤のお世話にはなりたくないな。

 Am9:00. 利尿剤、吐気止めのカイトリルが入り、オンコビン(抗がん剤・細胞増殖を抑え、腫瘍発育を抑える薬。副作用として出血、しびれ、便秘、息苦しさなど)を終え、現在アドリアシン(抗がん剤・ほぼ効果は同じ。副作用、まぶた・くちびる・舌の痺れ、息苦しさなど)を点滴しています。

 頑張らなきゃ、まだスタート台に立ってない。僕だけじゃないみんなそれぞれ苦しさ、悩みを持っているのだから。 弱音を吐いてすいません。 がん細胞に負けるないようにしなければ。

 昨日の血液数値。
赤血球250(標準値380~480)、へモグロビン8.0(12~16)、ヘマトクリット 23.6(35~48)、白血球7600(4000~8500)、血小板120.000(100,0000~490,000)

写真. アドリアシン。赤い点滴です、尿も赤くなります。

入院して2ヶ月が経ちました。

 まだ先は長いですが、経過は順調です。

 ここ最近は少しきつく、セミクリーンルーム(個室)で静かに横になっています。
空気清浄機の音だけが流れているんだ。
今日から6日間抗がん剤は休み、7日目にもう一度入ります。
赤血球、白血球、血小板をはじめ、いろんな数値はこれから低くなるので輸血等が行なわれますが3週間ほどしてくれば安定してくると思います。

 それまでは少しゆっくりしよう。 大したことないさ。
長いようだけど人生でみたら「あっ」と言う間の出来事。 大したことない。 

Qちゃん!

20051121.jpg

 食欲がなく、あまり口に運ばなかったせいでしょう。 朝、起きて力が入らない。
SCR内の廊下に置いてある体重計へ向かうがフラフラで真っ直ぐ歩けない。
食事はやはり必要ですね。
昨日より体重は1kg減。 むくんでいるので、見た感じは相変わらずアンパンマン。
体温36.9℃、血圧98/56。

 少盛り選択ですが、今朝はすべて食べられた事が何よりもうれしい。
やはり食事摂らなければエネルギーは出てこないですね、昨日よりもずいぶん気持ちが楽になりました。

 テレビをつけて高橋尚子さんの国際女子マラソン優勝を知ったよ。根性だね、おめでとう!
一日遅れだけど嬉しい日になりました。 Qちゃんありがとう。

 検尿、血液採取、グラン点滴(白血球上げる薬)、と24時間中の点滴が続いています。

写真. 海洋深層水。 飲みやすいお水です。

身だしなみ。

 病院では当たり前だけど、毎日のリズムが一定(特に血液内科系の無菌室)。
ある意味「どん底」にはまってしまうと悪い方向へ気持ちが傾き、どうにもコントロールできなくなるし、眠剤(睡眠導入剤ロピプノール)飲んでも眠られない。

 そこで「今日のリズム」を変える方法がお風呂と顔そり。
副作用が少し和らいでいきたせいもある。(動けない時は蒸しタオルで体を拭きます)
これも生活リズムの一つなのだけど…、ここではイベントに等しい(僕の中では)。

 主治医をはじめ、看護師さんはとても献身的にバックアップし、助けられ、見守られていますが最終的には自分自身、気持ちの切り替え。自分が前進しなければ良い方向へ進まない。

 顔そりと言っても、抗がん剤の副作用で髪はもちろん体毛もほとんど生えていないので意味がないし、血小板、白血球減少等で危険でもあるのでしょうが気分スッキリ。シェービングは正解だった。
まだまだ充分でないけど払拭できた感じ。 
もともとヒゲや体毛は薄く「顔そり」はせいぜい年に一か二回。(ヒゲらしきものは毎日整えていますが、子供時代から床屋さんの顔ソリは苦手)

 一応、私も美容師。 身だしなみはどんな時にも必要ですね。

 去年、同じ時期に移植をした友人が肺炎にかかり10日ほど同じ病院内に入院していたのですが、今日の退院時に「みんな待っているんだぞ、気合だぞ!」と声をかけてゆく。ありがとう。

 まだまだ「気合だーっ!」まで行けていないなぁ。 明日はどこ剃ろう…。

勤労感謝の日に感じたこと。

20051123.jpg

 『心身を労して仕事にはげむこと』
勤労感謝の日、の「勤労」をPCで調べたら出てきました。
とくに今日は僕の出番じゃないと、感じながらも書いている事が心苦しい…。

 大きな声で「はい!そうしていましたっ!」って
言える時期は遊びほうけた専門学校を卒業し、美容室に勤めだした一年間のみに感じる。
二年目、三年目以降も後輩は次々辞めてゆくし、立場も変らない、それなりに一生懸命はしていたけど手を抜いていたね。 しつこいようだけど「身」も「心」もだよ、なかなか言い切れないさ。

 言い訳なんて探せばきりなくでてくる人間。
ミスに対し、「教えてもらっていません」、「まだ僕には出来ません」、「わかりません」、「時間がありません」、「教えて頂いた通りにしました」。
服装に対し、「お金がありません」、「僕のセンスではありません」、「買い物に行く時間がありません」などなど。

 最近は年齢と共に言い訳も変り、質も量も悪化(苦笑)
「もう年?」、「体がついてゆかない」、「協力者がいない」、「資金がない」、「遅すぎる」、「分かってもらえない」、「いまさら」などなど…。

 これじゃダメですよね。 願う気持ちは常に熱く持ち続けないといけないなぁと感じる。
タイプは違うけど当時の「崖っぷち」に今は近いのかも。

 何が言いたいのか、分からなくなってきた。

 当時、余裕がなかったと言えばそれまでなんですが、とにかく一年間勤労しました(くどい)
結局そのサロン(東京・自由が丘)では店長にまでさせて頂き、今の自分があると思った勤労感謝の一日でした。  TAKEOさんに感謝。

写真. お気に入り、四葉のクローバー& peace. ありがとうございます。

東大病院へ転院します。

 詳しくは東大病院=東大附属病院(東京・本郷)と並行している、東大医科学研究所附属病院(東京・白金台)。  以下、東大医科研「いかけん」の方へ転院します。
予定としては白血球など上昇し多少の感染力がついてくる12月上、中旬です。(あくまでも予定)

 実は、今回の再再発が告知された時点で転院がほぼ決まっていました。
再発時(去年の自家移植治療時)担当していただいたT主治医が現在東大医科研病院へいます。

 その時のT主治医とは年齢や家庭環境が近い事もあり、退院後も個人的にお付き合いが続いていました。
R’sにも足を運んでもらいヘアも担当していただけではなく、お互いに共感できる部分が多く、刺激させられているし、有意義で楽しい時間を重ねる事ができ、与えてくれた彼。
「日赤も十分安全な移植が出来る病院です。」と言いながらも僕を呼んでくれました。

 現主治医をはじめ血液内科のトップの先生方も始めから快く了解して頂き、現在治療をしてくれています。僕はとても恵まれていますよね。
もちろん現在はセカンドオピニオンとして患者の希望の病院で治療を受ける権利があり誰でも転院は可能ですが、まったく知らない病院でなく信頼できるT主治医がいる事が何より安心です。

 心配な事。
ブログを通し、公にしているため転院することは誤解されやすいし、受け止められ方にはそれぞれ違いがあると思っていたので時期をみて公表しようと考えていました。

 読んでいただいている近隣の方であれば分かっていたと思いますが、あえて病院名は伏せていました。
現在入院しています長岡赤十字病院(血液内科)はとても環境が整っています。 
T主治医も言うようにいろんな事も含めとても良い病院だと思っています。
現主治医も妥協のない信頼できる方です。 転院のお話を頂いた時は揺らぎながらも一度お断りし、現主治医ですべてお任せしようと思っていたのも事実です。

 現主治医(日赤)とT主治医(現、東大医科研)とはもともと繋がりも深く、お二人で最強ダブルタッグ組んで頂いています。(もちろん他の患者さんの治療に対してもです)

 いままでは家族親戚以外、親しい方やSCR内(無菌室)で友人になった方々に話をしていなかった事をご了承ください。

 もとの病気以外で具合が悪くなってしまうことがあることや、治療関連毒性とか移植関連合併症等(GDVH等も含め)、移植の成績を左右しています。(11/07 参考)
僕にとって「失敗したから次は頑張ります」 はないわけです。
それもまた運命でしょうが、現主治医のもと日赤で治療できている事や、T主治医と去年お会いできた事も運だと思う。

 転院希望をしたのも最終的には僕の気持ちです。弱音を吐いていたらバチが当る。
T主治医は、「「奇跡」なんかじゃなく、もっともっと可能性の高い治療だと思っています」と話してくれている。ありがとう。 

 それにしてもT氏に「借り」を作りすぎ…、また格好良いヘアスタイルにしてあげなきゃいけない。

 報告ついでにもう一つ報告します。
11月24日今日、誕生日を迎えました。いろんな方々から支えてもらえ迎える事が出来て本当に幸せです。 どうもありがとうございました。

順調に下がっています。

20051125.jpg

 昨日(24日)の血液数値。
赤血球25.1(標準値380~480)、へモグロビン8.1(12~16)、ヘマトクリット 23.1(35~48)、白血球400(4000~8500)、血小板27.000(100,0000~490,000)

 今日(25日)の血液数値。
赤血球25.6(標準値380~480)、へモグロビン8.1(12~16)、ヘマトクリット 23.2(35~48)、白血球200(4000~8500)、血小板18.000(100,0000~490,000)

 予想通り血液数値は下がってきました。 白血球上げるグラン点滴(10/22参考)も続けていますが
なんのそのっ! 出血してもまず止まらない! 微妙な表現ですが、順調です。
感染力もほとんどゼロ。無防備ですが無菌室はある程度安心です。しかしSCRの廊下は最近あやしく? 
常にお見舞いの方々で賑わっているため、なるべく部屋からは出ないようにしています。

 現在、血小板輸血中(二時間かけてゆっくり輸血)。  体温35.9℃、血圧108/80。
パックを見ると23日(勤労感謝の日)にAB型、血小板・成分献血をして頂いた方からです、感謝。
28日も血小板輸血を予定しています。 
現在の血液数値や今までの経過から診るともう少し輸血回数も多くなるのでしょうが、移植前の私。 
むやみに輸血しないようにしリスクを軽減しなければいけません、拒んでいたら治療そのものも出来ない。
これからも輸血のお世話になります。ありがとうございます。

 体調は血液数値と反し二、三日前から比べずいぶん楽になりました。
がっ、明日もう一度抗がん剤(オンコビン)一日とステロイド剤(デカドロン)四日間続きます。(11/16参考)頑張らなきゃ。 ガン細胞覚悟!

 子供三匹からお誕生カードをもらいました。久し振りに電話で会話した後、バースディーの歌を皆で歌ってくれました、また宝物が増えたよ、ありがとう。

 皆さんからも多くのコメント頂き恐縮しています。あえてコメントを差し控えていられる方も多いと感じます(勝手に感じているな!) 素直にうれしいです、本当にありがとうございます。 頑張らなきゃ!

写真. U-レディーと、頂戴しましたお水です。 強めの抗がん剤治された方は分かる?と思いますが治療中は特に頭はすぐにベタベタになる、こんな時はこの石けんがオススメ! R’sにも置いてありまが決してエイギョーではないですからね。 薬草の匂いは強いですが本当に良いし安全なんだ。   

なんちゃってプラレタリュウム。

20051126.jpg

20051126111937.jpg

 おはようございます。 体調、すこぶる良好です。
昨日は11時に眠剤を飲み、11時半に睡眠する予定でしたが12時過ぎ?になりました。
睡眠前はいろいろ考え事しているわけです。
正確には考え事していてもらちが明かないのでヒトリゴトになっていますが…。

 ヒトリゴトの後に行なう最近のイベント。
妻からの星座ライトをプレゼント、真夜中のなんちゃってプラレタリュウムをオン。
プレゼントされながら感じたこと、タイマーがない、音がうるさい(嫌な奴)。 でも最高なプレゼントだった。 
電池が落ち着いてきたせいか?この二日間でギア音が小さくなりとても快適。 夜中にも点滴が入っているせいもあり2.3回トイレに起きますがしっかり消えているし、自分で消していると信じていました。
今朝までは…。
違っていた、スイッチはすべて見回りの看護師さんが消してくれていたんです(汗;
看護師さんにも好評で一息ついているらしく、感激しながら話してくれました。
もう一度、僕の脳MRIを撮ってもらった方がいいのかもしれない…。

 起きている時にも見まわりの看護師さんが入ってきて二人でロマンチックな雰囲気に包まれるわけです(それ以上はありません! 念の為)
昨日は白衣にちょうど海蛇の星座が映し出されていて僕は思わず指差して「あっ、ヘビだ!メディウサだ!」 相変わらず失礼な奴ですよね、おばさま看護師さんは笑ってくれたよ。
さて、今夜も消してくれるだろうか? 宜しくお願いします。

 今日は治療があります。
グランをし(白血球上げる為の点滴)、カイトリル(吐気止め点滴)今、終了(am10:30)。
これからオンコビン(抗がん剤)とデカドロン(副腎皮質ホルモン=ステロイド)が続きます。 
ガン細胞野朗なんてヘロヘロポーーーーンだ!

 強めの抗がん剤は正直辛いけど入れている時は、がん細胞がフツフツやられていくイメージをもって臨むが大事。 本当にまいっている時は音すら受け付けないけれど、今は大丈夫。
久し振りにQUEENを流そう♪僕には一番合うイメージ・ミュージックです。

写真. 昨日の夕日です。 東側は大きな虹がかかっていたと、愛しの主治医(くどい)と看護師さんに教えてもらいました。 勝ち負けではないけど夕日もキレイだったよ。

立ち派?座り派?

20051127.jpg

 現在状況。 52.6kg(病衣抜き)、36.8℃、血圧114/60、脈68。
デカドロン点滴(ステロイド)の影響でしょう、今朝からシャクリが止まりません。
食欲はさほど落ちずに良い感じです。
手の痺れは第二関節より進んできましたが、これは仕方ありません初発時は手首まで痺れていました。

 昨日は看護婦さんにペットボトルの蓋が開けられず頼んだよ、タオル巻いてみたり時間かけて悪戦苦闘したけどダメだった・・・。
看護師さん「本当?」と言いながら簡単に半分まで開けてくれて渡してくれました。
しかしその先も開けられず、再度お願いして開けてもらいました・・・。
今日ボトルタイプはあきらめ、アールグレイを美味しく頂いています。

 実は普段から握力が弱い、R’sで聞いてもらってもいいですが女性スタップにローラーボール(加温機)のネジが緩められなく、たまにお願いしています。彼女達も気持ち的に微妙だろうね。
ついでにプル缶もあやしい場合がありスプーンや子供にお願いしている始末。努力はしているんだけど(汗;
 特かくシャックリ早く止まれーーーーっ!

 題名の話、僕は座り派。 男性にトイレでの事情のお話です、キタナイ話しをお許しください。
二日前から畜尿を解除され、ようやく座って「お○っこ」が出来るんだ、気持ちよく放出(スイマセン)、もう幸せを感じるね。
畜尿時はまずコップに用を足し、そのあと専用のビニールに入れるのですが立ちながらは、手の痺れもありコップ持ち続ける事も容易でなく、壁に背中をもたれながらしていました。

 普段の立ち○ョン、見えていないけど広い範囲で必ず跳ねているね。絶対に汚れているよ。
自宅一階のトイレはわりと広く男性専用もあるので立ち派、公共施設や病院大部屋も立ち派になります。
自分のテリトリー内の便座がきれいと判断できる場所(自宅二階、R’sバックヤード・スタッフ用トイレがあります、ココの無菌室個室など)では必ず座り派になります。

 ちなみに我が家ダンゴ三匹、僕から言い聞かせていますが威厳がないのでしょうか(苦笑
座ることがカッコ悪いらしくすべて立ち派。
まぁその方が男らしいんだろうし気持ちは分かるが子供の場合、特に構造的にもアヤシイ?…、妻は大変さ。
 男性に聞いてみると「実は僕もそう」って言う方いますよね、妻に強制されている方もいられるよう…。
「かなりの神経質」な奴に感じるかも知れませんが誤解しないように、ただ単に座った方が気も使わず、楽
モノグサ・テキトー人間な私です。

写真. 今朝の朝食です。完食です!完食した時は自信が出来本当にうれしい。お昼は天ぷらそば、残してしまいました調理師さんごめんなさい。夕飯はリベンジ! (27日pm9:30追加です→夕飯もどしてしまい5割に終わりました、残念。)
今日の話題と写真の組み合わせはいただけませんね、ごめんなさい。

輸血三昧な一日。

20051128.jpg

20051128204953.jpg

 血小板輸血(黄色っぽい血液)の予定日です。
先ほど(pm12:30)朝一番の血液採取結果が出て、予想より赤血球(赤い血液)も低かった為に赤血球2パックの輸血が急きょ、ダブル輸血決まりました。

 週末(土、日)、祭日のお風呂やシャワーは休みの為、血小板輸血(約2時間半)後の最終時間のシャワー予約を実は楽しみにしていました。
しかし血小板輸血+赤血球2パックなので4、5時間はかかる、トータル7時間半以上は予想できる。 
と、言う事は失全的にシャワーはキャンセル…。

 普段は体臭はない方と思っていますが、今は体臭を感じます。薬臭なのでしょう、いやオヤジ臭?病人臭か?匂いに関してすごく敏感になっているし、もしかしたら「つわり」なのかもしれない。
午前も白血球を上げるグラン点滴(ヒトG-CSF:好中球減少症治療剤・化学療法における白血球減少を抑える)やデカドロン点滴(ステロイド剤)が繋がれているのでシャワーの時間が取れず、今日も蒸しタオル拭きだよ、ふぅ~。

 以前にも話しましたがIVHが入っているので全身お湯に浸かったり、かぶったりは出来ません。(IVH解説10/9、写真9/29・11/2参考)

 でもね、スキンヘッドは入院中、衛生的ですし便利。
ベッドサイドにある洗面台で元気な時は日に2、3回の洗顔ついでに頭皮も直ぐに洗え、簡単に拭ける。
そこでU-レディー石けん(11/25参考)はちゃんとフォローしてくれています。
安易な発言ですがスキンヘッドは強い抗がん剤を使わない方や、他の長期入院の方にもオススメなのかも!? お許し下さい。

 今日(28日)の血液数値。
赤血球181(標準値380~480)、へモグロビン5.7(12~16)、ヘマトクリット 160(35~48)、白血球600(4000~8500)、血小板28.000(100,0000~490,000)

 ここからは20:00記入。
軽くシャワー浴びられました! 看護師さんが気をきかせてくれ、特別枠で昼食後すぐにお風呂予約を確保してくれたんです。決して僕がわがまま言ったんじゃないよ、目で訴えていたのかも??
いやそんな事もない看護師さん、うれしいよ、ありがとう。

 輸血終了時間は22:00過ぎになりそうです。7時間半どころではなかった・・・
今日は三人の方から助けら事になります献血された方へ、本当にありがとうございました。

写真1. ソルコーテフ注(血小板輸血前のアレルギー抑制剤)、僕は血小板輸血でアレルギーを起しやすい体質なので前処置として毎回入れています。小さいけどスグレモノ。
写真2. キョーミノ注(肝臓障害用剤・抗アレルギー剤)肝機能に少し変化か?お初なのでよく分からない。 デカっ!指と比較してみて下さい。2本共IVHよりスムーズに入れます。(共に写真アップ許可済み)

明るく過ごそう。

20051129184322.jpg

20051129.jpg

 昨日、赤血球2パックを輸血したので手足が少し暖かい。(写真・説明10/25参考)
リスクもあるけど絶対に必要な輸血、貧血等のふらつきも軽減された感じ、いいぞ!

 半身浴で少しお風呂も入ってみようと思っています、お風呂予約時間は14:20。
血小板輸血も入った事だし今日は綿のタオルで軽く体を少し洗える、神経質になる事はないですが普段は手で全身を洗っています。皮膚も薄くなっているので出血は避けたいところ、それと体がの「伸びがないのか?」「硬いのか?」背中で手が合わせられない人なんです・・・。
もちろん「油断は禁物」風呂内での脳貧血だけは避けたいので「ほふく前進」は基本、レンジャー!

 体温36.6℃、血圧128/60 
白血球の低い状態が続いていますが熱が出ないのは偉い自我自賛! 手洗い、イソジンうがい(特に白血球が少ない時は日に20回)、少し神経質になっていますが大切。それに自分に対する免疫アップ・イメージ療法。
唇は多少切れたり皮が剥けたりしますが、口の中(舌や口内炎など)今のところまったく出ていません。多くの患者さんはかなり炎症に悩まされています。

 抗がん剤(エンドキサン等)の影響で便秘気味にかっていたのですが昨夜四日振りでお通じも出てくれました。便秘薬(アローゼン1g)も毎日飲んでいたのですがようやくでした、ちょっと安心? しかし白血球が低いので基本的には軟便です。今朝からはすでに4回目の下痢(13:30)お尻が痛くなってきたマズイ。

 グラン点滴やキョーミノ注は続きますが、今日でひとまずデカドロン点滴は終わります。(昨日を参考)

 嘔吐感まで感じないものの、吐気はやや多くなってきましたが大した事はない。(汚くてごめんない)
ひどい副作用が少なくなってきたのが何よりもうれしい。それにより気持ち的に余裕が出て笑顔で主治医や看護師さん、他の患者さん、お見舞いの方にも接する事が最近出来てきています。 
妻とは最近ちょっと・・・ね、僕の根っからの「我」って奴です、一番性質が悪いさ(苦笑

 とにかく助けられてばかりはいられない、自分が変らないと。

 昨日のキョーミノ注の説明を受けました。すこし肝機能数値が高くなってきたよう、さほど問題ないようです。まぁ、普通でない状態なのだから仕方ありません。

写真1. 27日に両親と三男がガラス越しで面会。早く風邪治せよ、嬉しかったありがとう。
写真2.  今日、妻の父から届いた絵手紙。去年の移植時より、かれこれ一年は「生もの」を口にしていませんがとてもおいしそう。 また少しでも早く治し1年半後位には思い切り食べられるようになれる様努力します。目でごちそうになりました、美味しかったー! いつも励まされています。
(移植後は免疫力が弱い為に約一年間は温泉やお寿司等はご法度なのです)

12月のカレンダー。

20051130141940.jpg

 北風小僧のカンタロウ~♪ 冬将軍が本格的にやって来ましたね。
東側向きの窓に風が吹きつけています。北風音は聞こえてこなく静かですが雨の強い衝撃で外側の窓がとてもキレイになりました。
昨夜もトイレへ三度ほど起きた時はパラパラとあられの音を耳にしたので、今朝はきっと白くなっているのかなぁと思いつつ・・・、
今朝、内窓を開けて外の様子を見ましたが日本海側方面(比較的低い西側の山)の白さは見えず、もちろん周りも降っていませんでした。でも冷たそうです。

 SRC内の部屋の中は清浄機と共に一定温度なので、まったく寒さを感じませんが手足の冷え、痺れだけが悩みどころ。(シャックリと軽い吐気、多少はあるものの大丈夫)

 グラン点滴(ヒトG-CSF:好中球減少症治療剤・化学療法における白血球減少を抑える)とキョーミノ注(肝臓障害用剤・抗アレルギー剤)は続きますが、日赤病院ではとりあえず抗がん剤治療は終了です。
昨日でステロイド点滴も終わりましたがあくまでも予定ですので今後変更もありえます。
ステロイド剤は急に止めるので脱力感は多少感じる場合もあるらしいのですがさほど問題ないでしょう。
もちろんこれも治療の一環ですから。

 これからは体調を回復させ、転院に向けて調整してゆく段階です。
転院後は再び、抗がん剤や放射線治療等は開始します。 まだまだこれからが本番です。

 今は焦らず現主治医の意見をしっかり聞き真剣に取り組んでいきたい。
現在の主治医とはとても信頼関係ができています、心強い。
僕は出来るかぎり基本的な感染防止対策と前向きな気持ちをなるべく持ち続けること。 

写真. 12月の月カレンダー。気がつけばもう師走なんですね。皆様、お仕事や気持ち、それに肝臓等にゆとりがなくなってゆく季節?でもありますが一緒に楽しく過ごして行きましょう! 
新月は2日、満月は16日です。ちなみにR’sのPC版のH.P.のトピックス欄にも毎日の月の様子をリンクしましたのでご参考下さい。
プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。