SPF30・PA++

20060801125633.jpg

 昨日少しオサンポしてきました。
天気が良かったのでUVクリームを塗って日陰を探しながら・・・この付近、日陰ないじゃん!(分かってるけど)
通りの並木道もまだ若く雁木ももちろんない(雪国の知恵、アーケードの低い屋根のようなもの)。
日差しと戦いながら万歩計は5736歩、随分歩きました。エライっ、あー気持ちいい。

 長岡祭り前夜祭です。長岡市制100周年、パチパチパチ(拍手)
先ほどまでどっぷり雨が降っていましたが、少しずつ陽がさし始め夕方からの民謡流しは問題ないでしょう。
小学生の頃、大手通りで悠久太鼓叩いた事を昨日のように思い出しました。
叩き込まれたリズムは忘れないですね。すごく待たされたけど、癖になる気持ち良さだったな。 

 民謡の音(高音)は好きになれない、はっきり言って大嫌い。 
ちなみに僕が踊るとロボットのようにぎこちなくなる。

写真1. 朝顔はまだ陽を知らない。「いい顔しているから直ぐに買い手が見つかるよ、陽に当らなくちゃ!」
写真2. 日赤から出てすぐの交差点より、くるりんがやってきました。(駅まで向かう便利な循環バス)20060731b7.jpg

熱い気持ちや行動は天文学的数字を越えられる。

20060731b5.jpg

 東京・自由が丘時代のお客様らしき人が何となく見ていたテレビの中にいた。当時、彼は学生だった。
笑った時の顔や周りの雰囲気をも明るくさせる人柄は約20年経ってもまったく変わっていない。

 全国規模展開しているあるショップの二代目なのですが、当時そんな話はしないし、プライベートな話は僕からは聞かないので分からない。
何十年お付き合いしていても、何をなさっているか分からない人の方が多いんです。
彼は大きな偉業を果たした父の経営学(帝王学)を学び、社長になった後、会社を一部上場にのし上げ、現在は分刻みのスケジュールで活躍しているそう。
 
 懐かしく感じ、連絡をとってみたいと思いながらも、行動できずにいました。
今回の再発を機に悩んでいるなら行動しようと思う気持ちが一段と強くなり、会社のHPから「お客様相談」のアドレスへ、ダメモトで社長宛にメール。
直ぐに彼から返信が届き、現在は忙しいにもかかわらず連絡を取り合う仲になりました。
 
 ある件でお礼のメールをしたら昨日もうれしい言葉が届く。(社名は伏せてあります)下記。
僕はなんか星野さんとの不思議なご縁を感じるんです。
だって日本に人口が一億2千万人いて、人生を通じて知り合う人なんか本当に限られていますよね。世界の人口から考えたら奇跡に近いかもしれない!
そんな中でずっと昔に(20年も前に!)お会いして、星野さんもたくさんの方の髪を手懸けてこられたと思うのですが、私のことを覚えてくださっていて、しかもほんの数分出演したテレビを偶然見ておられて当時からは信じられないようなオヤジになっている僕を判別しメールをいただけるなんて確率に直したら天文学的数字の世界ですよ。
星野さん、僕は今○○の社長なる前はがむしゃらで突っ走ってきたから何も考えなかったんだけれど、会社の顔、代表取締役である以上行動言動はもちろんスーツのセンスも体型も、そして髪型も社外、社内でもキラリと光るものがなければいけないなと痛感しております。
星野さん!お願いです!早く良くなって僕の髪とスタイリングをプデュースしてください!もっとカッコイイオヤジにさせてください!

星野さんの役割は外見を変えてその人の内面を変えてゆく事。
仕事を通じて星野さんに関わる人たちに勇気と希望と未来を作り出す事。
星野さんとご縁のあった人たちに自分がもてる最高の影響を与えてきましたか?
星野良司として生まれてきたその役割ははたされていますか?
その役割を果たすにはもう少し時間が必要ですね。

星野良司は絶対に病気に勝つ
星野良司は絶対に病気に勝たなければいけない

星野良司は絶対病気を治す
星野良司は絶対病気を治さなければいけない

約束してください。
この言葉を毎日100回心の中で唱えてください。
そうすれば絶対治ります!
信じてください絶対に治ります!
そして元気になって
  このあと具体的なイメージの話へと続くのですが、とてもありがたい。

 この言葉やイメージ方法は病気に対してでなくてもすべてに共通する事だと思う。
今回の再発に対して、以前より弱気になっていた自分が恥ずかしい。
“やり残していること”と言うよりも日々、彼からや家族、見守ってくれている皆に貸しを増やし続けている僕は治す気持ちを持っていないとバチが真面目に当たる。

 「了解! 互い少し?オヤジになったけど完全に治してカッコよくカットさせていただきます。約束」 本当にありがとう。

写真. 月に一度の「イベント食」。ちょっとグレードアップしたお汁は鯨汁。 懐かしい、でも重かったー
20060802151458.jpg

長岡花火 フェニックス

20060803103944.jpg

20060803104028.jpg

20060803104014.jpg

20060803103957.jpg

20060803113025.jpg

20060803103924.jpg

20060803103935.jpg

写真. 長岡花火一日目、11階病室より。
それぞれの人がそれぞれの想いで、同じものを見、同じ時間を共有している。見かた、感じ方も違う。
去年から始まり、とりを飾った“長岡復興祈願花火・フェニックス”不死鳥は夜空に大きく羽ばたいていました。  よしっ、負けないぞ!

来年は必ず。

20060804163507.jpg

 赤血球RBC.307 L(標準値380~480)、へモグロビンHb.10.4 L(12~16)、へマクトリットHt.30.6 L(35~48)、白血球WBC.1,900 L(4,000~8,500)、血小板PLT.141,000(100,000~490,000) 20060804165133.jpg

 花火三昧の私ですが実は少々飽きてきた(爆
毎年二夜連続が今年は長岡市制100周年・合併記念事業、さらには2006新潟・韓国文化交流祭でもあるらしく、花火三日目の今夜は世界の花火ショー。チョンドン劇場(韓国演劇)も行なわれている。何だか外では盛り上がっている。
20060804163457.jpg

 今夜の花火はアメリカ、中国、韓国、日本(嘉瀬花火師)が参加。
クラスター花火やスカッド花火まで登場するのか!? 奇襲作戦でテポドン花火があがっては困る。 おっと、パトリオット花火の出番かぁー!(シツコイ)
20060804163437.jpg

 一日目は41万人、2日目は39万人とFMながおかは伝えていましたが河川敷以外にも多く観覧しているわけだから50万人以上は楽しんでいるのだろう。 この三日間、長岡は盛大です。
現在、土手を歩いている人はほとんどいない(16:20)、昨日までの2日間はすでにいっぱいだったはず、世界のショーどのくらい集まるのか気になるところです。
20060804163427.jpg

 現在僕の居る四人部屋は比較的若く?一番明るい部屋らしい(ただウルサイだけ?)
昨日の花火は看護師さん達もみんな部屋に入ってきて、ラジオのイヤホンを抜き(花火の実況中継)真っ暗らの中、ワイワイと楽しく花火見学できました。
やはり野朗4人ではいただけません。 来年は必ず外で見る事を心に誓う。必ず。
20060804163414.jpg

 2年前の東山牧場から見た花火(2004.8/13記載)、遠くから見る花火も情緒があり、子供達は飽きても暗がりのクローバー畑を駆け回って楽しんでいた。(震災後の現在、閉鎖されている)
そんな事を考えながら花火を見ていたら涙が止まらなくなりまいりました。照明、付けるなよー
20060802panorama.jpg

写真. 一日目の様子(15:30)会場へ向かうバスツアーの人たちの行列。このあと病院前の土手も観覧席に変わった。 (携帯からは見えないようです。PCの方は画面をクリックし、画像右下の拡大を押してみてください)

感性。

 毎度しつこいですよね。病室の窓から嫌でも綺麗に見えちゃってるから・・・(苦笑
昨夜は花火三日目、U.S.A CHINA KORA JAPAN 各国それぞれ特色が異なりそれはそれで楽しませていただきましたが最終日を向かえホッとしているのも事実です。

 各国の花火を見比べて感じたこと。 
それは日本人特有な感性、これはどの国にも負けないものを持っている。
一つ一つの花火に職人の魂が熱く伝わってくる。 とても繊細であり、美を感じ、そして無常観がある。
長岡の花火はただダイナミックなだけと思っていましたが、これは僕の勝手な思い違いでした。
うまく表現できませんが趣(おもむき)があるんです。 素人の僕でも見比べればまったく違うと感じました。
200608panorama5.jpg

アメリカはさすがエンターテイメントの国です。
20060805124732.jpg

勢いにのっている中国、現在は何でもあり。
20060805124655.jpg

 韓国、クィーンの音楽が最高にいいね。綺麗にまとまっていました。
20060805124721.jpg

 我が日本花火師、嘉瀬老人最後の作品、正三尺玉。美に対する感性が研ぎ済ませれている。
直径90cm、重さ300kgの玉は上空約600mまで上昇し、直径は650mにもなるそうです。
予定になかった三尺玉、二発連続は粋な計らいですね。
20060805124709.jpg
 
 昨夜の観客数は半分に落ちたものの、それでも20万人。 三日間続き合計で100万人を超えたことになります。すごいなぁ。   写真.ビックバンが起こり新たな宇宙が創造されているようですよね。
20060804.jpg

 今日からは静かな長岡に戻ります。それもまたいい。 長岡、以前よりずっと好きになっています。 

洗濯バサミと東京ディズニーランド。

20060803riha.jpg

 朝食後、日曜日(今日)を除き、毎日通う1階にあるリハビリセンターへ。
思うように動かない左手をまずジェットバスの中で15分温め作業療法師さんからマッサージを受ける、その後に作業的な運動をしてゆきます。

 以前にも話しましたが、棒で粘土を突いたり、こねたり、ビー玉、パチンコ玉など材質や大きさの違うボールをペットボトルに入れたりする。
はじめの頃は情けない気持ちになり、さらにはスムーズに出来ない自分に歯がゆさを感じていましたが今は真剣に集中。

 最近、ハードルを上げ洗濯バサミをディズニーランドのお菓子の空き缶の淵に止めてゆく作業をしています。 洗濯バサミがなかなか開かず、指先も肉がなくなってるのでとにかく痛い。
ミッキー&ミニースマイルを見ながら「んーっ」とか「うぅーぉおー」や、「おりゃー」と声を震わせながら格闘。 
なのに薄いミッキーは簡単に挟めさせてくれない(苦笑

 そんな中、妻が三匹を連れて入ってきた。 はじめて入った長男は周りを窺いながら興味深々。 
二度目の次男三男は慣れたものでリハ用の特殊な粘土をすぐに触り、遊び始める
「この粘土、油のにおいはしないけど変な臭いするんだよね」、「お父さんのにおいがするんだ!」
(先ほど作業療法師さんと “この粘土は臭い” と話していたばかりだ)
私、「おいおい、失礼な、お父さんのにおい嗅いでみろよ、臭くないだろ?」
三男、嗅ぐ「本当だ、今日はね」
私、「今日はじゃないだろ、イメージでものを言うなよ、誤解されるだろ」
療法師さん、他の患者さんも含めみんな笑顔。 やはり家族はありがたいものです。
ちなみに、いつもくっついてくる三男は美容室のにおいがイメージらしく、よく僕ににおいの話をします。

 病気はもちろん治してゆくけど、帯状疱疹後の手足の神経障害も早く慣れてゆきたい。
シザーを持ちたい! 子供達とカラダを使って遊びたい! 治るまであまり大きくなるなよー!

 「はい、星野さん、次はペットボトルにゴムをかけてゆきましょう」、 「ハイ」

写真. リハビリセンター内にある腕専用ジェットバス。日に当たっていない僕の腕、白っ。

海と湯、選ぶのは・・・

asagao.jpg

20060807.jpg

 毎日、長岡は暑い(あっちぇー)と人は言います。 間違いなくあっちぇーのでしょう。
四人部屋にいても体感温度はまちまちなので、すり合わせが大事、と言うか夏はエアコンが普通。
いまだに僕一人、ホットパックを借りふとんに忍ばせている。
外に出ても暑いと感じない。 このままではすぐに秋が訪れ冬になりそうだ。

 30分間隔のお風呂、なるべく午後一番のお風呂を予約し30分早めに入るようにしています。
トータル1時間になるので半身浴30分以上出来、強制的に汗を流す。汗を流すとカラダがとても楽になる。 
カラダを動かし汗を流せたらどんなに気持ち良いだろう。
この寒さはいったいどうなっているんだ?と、本を読みながら足をマッサージしている毎日です。 
今までの抗がん剤などで循環が悪くなっているのもあるけど、神経麻痺からの感覚的なものもあるらしい。

 USENグループが無料ネット配信しているGyaO(ギャオ)で昨日は映画「ローカルボーイズ」を観ました。
サーフィン、やっぱり好きだな。 観ていてついつい波に合わせ体が動いてしまう。
千葉、九十九里や台風前後なら鵠沼(湘南)へ行っていた頃がなつかしい。
「ローカルボーイズ」は家族愛なども描かれていて「ビックウェンズディー」とはまた違う感動をいただきました。

 新潟にもいいポイントがあれば今度はロングボード持って子供にも教えたい。
でもないんだよね、セットでどんどん入ってくるような肩上の波。
「えっ、温泉もダメなのに海に入っちゃ問題でしょ? それに寒いんでしょ?」、「あー、そうでしたー」

写真1. 元R’sスタッフからの届いたカード。ありがとう。
写真2. お世話になっているホットパックん。(ますます寒っ)

立秋。

200608.jpg

 赤血球RBC.Low 320(標準値380~480)、へモグロビンHb.L 10.9(12~16)、へマクトリットHt.L 31.6(35~48)、白血球WBC.L 1,200(4,000~8,500)、血小板PLT.143,000(100,000~490,000)

 昨日の結果です。 白血球1200、じんわりと順調に?下がってきました。 ガン野朗、いざ、勝負っ!
今回の抗がん剤はこれ以上下がらないんじゃないかな。 
どちらにしても免疫力は落ちてきているので気を付けて過ごします。

 早いもので今回の入院は43日経過しました。 暦の上では秋ですね。
パソコン接続も一ヶ月経ち集金です。最初の一ヶ月使用料は7950円、今後は月4500円 一日につき150円はアリ○の宣伝文句のようです。

 本日の予定はいつものリハビリ後にCTレントゲン、神経内科受診です。 
では、今日も一日宜しくお願いします。 素敵な一日をお過ごしください。

CT結果。

20060809105908.jpg

 2006.6.23との比較。(放射線科の先生より)
●両側頚部LNは縮小しています。
●腸間膜の小さなLNも縮小しています。
●脾腫軽度も縮小しています。
●右上葉[肺]の7mmの結節は縮小みられません。HRCTでみると小気腔(+)
●肺野にnew lesionなし。

 腕、足に出来ている腫瘍の変化はないものの、体中の腫瘍は少しずつ縮小しているようです。OK.

写真上. ピンボケ、色のかわいいブルーベリー。
写真下. CT画像は肺の部分。下側の画像がHRCT、下のほうに7mmの白い影を確認できる。(写真許可済)
200608096.jpg

200608097.jpg

チョコレートミント

20080809.jpg

20060810080133.jpg

 赤血球RBC.Low 316(標準値380~480)、へモグロビンHb.L 10.7(12~16)、へマクトリットHt.L 31.2(35~48)、白血球WBC.L 1,900(4,000~8,500)、血小板PLT.156,000(100,000~490,000)

 白血球が少し上がり、主治医に許可を頂き(勧めもあり)、水分補給をしながらジャスコまで一人歩きました。 実はジャスコがとても苦手でここ十年近く行ってなかったのに、この一ヶ月で3回も通っています。

 昨日は雲があるのもも台風の影響か、気温は上昇し僕にとっては気持ちいい。
3階で本を買い、リハビリ用の柔らかいボールを買う。2階で手ぬぐいを購入これは帰り道に首の日差しよけに使う予定。
1階ではジャンクフードに目がいき、ミニサイズのカップ麺5ヶセットなんてものを買ってみた。 他にはお茶や水のペットボトル、プリンや缶詰。 
カートを日赤まで貸せてもらえたらもっと買い物が膨らんだかもしれない。
貸し出しはないようなのでホッとしてみるものの、何だかんだとジャスコを満喫している自分が笑える。

 帰りがけにモスバーガーが目に入り、新発売ナンカリーをおもわず頼んで一口食べて満足、あとはゴミ箱にゴメンナサイ。 さらには向かいのサーティーワンでシングルキッズサイズをコーンで頂きました。
これってフラストレーション解消法?(ムナシイすぎる) 
子供より性質の悪い、久し振りの楽しい買い物でした(苦笑;

写真. 9日はfull moonですが雲が多くて諦めていました。
消燈時(21:00)、内窓を閉めようとしたら恐ろしくクールで美しい満月が雲の隙間から現れる。

いざよい。

20060811074655.jpg

 十六夜(いざよい)、十五夜、つまり満月の次の日のお月様という意味。
古い日本語で「いざよう」という動詞があり「モタモタする」や、「遅れる」という意味でこれが十六夜の語源。

 満月は日没と同時に昇ってきますが、十六夜(いざよい)は暫く待たないと昇ってこないのでこの名前がつく、「なかなか来ないものを待つ心」は古来から日本文化に根付く風情と言うか美意識なのでしょうね。

 手紙はメールに、足はタイヤや翼に、燈は電気に、情報も電波に乗って直ぐに手に入る。
ついでに、体調判断からレントゲン(CT.MRI.PET)に代わった早期発見も考え方によっては微妙なところ。
奥ゆかしさは何処へやら、私もしっかり遅れめの現代人。

 ようやく現れた月は今も昔も変わらずに美しい。 外に出て月光浴したい気分でした。
十五夜より少しかけている様子わかりますか、右上部分。(写真.8/10 20:40頃.11階病室より)

 お盆は目の前、今日も一日、月に負けない心の澄んだ気持ちで過ごしましょう!
(濁りは直ぐに沈殿しないよ→ハイ、ワタクシノコト)

具体的?

200608011.jpg

 赤血球RBC. 318 Low(標準値427~571)、へモグロビンHb. 10.8 L(12~17)、へマクトリットHt. 30.9 L(38~50)、白血球WBC. 2,300 L(4,000~9,000)、血小板PLT.149,000(120,000~300,000)

 今日はこれから自宅へ戻ります。血液数値は極端に下がらないようなので三泊四日。
とても久し振りな感じがする。
僕の中では三度目の再発入院からずっと病院に住み着いているように思え、気がつけば9月で一年になります。

 今回再発までの期間が短く、移植後の免疫力低下やGVHD(拒絶反応のようなもの)などで制約も多いため病院の延長線上の自宅療養がそう感じさせるのだろう。
これから少しずつ慣らしてゆくところだったけど、それは仕方ない。

 刺激的要素が少ないからか?
そんな事は自分の考え方次第でどうにでもなれるし、言い訳にすぎない。
しかし無菌空間で過ごす一年間なんて不自然な環境。無菌なのに腐りやすく、自立心が弱くなる。
長期入院の多いこのフロア、他の患者さんを見ていても多少感じます。
個人差もあり人のことは偉そうに言えませんが、ご年配の男性に多いのは何となく納得できる。

 患者さん同士は別として、先生方、看護師さん達、助手さん、そして掃除をしていただいているおばさんやお見舞いに来ていただく方々、家族の面会から刺激がないわけではないが、立場的に受身側に自分がいる事が多いので僕なんかもすぐ甘んじてしまう。

 ちょっと毒のあるスパイスの効いた日常を送る事(イメージする事)はとても大切。肯定的に。
横になっていてもイメージする事は出来るのだから、もっと未来を具体化し目標を建てなければ刺激あるドキドキした生活はなくなり、あっという間に老け込こんだ人間になっちゃうね。

 病気は慢性ぎみですが、気持ちは強く持ち続けないと。 まんねりが一番怖い。
ちなみに美容の仕事も同じく、まんねりは最大の敵です。 

 相変わらず話がまとまっていませんが、お盆休みが4日間に決まった昨夜、そんな事を考えていました。
「いつもそんなこと言い聞かせているだけじゃんか、ほんと頼むぞ」、「ハイ。」

写真. スタッフがお休みの日に元気を運んで来てくれました。新人Yさんから話をゆっくり聞けたのは今回がはじめて。ありがとう。

 子供達は妻とお盆後半に妻の実家へ。 
残念ながら今回行けませんが自宅でゆっくり過ごし「これから」のイメージを膨らませようと思う。では自宅へ戻ります。

三泊四日の夏らしい夏。

20060814.jpg

 自宅へ戻り、ゆっくり過ごしています。(三泊四日の外泊許可)
昨夜21:00に子供らとベッドに入り、夜中にトイレに起きるものの7:30までぐっすり睡眠には驚きました。
エアコンを付けないので子供達は汗ぐっしょり、僕にはちょうど良い、足の冷えを感じずに夏布団をかけ眠れました。 やはり自宅はいいものです(子供にとってはやっぱり迷惑?)

 自宅に帰ってきてセミの鳴き声の大きさ、多さに驚きました。
森の中に居るわけでもないのないのにとにかく凄い!
11階とはまるで大違い、突然聞かされた僕は「毎年、夏ってこんなだっけ?」とただ、ただ驚くばかりです。

 夕方は妹のお墓へ、お墓参り。
2002の初発時の治療中にもお盆がありタイミング良くお墓参りは出来たのですが、砂利に足を滑らせ捻挫をしてしまったんです。 お墓参りで捻挫とは…。
その時の教訓から、今回は履きなれたスニーカーで一歩一歩確認し砂利と格闘。 
今回は妹からお許しを頂いたようです。 よかった(苦笑

 お墓の周りの深い砂利道、雰囲気あるもののバリアフリー視点からはちょっときびしい。
筋力の低下しているお年寄りにとっても大変だとおもう。

 とにかく夏を体感できる事には感謝です。 しいて言えば長岡の夏、これで湿度がなければ最高だな。

 先ほど妻と子供達は、妻の実家へ向かいました。 僕はもう一日ゆっくり自宅で過ごします。 
「夏バテしないように」と届いた旨そうな博多のモツ鍋をいただき、スタッフの実家から送られてきた美味しい、美味しい八色スイカを食べ過ごしています。 暑い夏、気持ちいいです。
 
写真. 今回の入院前に子供ら三匹と四人で遊びに行った栃尾油揚げ祭り?(イベント名は不明)会場で行われていた焼き物体験。
聞いてみたら信楽の土との事、子供達は早速ろくろを回し楽しそう。作った作品が最近自宅に届きました(上薬、焼き等はお任せ)。
初めてにしてはなかなかだねー。

今年もマラソン ノ ススメ。

20060816114204.jpg

200608016.jpg

 病院に戻ってきました。
久し振りのリハビリセンターにもお邪魔して週初めの握力検査。
右手22kg、左手10.3kg、左で10kgオーバー果たし、指一本一本の力も少しついてきましたが、また関節が堅くなっているようです。
リハビリ頑張らねば!

 シーサイドマラソン大会の募集要項が今年も届きました。去年のマラソンの思いはココ
このマラソン、お店のスタッフは強制参加、僕の友人、お客様、R'sに携わって頂いているディーラーさんスタッフなども巻き込み、もう10年以上参加しています。
走った後はチームみんなでお風呂に入り、美味しいものを飲み食い。
去年、入院中で出場できず、今年も僕は走れませんが我がシーサイドビギナーズは不滅!(実は一人で言い続けているだけ)

 パンフレット見ていると体力に自信がなくても参加したくなります。
寺泊で町ぐるみで行なわれているこの大会、コテコテじゃないところにシロウト軍団の僕らにも好感が持て、最近では嫌がっていたスタッフの方が早いタイムを出したりするから悔しかったりする。

 参加したい方、R'sに申し込み用紙が用意されています。
直接申し込み用紙を届けてほしい方は、寺泊シーサイドマラソン大会事務局0258-75-5155へお電話ください。(決して回し者ではありませんので誤解なく)

 R'sチーム、“シーサイドビギナーズ”の入会条件。
●マラソン大会で完全に浮いちゃうだろうと思われる方。
●参加される方は友達や家族同伴すること。(一緒に参加あるいはサポーター)
●普段から走りこんでいる方は入会できず、あくまでも走る事が嫌いな方。
●10月15日(日曜日)、早起き出来る方。
●汗の似合わない方。
●男子10km、女子5km、中学生は男女共に5km。(ハーフマラソン約21kmもありますが我がチームは不可能でしょう)
●入院していない方。
      以上の条件があえば誰でも参加できちゃいます。言い訳け無用!

 さすが漁業の町だけあり、走り終わると番屋汁が振舞われ、沿道にはおばあちゃん達が旗を持って元気に声援してくれます。(なので歩けない・・・)

 どう、参加したくなりました? 毎年この時期になると友達は目を合わさなくなるのは何故でしょう(苦笑

写真1. アリが受粉のお手伝いしていました。病院の庭にて
写真2. いつもの歯ブラシ。歯科や大きい薬局でなければ置いてありません、マラソン大会以上にオススメ。

さらば、眠剤。

20060817.jpg

 赤血球RBC. 318 Low(標準値427~571)、へモグロビンHb. 11.0 L(12~17)、へマクトリットHt. 31.7 L(38~50)、白血球WBC. 2,700 L(4,000~9,000)、血小板PLT.150,000(120,000~300,000)

 少しずつ血液数値が上がってきました。
S主治医の話では、金曜日の採血結果を見て来週より抗がん剤2クール目を行なうかを決めたいとの事。(リツキサンは3クール目)
まぁ問題ないでしょう。

 自宅から戻ってきて3日目の朝を迎えましたが何だか寝つきが悪く、ここ2日間、二時半頃になってようやく眠剤を飲む事になるんです。これが良くない。
遅くなって飲むと朝がモヤモヤ、朝食後もモヤモヤ、昼食後もモヤモヤ。結局長めの昼寝をする事になる。
結果、夜眠れなくなる・・・ このリズムを打破しなければいけない。

 今夜は早めに眠剤を飲み、明日からはスパッと眠剤を断ちます。
以前にも話しましたが睡眠薬と言っても睡眠導入剤なのでさほど強くなく安心。

 写真. お盆の自宅帰り、三匹の頭をボウズに、私を入れると我が家はボウズ四匹
彼らはボウズに抵抗がないらしく、長男にいたっては「剃ってほしい」と言い出す始末だから不思議です。
学校から借りてきているギターでなにやら練習中の小1、三男。 ボウズカルテットでデビューしますか。

台風10号

20060818174642.jpg

20060818174708.jpg

 赤血球RBC. 325 Low(標準値427~571)、へモグロビンHb. 11.1 L(12~17)、へマクトリットHt. 31.8 L(38~50)、白血球WBC. 2,800 L(4,000~9,000)、血小板PLT.146,000(120,000~300,000)

 今日も外は暑いそうです。 ちょっとうらやましい、 です。   盛り上げれ小千谷まつりっ!

写真1. ちゃんと見ているよ。きれいだよ。
写真2. 指の開閉トレーニング、来週は目標4本!

小さなことから

20060819070322.jpg

 二日前に話した件。
眠剤を飲まずに睡眠しています。まずは目標達成。 大事なことは、これを続ける事です。

実体験は力なり?

20060820162504.jpg

 皮膚は弱くなかったのですが最近はどうもアトピーっぽい状態です。
一週間前、紫外線に当たったと思われる箇所は赤くカサカサ、シワシワになってしまい昨夜はいよいよ痒さがどうにもならない。
首、目や耳の辺り、夜中看護師さんにお願いして塗り薬を出していただきました。
「痒いけど痛い」は我慢のしようがない。

 薄い部分の皮膚が切れやすく痛さは感じていたものの痒さは今回がはじめて。(GVHD時の痒さとは別)
同種移植後の注意事項として言われていた事なので理解はしていましたが、再治療で更に抗がん剤が入ってきているから仕方ないのでしょう。 UVクリームよりも日傘を考えたほうが賢明?(苦笑

 アールズにお見えになるお客様の中にも、お肌の弱い方やアトピー性皮膚炎の方は多くいらっしゃいます。合成界面活性剤等をなるべく使用しないようオープン時から心がけてきましたが、あらためて考えさせられます。 シャンプー・リンス、スタイリング剤はもちろん肌に当たるタオルなども。
頭皮など弱くて美容室へ行くのが不安な方は多いですよね?(希望スタイルとのギャップもそうですが・・・)
何とかしなければ。

 情報や見ているだけでは分かりませんね、何事も体験です。カユカユも「よし」としましょう。
戦争もそう、だから戦争していない日が地球にはないんだよ(飛躍しすぎ?)

写真. 病室から見える風景。
写真. リンツ・チョコレートエクセレント 99%(フランス)
これはチョコレート扱いで輸入許可してはいけません。原材料に砂糖も記載されていますが・・間違いでしょ?20060820.jpg

暖をとる。

20060821112327.jpg

 寒い日が続いています。
外は猛暑なのですが相変わらず一人、カタカタしてしまう。
4人部屋のエアコンは弱、27度前後、日に何回かは「暖」をとりに1階フロアに行きます。(1Fは少し暖かい)
ベッド上でのイヤホンTVでは物足りない高校野球決勝戦2日目は1階フロアで観戦しようと思います。
どちらも頑張れ!

 今日のスケジュール。
リハビリセンター、採血、ベナンバックス吸引(カリニ肺炎予防)、そして皮膚科受診です。
皮膚の状況がよろしくない。しっかりと診ていただきます。

 今週もスタートしましたね。水分を充分に摂り、良い一日をお過ごしください。

 赤血球RBC. 337 Low(標準値427~571)、へモグロビンHb. 11.4 Low(12~17)、へマクトリットHt. 33.1 Low(38~50)、白血球WBC. 3,300 Low(4,000~9,000)、血小板PLT.145,000(120,000~300,000)

写真. 砂糖で作ってあるバラは観賞用。 舐めてみたい衝動に駆られています。

脱、カ・タ・テ・ヅ・カ・イ。

20060821112317.jpg

 いつも診て頂いている皮膚科のW先生は夏休み中の為、今回はT先生に診て頂きました。
早速皮膚の状態をチェック。
「菌がいるか調べてみましょう」と、突然メスのような物とガラス板を内腿部分に当てられる。(汗
麻酔しないで組織を採られるのだと覚悟しまたがそれはメスではなく、ペーパーナイフみたいなものでカサカサ部分を左右に動かしガラス板で受け取るだけでした。

 直ぐに顕微鏡で調べていただき、結果は問題なし。「菌はいませんね」と。
「菌」、 いい響きではありません、ひとまずホッとしました。

 紫外線の影響ではなく移植後のGVHDとも違うらしい。体質だそうです(泣
移植後のカラダ、体質も変わるわけです。 
軽いタイプのステロイド軟膏(プロパデルム)を出して頂きました。
ステロイド剤には抵抗を感じますが、抗がん剤から比べれば屁みたいなもの、早く治して断ちます。
 
 今日からパソコンのキーボードは両手を使っているんだ(リハビリ、作業療法士Sさんからの命令・苦笑)
シフトキーなども含め、片手打ちに慣れていたので今こうして両手で打ち始めると時間が倍以上かかってしょうがない。
左指先に感覚がないので、打っているつもりが打っていなかったり、おかしな所触っていたり・・・
じれったくて右手キーボード境域が自然と多くなる。
両手がこんなに指だらけで大変だったとは驚きです。 う~っ、片手だけでウ・チ・タ・イ。

写真.上 涼しそうな和菓子でしょう、感動しました。
写真.下 昨日の夕食。上の甘いものを頂いたので・・・ 調理師さんいつもありがとうございます。
そしてスイマセン。(えっ?)
20060822100910.jpg

連鎖反応。

nobana.jpg

 ここ最近、立て続けに身の周りのモノが壊れています。
身の周りと言っても病院ベッドエリアだけなので大したものはない、ないけど一つ一つのウェイトが大きい。

 XPが出たての頃のパソコンはちょっとしたコツがなければ起動できなくなり、マウスは接続不良で使えなる。
ヘッドホン(ヘッドセット)も急に接続不良で片側しか音が出ず、音楽用に使っていたもう一つのイヤホンも急に片側だけに。
ついでにお店のパソコンも最近はコツがなければ起動できないそう・・・
ここ2日間でバタバタ続きます。

 パソコンにしても、イヤホンにしても中途半端な壊れ方はプー太朗の僕にとっては思い切りがつかないものです。

 そうだ、妻の昭和生まれの車も一週前リタイヤです。 

 猛暑(残暑)の厳しさは生き物だけではないようですね(泣

ガン細胞、覚悟はいいかい?

20060824083301.jpg

20060824083810.jpg

 赤血球RBC. 327 Low(標準値427~571)、へモグロビンHb. 11.4 Low(12~17)、へマクトリットHt. 32.2 Low(38~50)、白血球WBC. 3,500 Low(4,000~9,000)、血小板PLT.144,000(120,000~300,000)、顆粒球58%。

 来週月曜日から5日間連続の抗がん剤、2クール目スタートです(リツキサン・抗がん剤は3クール目)
前回の治療から一ヶ月ちょい。 これが最後。 かな? だな。

 県内のポジティブ美容室25店舗位で集まっている活動的な会、新潟カラー研究会(通称・カラケン)の勉強会もあり、外泊を予定していましたが、子供が夏風邪で昨日から高熱でダウン。
来週からの治療を考えると、ここはキャンセルです。
途中からでなくて良かった、ついてる。OKとしよう!

 治療にに向け体調管理に気をつけなければ。「よっ、がん細胞、覚悟はできているかい?」

写真1. 夕方になり病衣姿で病院周りを少し散歩。これも地球のガンみたいなもの。
写真2. その横でアリが一生懸命に巣の中からゴミや砂などを運んでいました。
アリは分担作業しながら皆でキレイにしています。もちろんポイ捨てもしません。 アリさん、ごめんなさい。

恐るべし、感謝すべしのステロイド剤。

20060825140212.jpg
病室からの風景。夕日が長岡中心地をオレンジ色に染めている(東方面)
20060825140247.jpg
西側ラウンジより。アピタは来年5月、シネコンはその後にオープン予定。
 
 赤血球RBC. 313 Low(標準値427~571)、へモグロビンHb. 11.4 Low(12~17)、へマクトリットHt. 31.0 Low(38~50)、白血球WBC. 3,700 Low(4,000~9,000)、血小板PLT.132,000(120,000~300,000)

 膨隆疹(一つ一つの湿疹がつながり全体に赤く膨れ上がる状態)や、耳たぶの切れている部分もあっという間に治まりました。
恐るべしステロイド剤(副腎皮質ホルモン)です。
昨日からはヒルドイドソフト、ワセリンのようなものを薄く塗って乾燥を抑えています。

 皮膚科へ向かうとアトピー性皮膚炎の子供達をよく目にします。
医師でなくても何とかしてあげたい気持ちになる。
食事やハウスダスト、薬剤、農薬の問題等いろいろと気にしながら生活されているのでしょう。
アトピーだけでないけど、本人以上に親は大変なんだろうと思います。
僕のような一時的な者とはワケが違いますね。 少しでも良くなるよう、祈るしかできません。

写真.下 毎日共にしている病衣はチェック柄。サイズによりラインの色が異なりオレンジはMサイズ。
Sサイズにすると6分丈になってしまう。  オーダーは一切受け付けていないらしい、体系を変えるしか方法はないようです(苦笑(右足外側部分)
20060825.jpg

あったかい長岡弁。

20060826.jpg

 仲間の一人は必ず長岡弁でメールしてくる。
そうくれば僕も長岡弁で返そうとするが、方言を書き込むのはなかなか難しく、なやむのも。
使えないのもくやしいので他の患者さんに聞いてみるものの、柏崎方面、十日町方面だったりするのでちょっと違う。
方言は各地域の立派な文化なんですね。
 
 長岡弁。濁点が多いうえ、男言葉、女言葉のないので色気がない。
学生時代の地元にいる時からあまり好きになれず、東京へ行きホッとする。まさに田舎者です(笑

 自宅は高校の通学路に位置しているので下校途中に楽しそうに話している声をよく耳にする。
自転車に乗って向かってくるキレイな顔立ちの女の子の会話。
「今日のテストどうらったぁー」、「ダメらったてぇー」、「そいがぁー」、「そーらよー」、「やらねぇ~」
やはり色気がない・・・

 反面、そうやってスラスラ使える人を以前からうらやましく感じてるから矛盾してる。

 他の地域から来られている方でも自然と長岡にとけこみ、長岡弁も直ぐに使える人はとても開放的で魅力的。 まさにインターナショナルな人。  それに比べ拒絶してきた僕はちっちゃい。

 最近、地元友人宛のメールは長岡弁で打ち込むようにしている。
結構むずかしいが相手も必ず長岡弁で返してくるからとにかく面白い。 マイブームです。
僕の使い方が違うと指摘を受けますが、昨日は幼稚園の頃からの友人にはじめて指摘をしてみたら結局僕が間違っていたようです。
「まだまだ覚えることが、いっぺ あるてぇ~」

至福のひととき。

20060.jpg

 歯みがき、僕は必ず座って磨く。 
磨いている時は最高にリラックスでき、無になれます。 意識は完全に飛んじゃっているよう。
大○をしている時よりもはるかに落ち着く。

 自宅ではソファーで。 ここ、病院では洗面器前のイスを廊下にひっぱり出し、そこで磨く。10分~15分、日に4,5回。

 「☆野さん、いつも磨いてますねー」
いつも磨いているイメージがあるらしく看護師さん、助手さんにも言われる。(んなわけないだろー・笑)

 歯みがきをかなり意識しはじめたのは20歳過ぎから。 
「美容師の最低のエチケットだぜ!」と感じてから。 ツメモノ多い歯には“すでに遅し”でした。ハイ。

 当時は10回以上磨き、ブラッシング圧も強かったので歯茎はすかっかり下がってしまい、歯科の先生にも「多ければ良いってものじゃないですよ」とよく忠告されていました。
今は仮に何ヶ月磨いたとしても“お父さんの歯ブラシ”状態にはなりません。(分かりますよね?)

 その頃教えていただいた磨き方も今とは違いますし、小学校時代は更に違う指導を受けていた事を思い出します。
道具より、磨き方の進化が楽しい。 自分でも工夫してみるものの5分では絶対に磨ききれない。
電動も使ったりしますが、最終的には癒し効果のある手動が僕には合うようです。

 こんな事言っていると几帳面かつ潔癖そうですが、まったく違います。 
大雑把なゴチャゴチャ人間、エービー型ビー型です。(移植後は本人も何型なんだかよく分からない・苦笑)

写真. お世話になっている、長岡赤十字病院。

負けない心。

20060828.jpg

 昨日で今回の入院は二ヶ月になりました。
 
 今日から抗がん剤治療2クール目スタートです。
 
 最後の抗がん剤としましょう。 

 耐えろ僕の細胞達!闘え僕の細胞達!

 病気になった事は仕方ない事、治すのは医師。そしてもっとも大事なのは自分の気持ち。

 抗がん剤点滴されている時に拒絶しない事。 

 受け入れ、体全身でがん細胞を倒してゆくイメージをすること。 

 ただそれだけ。

 最後の抗がん剤にします。

 なーんて、強がり言っちゃってる僕は今こうして治療に臨んでいるんだよなー。

写真. 今朝の血液採取。 採血した血液を何本かのスピッツに入れ替え検査に出します。

名前からして眠気を誘う薬。

20060827.jpg

 赤血球RBC. 333 Low(標準値427~571)、へモグロビンHb. 11.5 Low(12~17)、へマクトリットHt. 32.8 Low(38~50)、白血球WBC. 4.200(4,000~9,000)、血小板PLT.162,000(120,000~300,000)

 抗がん剤2日目です。
 昨日はリツキサンだったので前処置にアレルギー現象を抑える作用のあるポララミンを点滴。
「がん細胞を倒してゆくイメージを」なんて言っていたのに、ポララミン点滴をしてもらったらもうクラクラ。
一日中ずっと寝ていました(苦笑

 今日からはプリンアナログの抗がん剤、5日間が続きます。
前処置に吐気止めの点滴薬カイトリルが現在流されていますが副作用はさほどないでしょう。
一週間後位から血液数値が下がってくると思いますが今はまったく問題ありません。
ちょっと浮腫んできましたが、このくらいは仕方ない。
1階リハビリセンターへも毎日通っています。

 さぁ、今日も闘うぞ! ガン化している細胞達よ、覚悟!(本人寝てるなよー・笑) 

写真. 11階まで飛んできたの?それとも登ってきたの? 草の中から外の世界に飛び出してきたんだね。
でも、そんなにかぶりついて見つめないでくれよ。 日も短くなってきたからそろそろ帰らないとだろ。

寝ボケ。

 昼寝をしていたら、入院している夢を見ました。 

 起きたら看護師さんが点滴を交換しているところでした。

 「夢を見ているんだなぁ」と、また寝てしまいました。
20060830.jpg

写真. お世話になっている抗がん剤↓。 でもでもソフトクリーム舐めている方がやっぱりイイよなぁ↑。
20060830123843.jpg

やってゆく。

20060831.jpg

 抗がん剤4日目、特別問題なし。
 ただ、一時治まったかのように思われた皮膚のカサカサがまた現れ始めたのでステロイド軟膏を塗ってます。 
顔から首の周り、背中や肘、膝の内側などの薄い部分はちょっとしたアトピー性皮膚炎な感じ。
また皮膚科受診かな。

 実はウィッグ(美容師が使う練習用の頭)で少しずつトレーニングをはじめています。
病室では髪の長い人形は怖がられると思い、リハビリセンターにお願いし置いてもらっています。
あまり見たことのない方達にとっては興味深々で、「人毛なんですよ」と伝えると急に手を引っ込めたり、逆に地肌までよく見たり・・・
僕がひいきにしているウィッグはキレイな顔立ちなんです。(だから何?)

 皆さんがよく質問する中に「コレって一度切ったらもう終わりなんですよね」 “そりゃそうだ”とも言えず
「いえ、一ヶ月すればちゃんと生えてきます」と真面目な顔で答えると、必ず僕とウィッグを二度ずつ覗き込むから面白い。 半信半疑の半分は一瞬だけど本当に信じちゃってる(笑

 一年近く触っていなかったのでワインディング(パーマ時のロッド巻き)から練習。
頭ではしっかり覚えているものの麻痺気味の左手はうまく使えず、美容学校時代と変わらないスピードでのワインディング。
だけど少しずつ出来る事が楽しくなってきている。20歳は若返ってるね(苦笑

 そして今朝はリハビリセンターへシザーを持ち込み、カットにも挑戦。
4月の退院時に妻の髪をカットしましたが、その時はほとんど左手が使えず二次元止まりのレングスカット(長さ調整)のみでしたが、今回は三次元でのレイヤーカットも少し出来、更に有頂天。
まだまだ時間はかかるだろうけれど、とにかくやってゆきたい。

 11階に戻ってきてS主治医にバッタリ。「☆野さん、すごくスッキリした顔してるね」と。 そりゃ、そうさ。
今度はNちゃん(下の名前)の髪もトレーニングの一環として是非カットする、と心に決めました。
S.N主治医よ、絶対逃がさん(笑

写真. 上下共にクォリティーの高い仕事(商品)には緊張感も秘められています。 よっし、負けんぞ。
20060831123006.jpg
プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ