いよいよ、神無月。

20061001082231.jpg

20061001083243.jpg

 明日、2日は美容師のヘアコンテスト。 “ASAHI DESIGNER'S CUP 2006"
今回は長岡で開催、場所はハイブ長岡なのでココのお隣。 R'sスタッフも全員参加します。

 何ヶ月か前に、「コンテスト当日は必ず応援に行く約束をするから、全員、入賞頑張れ!」と、激励していました。(プレッシャーをかけるとも言える)
僕自身もここまで入院が長くなると思っていなかったし、今日まで約束を守られるか実は不安だった。
去年も入院中だったので応援には行けなかったから。

 S主治医に事情を話し、今日外泊許可を頂きました。「長い時間、会場にいないでね、約束。」
許可が下りればこっちのもの、「はい、約束します。どうもありがとう」

 さて、僕は守ったぞ。 今度は君らの番だ。
もうここまできてジタバタしてもはじまらない。 
トレーニングは十分に積んだんだし、よく頑張った。
条件は周りの美容師さんとも一緒。 
あとは深呼吸して、自分を信じイメージ通りのスタイルを作ればいい。
自分の今ある力を出し切れれば有意義な日になる。 
2日はみんなで楽しもう!

 これから着がえて外に出ます。まずは自宅へ一泊。 とても久し振りです。

写真1. 薫り高いティーパックタイプのハロッズ・アールグレイティーは頂き物です。
写真2. お昼はうどんでした。熱いおつゆは食べる直前に入れる。僕にはちょっとしょっぱいな。

外泊許可。

kera2005.jpg

j2005.jpg

 一泊二日の外泊から戻ってきました。
「戻る」の場所が自宅ではなく、病院だなんて考えてみればオカシナ言い方ですね。

 この二日間とても疲れましたが、有意義な時間を送ることができました。
まず一日目は午前中にまっすぐ自宅へ帰り、イヤホンなしテレビも付けては見ましたが直ぐに消し、夕方までゆっくりソファーで横になる。(妻は仕事&子供のお迎えなど忙しい毎日です)

 夜8時から美容ディーラーさん主催のコンテスト前夜祭へ。
福実寿司さんを貸しきり美容メーカー、一般誌ではカリスマと言われているコンテスト審査員のDaB八木岡さんやanti小松さんら面々、ジャーナル関係者、そして美容室オーナーさん達と久し振りにお会いする事が出来ました。
皆さんとても心配して下さっていて、暖かい言葉を頂きとても励まされました。
美容を通じ、多くの共通する仲間がいることに幸せを感じます。

 それにしても、通を唸らせる福実寿司さんを丸ごと貸し切る美容ディーラー、アサヒさんはさすが太っ腹です。
お刺身、お寿司はもう三年近く食べてなく、近寄りもしなかったのですが(生もの禁止令の為)、穴子をリクエストし握っていただきました。福実さんの穴子は最高に旨い。
あとはかっぱ、たまごを口にしましたが、もう刺身なんて一生食べなくてもいいね。

 次の日2日はコンテスト、ASAHI DESIGNER'S CUP 2006。 競技中のみ会場入りし応援。 
R'sスタッフは残念ながら入賞を果たす事が出来ませんでしたが、みんないい顔していました。
今日からまた気持ちを入れ替え臨めます。 みんなよく頑張った。

 夜八時までに病院へ戻る事になっていたので、その前に自宅で食べた夕食、栗ご飯や、きのこ汁に野菜などは福実さんの上をいっていた。
やはり刺身なんて一生食べなくてもいいと思ったね。(はい、くどいです。実は食べてみたいです)

 本日のスケジュール。
採血、検尿、左手麻痺&五十肩のリハビリトレーニング、そして夕方には療法士さん三人のヘアカットです。

 それにしても五十肩(肩関節周囲炎)、痛いものなんですね。

写真1. 我が家の黒猫、ケラト。16歳 
写真2. 我が家のシベリアンハスキー、ジェイ。15歳(一ヶ月前に天国へ行きました)

来たな、宇宙人。

20061004.jpg

 退院の発表はそう簡単にお伝え出来ない事を僕は何度も痛感してきている。
二週間位前に主治医からも言われていましたが、あくまでも予定は未定。
血内では一週間が三ヶ月、三ヶ月が半年、半年が・・・ そんなのはざらだったりする。

 ここまでくれば大丈夫なのでご報告。
おかげさまで僕は明日いよいよ5日木曜日に退院します。

 両手でバンザーイとは毎回いかず、まずは一年を乗り切り、三年、五年再発がない事を祈るのみ。
今回はもう少し短いスパンで強く、強く念じるしかない。
ネガティブではないつもりですが臍帯血移植後、退院し50日弱で再発していることから、嫌でも先の事を考えてしまう。

 なんて、こんな事を書いていたらタイミング良く? S主治医が僕に訴えるような顔して部屋に入ってきた。
R「え、何かあったの?」 S主治医、笑顔で軽くうなずきながら「うーん」
S主治医「星野さーん、サイトメガロウィルス陽性がでちゃった」、 R「・・・ まじ。」
S「今のところ個数は少ないけどCD4を100切っているので治療は必要ですね。どうしましょう?」
R「どうしましょうって、退院して点滴に毎日通ってもいいの?」
S「個数が多くなれば再入院もありえるけど、毎日通いで二週間点滴に来てもらえれば通院でいいですよ」
R「了解。では明日退院させてもらい、毎日通います」

 サイトメガロ星人とは移植後これで三度目の再会。 
医科研退院間近にも現れて入院延長になった。 もういい加減、遠い彼方へ帰ろうよ。

 「何度も痛感している」と書いたばかりだったのに、ここにきて落とし穴があったとは・・・
やはり免疫力の無さからくるもの、恐るべし血液疾患。 
完治したわけでなし、サイトメガロ退治付きの何だか気の抜けた報告になってしまいました。
でも「よしっ」として進もうと思います。 ゆっくりゆっくりでいいじゃん。(と、言い聞かせ)  
東大医科研時のサイトメガロウィルス説明はコチラ

 RBC赤血球 309 Low(標準値427~571)、Hbへモグロビン 10.5 Low(12~17)、Htヘマクトリット 31.0 Low(38~50)、WBC白血球 2,600 Low(4,000~9,000)、PLT血小板 153,000 (120,000~300,000)、IgG免疫グロブリン632 Low(870~1700)

写真. リハビリセンター内で療法士サン達とポラロイドでパチリ。
昨日この写真を撮った後に三人のカットをさせて頂きました。
後ろのPORAROID 180は一番のお気に入り、フィルムをベリっと剥がすタイプ(ピールアパートフィルム)です。 渋っ(自慢)

I'll do my best

20061005112456.jpg

 今日、退院します。
朝食後、リハビリセンターへいつものように行き左手の麻痺、五十肩のマッサージと運動をし荷物整理。
現在ベッドでサイトメガロウィルス退治、デノシン点滴を流しながらキーボードを叩いています。

 手土産として、薬をどっさり頂き、診療費請求書の内容もかなり重い・・・ 
入退院を繰り返している身、保険屋さんにもそっぽ向かれているので肩だけでなく首も回らない(苦笑)

 二ヶ月弱の休暇?付きでしたが、三度目の再発治療から一年一ヶ月の入院生活は意味のあるのもでもありました。
これからの過しかた(生活パターン)を変える決断が出来ました。R'sのあり方も変わります。

 S主治医、Tu主治医、他の科の先生方、看護師、療法士、助手さんや清掃担当者、調理師さん、医療事務の皆様、そして看護学生の四人さん どうもありがとうございました。

 病棟で知り合った方々、励まし合い前向きでいれたこと感謝しています。

 ご心配、ご迷惑をおかけしているR's:mewのお客様、大変申し訳ありませんでした。 一日も早くお店に立ちたいと思っています。

 そして、励まして頂いた多くの皆さま 本当にありがとうございました。

 これからも I'll do my best. ずっと I'll do my best.

写真. 退院療養計画書、診療費請求書、内服薬、そして小さく奥に見えている点滴がデノシンです。

ありがとうございます。

20061007.jpg

 退院二日目。
子供らは一学期が終わり、秋休み。 妻はアールズへお仕事。
僕はデノシン点滴をしに通院と、なんちゃって家事、風(ほとんどツカエナイ)

 当面の課題、それは山積みされた僕の荷物を何とかする事。
妻曰く「不必要なモノが多すぎる」らしい。 素直にうなずけないが言い分はよく分かる。
非生活物を何とかするには「ゆっくり、少しずつ」ではまず出来ない。
思い切った処分、徹底的な大掃除に取り組まないと難しい(泣
表面的な整理はしょっちゅうしているけど、表面的だから直ぐに散らかってくるんだ。

 これ、見つめていても解決しない。 
久し振りに見る自宅やお店は客観的に見ることができる。気にならなかった所がとても気になる。
さーて、重い腰を上げなければ。(と、言い聞かせ)

 退院して。
入院している方には申し訳ないのですが、自宅はやはりイイもの。
21時の消灯時間もなければ、お風呂の予約なしでゆっくりと半身欲もできる。
ベッドは大きいし、やわらかく、人の動く音も気にならない。食事は口に合い、とても美味しい。
三匹らはややうるさいが、彼らに言わせれば僕の方がよほどうるさいのだろう。

 とにかく退院し自宅で過ごしている自分がうれしい。
今後の課題はお店に立つ事。 
あっ、その前に身辺整理、かぁ…。

 多くの方から暖かいコメント頂き恐縮しています。皆様に見守られ、助けられここまで来れたのだと感じています。
本当にありがとうございます。

写真上. こんな小さな薬を毎日入れています。
写真下. なんて遊んで撮っていたらラインがずれたのか? もれてきたので差し替えして今度は手の甲に…、自業自得の懲りない私。
20061007141607.jpg

秋休みのダンボーラー。

20061011183418.jpg

20061011183403.jpg

我が家三匹の秋休み最終日は10月10日火曜日。
秋休み唯一の秋晴れが気持ち良く、水道塔のある水道公園へ。
妻、子供達ははじめての場所、僕も考えてみれば30年振りになっていた。

 車にはスケートボード、キックボード、ローラーブレイド、そしてキャチボール用にグローブが入っているから広い場所なら場所はどこでも良かったのですが、日赤病院からいつも見えていた信濃川対岸の水道塔に行きたいと思っていました。 妻は本を持参。

 公園に向かっている最中の自転車に乗っている小さな少年に目が釘付け。
大きなダンボール箱を頭の角に引っ掛け勢いよくこいでいる。 公園についたのはその子とほぼ同時。

 “リサイクル紙ごみの日”なんて思っていたのは昨夜ダンボールや雑誌をまとめていた僕の発想でしたが、実は彼は“芝生乗りのローカル”サーファーならね、ダンボーラー?だった。
聞いてみたら小学校一年生、うちの三男と同じ。
勾配ある芝の坂を立って滑る。 すでに仲間達は楽しそうに芝乗りしていて直ぐに合流していた。
スケボーよりはるかにスリルがあって三匹も直ぐに仲間入りし転がりまくり。 僕も仲間に入れてほしかった…

 秋休み最終日はこんな一日でした。

写真. 旧中島浄水場跡地、水道公園。

負けるな、血管。

20061012.jpg

 二日前の(10日)血液数値
LDH 217 Hi(105~215) 赤血球RBC 303 Low(427~571) ヘモグロビンHb 10.6 Low(12.6~17.2) ヘマクトリットHt 30.8 (38.7~50.3) 白血球WBC 18 Low(40~90) 血小板PLT 13.8 (12~30) 網状赤血球 11(3~20) 〈顆粒球Seg 55% リンパ球Lympho 15% Eosino 17% Stab 1% Mono 12%〉
サイトメガロウィルスのチェック採血日は16日、結果は17日だそうです。 白血球数1800…、ふぅ~。

 サイトメガゴジラ退治のデノシン点滴治療もラスト6日間(予定)。
退院してからはパソコンに向かう事がほとんどないので、今(現在進行形)は点滴室にPC持込でキーボード叩いています。(インターネットは繋いでいない)

 針刺し。腕の血管はすでに細くなり、硬くて弾力がない。1回目で成功する事もまずない。
3回、4回してようやく血管に滑り込ませても途中で流れなくなる事もあるので看護師さん泣かせだ。
針よりも細い感じの血管、摩ったり、軽く叩いたり、暖めてみたり…
血管自体に弾力がないので長めの点滴針を刺す時は逃げ、抜くときも引っかっている感じがよく分かる。
コツは「躊躇せず、一気に刺す」ことらしい。 
プレッシャーかけないよう痛くない素振りをしていますが、実は結構痛い(泣
まったく、あのぷっりぷり血管はどこへ行ってしまったんだろう。 

 今、行っている点滴を除けばあと5日間。
あくまでも予定なので効果がなければ延長もあり得るらしいけど血管はもう悲鳴をあげているけど、もう入院はご遠慮願いたい。 
手足の冷えは血流の悪さからきているのでしょう、これでは仕方ないね。

 今日このあとリハビリセンターで知り合った仲間とランチへ行ってきます。 
偶然にも同じ辰年仲間でしたが、残念なことに野郎です(笑。
プー太郎同士、男として、父として、人間として、事情は互いに違うが大変なのは当たり前。  
体が不自由でもOK! 僕らはまだまだ大した事ない。 これからもティブシンキングでヨロシク。 

 その前にはじめての彼との食事。まずは一食分、完食できるよう願う私です。 

 今日も一日よろしくおねがいします。

写真. リプトン・ティーソーダ・スパークル。 紅茶で微炭酸?衝撃的でしたが以外にもイケル。
炭酸苦手な私もおススメします。 リプトン広報部長より。

秋晴れ。

20061013.jpg

 昨日はリハビリの友と二人、食事をしてきました。 
彼、お勧めのラーメン屋さんへ。 
長岡はラーメン激戦区らしいく、ラーメン屋さんが多く存在しています。
こってり、さっぱりとスープも麺もさまざまですが、僕はさっぱり塩味な透明スープが好き。

 以前、日赤町にあった“味の横綱”ほんと美味しかった。
作っているオヤジもいい味出していたし、ソコを教えてくれた世話好きな後輩はさらに味があってなかなかイイ奴(脱線)
僕はどちらかと言うと蕎麦屋さんが多いので細かい事はよくわかりません。
ラーメン屋さん、お勧めがありましたら教えてください。(ちなみに並ぶのは大嫌い)

 その後に喫茶店へ。
長岡日赤から長岡造形大学の先にある焙煎機自慢の古くからある喫茶店です。
僕はオリジナルブレンド、彼はなんと中国雲南省産のコーヒーだ。
中国コーヒーをチョイスするとはおもしろい。
サイフォン出しとドリップ出しも選べるのですが、僕はドリップ。 雲南省のコーヒー豆はサイフォンがお勧めらしい。
ちなみにサイフォンはすっきりした味になり、ドリップはもう少し深みのような感じ。うまく言えませんが「ん~、なにかもう少し」と思う方にはドリップがいいと思う。

 ラーメンもコーヒーも美味しく頂きましたが、それよりも彼とゆっくり話せたことが良かった。
お互い立ち止まざるおえない状況になり、ようやくいろいろなものが見えてきたのかもしれない。
“頑張る”だけの歳はとっくに過ぎた。 
気づいていないだけで、実はいろんな選択が皆にあるんだよね。 もっと柔軟に構える。難しい事はない。
でも貧乏性の僕にはなかなか難しい(苦笑)  有意義な時間をありがとうございました。

 点滴、今ちょうど終わりました。 秋晴れが気持ち良い、みなさんにとっても良い一日でありますように。

写真. お店と自宅の間に位置している栖吉川。

明日は寺泊シーサイドマラソン。

Scan184.jpg

Scan160.jpg

Scan165.jpg

 寺泊町が主催しているシーサイドマラソン大会はアールズ(美容室)の恒例行事。
かれこれ10年以上続けている。 なのにチーム名はずっとシーサイドビギナーズ。
スタッフからしたら、やってられない行事なのだろうが面接時にもくどくどと説明してあるから仕方ない。
完全強制。 そう、鬼経営者(笑)

 始めたきっかけは、二十代後半に感じていた事。
ヘアサロン、オンリーの毎日で体を動かす事がなく「このままでいいのか?」でした。
仕事を終えジョギングをはじめた毎日。
そんな中、妻がトライアスロン好きのお客様から寺泊のマラソン大会の話を聞き、何故か一人で出場。
次の年からは僕も参加、その後、気が付けば友人やスタッフはもちろん、取引先のディーラーさん、お客様までも引きずり込んでいた。
 
 毎年10月の第三日曜日、いよいよ明日です。
僕は今回もエントリーできませんでしたが、妻をはじめ、スタッフや友人は走ります。
女子5km、男子10km、スタッフの平井は少し走っているらしく年々タイムが上がっている。
まだ僕のタイムレコードは破られていないがちょっと心配。

 訳があり、皆で走るのは今年最後だと思う。 
僕も今回は特に走りたかったし、くやしいが断念しなければいけない。去年のBlogより

 来年は必ず一人でも出場しようと思っています。 絶対に大丈夫な状態(カラダ)にしておきたい。

 みんな、とにかく明日は思いっきり楽しもうぜぃ!
でも10km. 41分14秒のタイムレコードだけは塗り替えるなよっ(笑)

写真と文章はまったく関係ありませんが、ジョギングを始めた頃の一人インド旅行当時(十五年位前か?)
写真1. チャイ(インド式紅茶)を売る店は日本の自販機並みにあちこちに点在、ここで頂いたミルクティー(ヤギの乳)は格別!
写真2. 安ホテルのベランダより。 「写真を撮ってくれ」とお願いされた。
写真3. 朝食。揚げ物は安心して食べれ美味しいんだ。味はすべて香辛料のきいているガラムマサラ。(すべてが奥深いカレー味)

アウトドアな一日。

marason5.jpg

marason4.jpg

現在点滴中です。(サイトメガロウィルス退治のデノシン投薬) 点滴室とりWord書きです。
毎日病院へは通っていますが、今日はこれから退院後はじめての外来受診。
採血検査も一週間振りで白血球CD4やサイトメガロの検査も入っているのでスピッツの本数も多い。
この多さ、医科研を思い出します。

 今回の検査結果はこれからの動きにとても重要。
もちろん、白血球2000オーバー、サイトメガロは陰性、CD4もせめて200以上には上がっていてほしい。
結果待ち時間は何回経験してもネガティブな気持ちもチラチラ見え隠れするものです。

 そして昨日は寺泊のシーサイドマラソン。  タイミングよく、私も応援に行ってきました。 
毎回心配なのがお天気ですが、気持ち良い秋晴れにホッとしました。
強制っぽい?企画な為、サポーターも含め雨の場合は申し訳ない気持ちになるんです。
一応気をつかっています(汗;

 今回もR’sをバックアップして頂いている業者さん達、友人、スタッフ、妻も参加。
長岡から車で約一時間、着いたのは8時頃、北風が冷たかったのですが2時間後スタートする頃には気にならなくなりました。 ただしランナーには暑かったよう。

 そして無事、全員完走! 
走り終わったあと寺泊町特製の番屋汁をいただきながら自分のタイムに一喜一憂している姿を見ていると何だかんだと楽しんでいる様子。
僕も嬉しい。 

 久し振りに海風を感じた心地よい一日でした。(走っていないから言える言葉か?)

写真. 今年のシーサイドビギナーズ。(pcの場合、写真をクリックし、さらに右下拡大マークをクリック) 
走る事に関して「とんでもない!」と思っている人なら誰でもチームに入れます(笑)
僕は右端、ゼッケン16が妻、オレンジ色ジャージ三匹が子供達。

WBC 1100 Low

yahiko.jpg

 赤血球302 Low(標準427~571)、ヘモグロビン10.4 Low(12.4~17.2)、ヘマクトリット30.4 Low(38.7~50.3)、白血球1100 Low(4000~9000)、血小板12.4(12~30)、網状赤血球6(3~20)、IgG 579 Low(870~1700)、IgA 8 Low(110~410)、IgM 9 Low(35~220)
 
 サイトメガロ、CD4の結果は夕方わかり次第、自宅へ電話が来ることになりましたが、白血球、免疫グロブリン系も低いので入院もありえるらしい… 頼むぞCD4!
二週間にわたりデノシン点滴している事で免疫抑制がかかっていることも理由。
ちなみに、インフルエンザ予防接種をしても抗体が出来ないカラダ、むしろワクチンを入れる事の方があぶない。

 ノイトロジン(グラン)、白血球を上げる薬もありますが僕の場合、骨髄異型性症候群(MDS)も併発している為に安易に使えないらしい。 MDSから白血病になるパターンも多く、悪性リンパ腫+骨髄異型性症候群、さらには白血病じゃ血液疾患オンパレードだ。
そうならないように、自力で上げるしかない。
今日で最後のデノシン点滴は三回目の針でようやく通るが血管が細いため少し動かすと止まってしまう(泣 (今回、絶対最後であってほしい)  

 僕が免疫を上げるために出来る事は「笑う事」「疲れないこと」「バランス良く食事する事」、「手洗い、うがい」は基本中の基本。 
そして苦手なマスクも忘れてはいけない。らしい… (これに関しては妻、S主治医に注意されっぱなしです。スイマセン)

 さーて、今日の夕方どんなお知らせが届くのやら。

写真. 寺泊シーサイドマラソンの帰りに弥彦神社へお参りへ行ってきました。 
表参道の横で飼われているケンカで負けたばかりの鹿さん。(気にするなっ)

これからのR'sのありかた。 

imgRs.jpg

 Salutation
 挨拶

1991年2月23日「R’s for hair」として誕生した私たちは「R’s:mew」に進化しながら、
みなさまのお力添えで今日まで幸福なサロン活動を続けてまいりました。
そして
15周年を迎えた今年・2006年のはじめに、ひとつの区切りとして
この年をもって現在の活動を終了する決断をいたしました。
長年にわたり、たくさんの方々にお世話になったこと
心より深く、深く御礼申し上げます。

年末までの限られた時間の中で
日々、すべての出来事に感謝し、お客さまにご満足いただくこと。
そして私たち自身も、充実した時間を過ごしていくことを
大変嬉しく思っています。

ありがとうございました。

2006年10月吉日
アールズ・ミュー スタッフ一同


 Start
 始まり

2007年
現スタッフはそれぞれが新しい未来の道へ、歩き出します。
アールズは「美容+α」というこれまでとは違う
スタイルに向けて、準備にとりかかっていきます。
(オープン当初の頃のように春には二人で再び始める予定です)

再びはじめる時期がきましたら、あらためて
お知らせをさせていただきます。

私、星野良司も年内の復帰に向け
シザーを持ってリハビリ中。
あたたかく見守っていただけましたら幸いです。

これからもよろしくお願いいたします。


 Something
 サポートとご案内など

■ 営業について
年内の営業は12月30日(土)までとなります。
(最終日の受付時間は早めに終了 30日,カット17:00 パーマ・カラー16:00まで)
※ 年末の営業が込み合うことが予想されますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

■ 年末キャンペーン(11/18 sat.~ 12/30 sat.)
シャンプー・リンス20%off  / スタイリング剤その他 10%off
商品販売もしばらくお休みとなりますので、この機会にどうぞ。
※ 期間中ご来店のお客さまに、美味しいボントーンベーカリーのパンをプレゼント。

■ ポイントカードについて
10月末日まで→通常通りポイント加算。
11月以降→ポイントに応じて割引させていただきます。(1ポイント=40円計算)

■ インフォメーション
引き続き、ホームページにて随時情報は更新していきます。
ご覧ください。
URL. http://www.rsmoon.com     Email. info@rsmoon.com

CD4 95 Low

20061019123059.jpg

20061019123111.jpg

 移植後のサイトメガロウィルス退治は今回で三回目、血液検査は陰性でした。 OK!

 CD4数値は95…横ばいです。
白血球も低めなので感染等、十分注意が必要なようです。 
白血球内の顆粒球(好中球)の割合が500以上あれば大丈夫。
何パーセントまでは聞いていませんが50は切っていないと思うのでOKとしましょう。

 血液疾患になってからはどうしても半端な知識だけがついてしまう。 半端なだけにちょっと性質が悪い…
毎回言っていますが、手洗い、うがい、そして外出時にはマスク着用のみに徹しておとなしく過ごします。

 話変わって
二日前、フィルム出しついでに隣のUNIQLOへ入ってみました。
いよいよ「ももひきデビュー」です。
ももひきコーナー、結構充実していて迷うほどあるのに驚きました。
ただ問題はSサイズがほとんどなく、作っていない商品もある。やはり需要と供給バランスなのか?
したがって女性コーナーも気になりましたが小心者には…、と思いながらも勇気を出し手にしてきました。

 商品説明を見ていてとてもくすぐられたもの。
『骨格や筋肉の動き、体のバランス、疲労のしくみ、ベタつきの感じまでも徹底的に科学したウェアです。体軸のブレを抑制、筋肉や関節を安定させる』ボディー・テック ドライコンプレッション ロングスパッツ サイズS  1点2990円、2点で3990円
まんまとユニクロ商法に捕まり2点買い。
もう1点はヒートテック素材と書いてある、やはり心動かされる「ももひき」を購入しました。

 久し振りのUNIQLO。
購入はしませんでしたがチノパンのシルエットもきれいで驚きました。1シーズンモノだとしても安い。
ARROWSや、TOMORROWLAND、A.P.C.にはもう行かなくなるかも、と内心コワさも感じながらプー太郎星野はあとにしました。

 ユニクロ「ももひき」、マスク同様に手放せないアイテムのようです。 

写真. ダイレクトメールとパンフレットは以前使用したものです。

仏さま、大集合!

20061019124859.jpg

 二週に一度は採血と薬を頂きに外来には行きますが、毎日の病院通いはしなくてよくなり少し落ち着く事が出来ています。
秋晴れも続き紅葉狩りへも行ってみたいと思いますが今年はむずかしいい。
来年の目標がまた一つ出来たことに感謝だ。

 病院隣にあります新潟県立近代美術館は現在「新潟の仏像展」を開催中。
毎日通っているので「今日は」と思いつつ、点滴後はリズムが崩れ、疲れ気味・・・ 行く機会がなかったのですがそろそろ大丈夫。

 来週位には行ってみたいと思い、今から調整中です(体調のこと)
仏像が一同に集まるって、考えてみれば凄いことだ。 どんな雰囲気なのだろう。 
逆に、興味のない方はとても退屈な所、中学で行かされた?京都、奈良の修学旅行みたいなんだろうね。

 ちなみに妻の実家、糸魚川にある谷村美術館も仏像が多く展示されていてオススメです。

 今日も気持ちの良い秋晴れです。 洗濯も終わり、そろそろ動きます。(家の中ですが・・・)

写真. 以前のR's DMより。

一年一ヶ月振り。

20061020180141.jpg

20061020180153.jpg

 リハビリ・トレーニングとして知り合いの方の髪を朝早くにR’sでカットさせて頂きました。
耳を落とさなかった事は幸い。
感覚のない左手中指は相変わらずおかしな感じですが、徐々に慣れてくるのもと信じてカット。

 欲を言えばきりがない。
中指が駄目なら他の指を強化したり、目視確認をしっかりしたり、まったく違う方法でカットしたりとある意味幅が広がるし、むしろゆっくりでも出来てきている事に希望が湧いてます。

 何人かのお客様にも挨拶ができ“戻ってきたんだな”と感じる事は、ようやく自由の身になったよう。
さらには暖かい言葉をかけて頂き、今後のアールズを気にされたりと嬉しくもあり、申し訳なく感じています。

 やはりアールズというサロンは自分で言うのも変ですが、とても居心地が良いところ。
一年生の山村さんとは、ようやく一緒にお仕事です(僕のはお仕事ごっこ)。
残りの時間を大切に、頑張ってきてくれた彼らと楽しく過ごしたいと思っています。

 シャンプーも一年振り以上のトライです。もしかしてもっともっと前かもです(スタッフにお願いしていたので)
指先のビリビリ感はたまらないほど鳥肌が立ってしまいましたが、痺れや痛さは考えていても治るものではない。
何度も繰り返し慣れていくしかなく、ビリビリを考えていても仕方ない。

 今まで出来ていた事が突然出来なくなる。
これは受け入れることがとても難しかったり、ショックな事。 もちろん僕もはじめはそうでした。
神経内科の先生曰く「治る見込みは非常に少ないなぁ」と。
それならそれでOK! 工夫し、今までとは違う方法を取り入れ出来るようになれるのであれば、出来ない事を訴えている暇はない。

 作業療法士Sさん指導のもと、成果が現れているんですね。 可愛いSさんに感謝だ。

 ただ、五十肩はいただけない。
コチラに関しては完全に治ってほしいと祈っている。(祈っているだけでは治らないらしいのですが… 泣)

写真. 以前のR's DMより。 上は2001年、下は1994年タイミングよく撮れた写真(インドにて)

R'sのお客様へ

20061022120920.jpg

20061022120832.jpg

 11月よりR's:mew(アールズ・ミュー)の仲間入りさせていただこうとと思っています。
はじめのうちは午前中のみ、一日3,4人を考えております。

 お電話やインターネットからのご予約は11月から受け付けさせていただきますが、ご予約受付は最長、一週間前とさせていただきます。
先のお約束をすることによりご迷惑おかけする場合もある為、10月中のご予約はご遠慮させていただきます。

 10月30日に次の採血があります。 
その結果にもよりますのでハッキリとした報告ではないことをご了承ください。

 とても楽しみです。 みなさま宜しくお願いします。    R's:mew 元気な星野良司より

写真. 以前のR'sダイレクトメールより。 

中越地震。

Rs13.jpg

20061022120902.jpg

 中越地震、早くも二年が過ぎました。
テレビでは優太ちゃん救出シーンが流れています。 彼もしっかり育っている、時間の流れを感じます。

 当時も私は長岡日赤にいたのですが、11階のセミクリーン室は船酔い状態。
看護師さんも1階や5,6階の揺れとはぜんぜん違うと言っていました。
免疫力がほとんどないため非難さえ出来ず、11階で何も出来ない自分に歯がゆい想いを感じていました。2004.10.24以降参考

 長岡に居ながらにして外の悲惨な状況(散乱、ライフライン停止、道路状況など)を目にしていない。
ちなみに今回の大雪も東京に居たため何も出来なかったツカエナイ私でした。

 今年の一月に行った移植は臍帯血移植でしたが、二年前の地震時は自家末梢血幹細胞移植の寸前。
投薬も始まっていたので引き伸ばす事は出来なく、余震の中カテーテルを足の付け根付近くに通し、静脈に繋げ自己の末梢血細胞を採取。
採取している間は大きい遠心分離機にかけ、残りの血液は体に戻していたのですが大きな余震でちゃんと機能してくれなく、関係者は揺れるたびに青い顔して機械を押さえるのですが、床が揺れてるのだからお手上げだ。
何日かにわけ、ようやく最低量の一回分と少しが採れたのですが、今考えるとゾッとします。

 皆川優太くんは想像しがたい状況で救出されこの病院に運ばれました。
何も分からない状況だろうし、お母さんが見えないのは子供としてとては不安な日々の入院だっただろう。
精神的な部分は僕には分かりえませんが、こうして元気に育っているのだから負けていられない。

 マスコミでは山古志だけがスポットを当てられている感もありますが、さらに大変な状況をずっと引きずっている方達もいるのでしょう。

 昨日はテレビを見ていてそんな思いになりました。

写真. 以前のR’s ダイレクトメール。 インド、タージ・マハールへ行った時のもの。

久し振りの病院。

20061022120932.jpg

 と言っても一週間振り。 
自立心が芽生えはじめてきている (まだ早い・苦笑)
今日の訪問は事務的な手続きがメインなので痛い思いはナシ。
この場合「心の準備」なしで向かうことができるため気楽。

 ついでに11月から少しずつ動き出してゆく事に関し、お世話になったリハビリセンターへ挨拶と、同士の多い11Bへもちょっとだけ顔を出してきました。
主治医とは会えませんでしたが、他の先生方、看護師さんと挨拶、本当に久し振りな感じは不思議。

 1階受付で書類を受け取りあとにしてきましたが、現在も病気と闘っている人達が多くいます。
当たり前なのでしょうが複雑な感じがします。
全体で見たら一部なのかもしれませんが、病院に居ると「どうしてこんなに多いのだろう?」と感じずにはいられない。

 退院し時間の経過と共に、入院していた頃の苦しさを忘れていきている。
忘れる事、ある意味大事なのかも知れませんが「当たり前」になる事とは違うと思う。

 普段の生活を感謝しないといけませんね。 一週間振りにお邪魔してそう感じました。

 病院のみんなへ
治す事をあきらめず必ず信じて、なるべく前向きにいかなきゃ。 
キツイけど、そのための治療なんだから! 絶対大丈夫! 待ってるぞー! 僕を引き戻すなよ(笑)

写真. ABCDEFG♪HIJKLMN♪OPQRsTY♪VWXYZ♪♪

セーフ (汗;

20061028082303.jpg

 『事務的な手続きで病院へ行きました』
なーんて言っていたのに次の日、レントゲンと採血を受け、特別枠でS主治医に診察していただきました。

 実は三週間前から喉が痛くなかなか治らず、咳がではじめてからは一週間。
間で病院にも電話連絡していましたが熱がないので報告のみ。

 昨日昼過ぎから熱っぽくなり計ってきたら37.2。 普段35度台なので37度ちょっとでもクラクラぎみで現在はもっと高い…
「何かあったら直ぐに電話を」と言われているので早速電話しました。
 
 血液結果です。
赤血球291 Low(標準427~571)、ヘモグロビン10.2 Low(12.4~17.2)、ヘマクトリット29.8 Low(38.7~50.3)、白血球1600 Low(4000~9000)、血小板13.9(12~30)、網状赤血球9(3~20)、IgG 569 Low(870~1700)、IgA 8 Low(110~410)、IgM 7 Low(35~220) アルカリホスファターゼ ALP 429 Hi(105~340) CD4 95 Low(1,000~1,500)

 レントゲン結果も肺炎ではないようでホッとしましたが、このままにしておいたら間違いなくなっていたよう。 ぎりぎりセーフです。

 戦ってくれる白血球やCD4などが少ない為、風邪をひきやすく長引くのもやむ負えない。
なかなか熱が下がってくれず、おかしな咳も続いているので今日も一日ベッドで横になっていました。
早く治ってほしい。

 寒くなってきました。 みなさんも十分体調に気をつけてお過ごし下さい。

写真. 彼のような「たくましさ」がほしいものだ(苦笑) 三男。 
プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ