ひとまず

20070702.jpg


 今日で放射線、終了。

 とうぶん出てきませんように  

 とうぶんでいいから


写真. 糸魚川(妻の実家)から届いた大好きなカサブランカ。

こんちは。

20070703.jpg

 先ほどお風呂に入ってきました。

 47.4kg 体脂肪 8 また痩せてる(泣) その事じゃなくて

 またコリコリを見つけてしまった。

 この月曜日まで照射(放射線)をしていた箇所からわずか1cm弱のところ。 ガンの野郎…

 こいつ、僕を自己破綻に追い込もうとしているらしい。 ったくぅ~(苦笑)


写真.自宅庭から持ってきた紫陽花。 アジサイはマクロで観るととてもかわいい。

38.8

20070710175524.jpg

 コリコリ発見後、何かのウィルス感染なのだろう、またもや原因不明の熱が出てしまった。

 木曜日お店終了後に熱を測ったら38.8℃… 手元にあるロキソニン、抗生剤を飲む。

 金曜日の朝36.9℃ OK
お客様を迎える為の準備をしていたら吐き気を感じトイレで思い切り嘔吐、しかも真っ赤。

 これには驚いたが、原因はトマトジュース。 
嘔吐しながら真剣に「いよいよか」と思いました(笑)

 解熱剤の「ロキソニン」と、一日一回服用でOKの抗生剤「アベロックス」は嘔吐したときに出ちゃったらしい。
結局、薬の効果なく夕方には38.5℃…

 明日は大事な約束ある。 たのむぞー!

写真. R's月下美人、もうすぐ開花です。

念願の秋山郷。

20070710232444.jpg

 4メートルの積雪を記録した秋山郷へ行ってきました。
メンバーは2004年、自家移植時に知り合った無菌室の仲間4名とT主治医。

 血液内科での入院期間は最低でも4ヶ月間だから、体調が良い時は患者同士で楽しく過ごすように心がける。 そうもしていないとやってられない。

 毎回、素敵な仲間と知り合える。 
この時のメンバーは特に中越地震を一緒にセミクリーンで体験しているから結束感も一段と高いのかもしれない。

 余震の続く中の約束「無事みんなで元気に退院して、必ずこのメンバーで秋山郷へ行こう!!」
そんな中で亡くなった方も何人かいますが、その方達も天国から見守ってくれているようだったし、一緒に秋山郷に来ていると感じた。

 何故、秋山郷なのかはメンバーの中に秋山郷で「かたくりの宿」のオーナーがいたから。

 僕以外は再発もなく、皆 元気に過ごしている。
つまり僕待ちだった…。 なので前日までの熱でドタキャンすることは避けたかった。
下がってくれて助かりました(ちょっと強行突破)

 彼らの応援と天国からの応援もあり、細~く、長~く、前に進んでゆけることに感謝。だな。
   
 はじめての秋山郷、新緑に包まれたとても良いところ。
楽しい時間を過ごすことができました。
20070710232506.jpg

寝る子は育て!

Dscn00071.jpg

RBC赤血球346 Low(標準427~571)、Hbヘモグロビン11.8 Low(12.4~17.2)、Htヘマクトリット35.0 Low(38.7~50.3)、WBC白血球3200 Low(4000~9000)、PLT血小板12.2 (12~30)、GOT26 (8~40) GPT22 (5~45) アルカリホステラーゼAL261 (105~340) 炎症反応CRP 0.05 (0.0~0.3) LDH 227 Hi(105~215)
9日(月曜日)の血液数値。

 S主治医は「LDHが上がってきていて、少し気になる」 と、その日 急きょCTレントゲン。
LDHとはガンの腫瘍マーカーのこと…

 そして、10日(火)より放射線(電子線)スタートしました。
左そ頚部から膝まで、表面積が広いため2回に分け五日間の予定。

 なんだかずーっとダルく、疲れやすいこの頃。
19時にはベッドに入り、朝6時半にベッドを出る、「寝る子は育て!」だ(苦笑)
 

 そして今朝は血便が出てしまいました。 大量、真っ赤っか・・・ 

 放射線通いなので、ついでに受診して頂く事になりました。

写真. R's(アールズ)、ベランダより

中越沖地震

20070723202951.jpg

 常に心配をおかけしている私ですが、ここにきて再び地震。 
僕達が住んでいる地域(新潟県中越地方の長岡市近郊)はライフラインには問題ないようです。

 二年前の中越地震の時は病院11階、無菌室に隔離状態でしたので大きく揺れているだけで外の様子はラジオ、テレビからしかわからずコワさよりも不安が大きかったことを思い出す。

 今回は自宅。
休日、家族みんなが揃っていて安心できるものの棚からモノが落ち、様変わりしてゆく状態をみているのは気持ちいいものではないです。
子供達は直ぐにクッションを頭にすばやくテーブルの下に隠れていましたが僕は立ちっぱなし…

 モノが落ち、お風呂場のタイルにひびが入った程度で怪我もなく被害は特にありませんでした。

 余震も続いていることから落ちそうなモノを床に置き、次はお店へ。

 商品が散乱し、花器が何個か割れ、その周りは濡れている。 
子供にも手伝ってもらい後片付けです。

 しかしその時にまた大きな余震(震度5弱)、片したばかりなのに…
むなしくもなりますが、大きな被害がないのですから感謝ですね。

 今回の地震に関してもご心配頂き申し訳ありませんでした、そして本当にありがとうございます。

 ライフラインが止まっている地区、被害に会われた方達の復旧など少しでも早く落ち着けることを祈ります。

 これから大腸カメラ検査と放射線照射です。 では、行ってきます。

ありがとうございました。

20070716.jpg

 初めて大腸カメラを体験。  感想は、「もう、ご勘弁」です。
 
 スコープの長さは150センチくらいと説明を受けましたが、僕には50メートルはかるく入っているように感じる。 
いや、絶対に入っているはずだ(苦笑)

 小腸へ進んでゆく腸内画像は一緒に見なが、しかし画像どころではない。
(経験ある友人は、NHKスペシャル観ているようで面白いよ!と、…)

 処置室での会話。
 先生、「う~ん、きれいですねぇ~」、「ちょっと痛いですよぉ~」、「今度は仰向けになって足を組んでみてください」

 看護師は僕の手を握りながら、「大変な治療を重ねてきた人だから大丈夫よ」、「もう少しよ」

 僕、「うおぉ~、せ、先生、S主治医には小腸まで行った事にして、ここらで引き返しましょう」、「イタタタタァ~、痛い~」と情けない。
まるでバリ舞踊の目を見開き、手を筋張せながらカクカク踊る人?状態。

 小腸付近を生検するため摘んでもらった結果は後日ですが、見た限りでは問題なさそう。 

 そして、もぐら叩きのように繰り返し行っている放射線(電子線、15Gy)も、今日でひとまず終了。 
「ガンの野郎、とうぶん出てくるなよ!」 “とうぶん”でいいから。

 

 思うことがあり、このBLOGをひとまずお休みさせて頂きます。
 中途半端な感じもいたしますがご了承下さい。
まとまりなくダラダラとヒトリゴトを書いていたのですが、多くの皆様から 思いがけず励ましのお言葉を頂きましたこと申し訳なく、そして感謝しています。
本当に助けられました。

 もちろんこれからもしっかり生きてゆこうと思っています。
R’s H.P.にはプライベート抜きですが更新してゆきます。
どうもありがとうございました。

写真. R’s(アールズ)ベランダより

蜘蛛の糸

20070723.jpg

もうすぐ15年目,ようやく100000km

20070726195739.jpg

20070726195748.jpg

white

20070727.jpg

R'sな空間。

20070728.jpg

FUJI ROCK

ff.jpg

f5.jpg

f6.jpg

f1.jpg

f.jpg

tap.jpg

sukapara.jpg

子供達の宝物、僕の苦手なもの。

kabuto.jpg

もうすぐ長岡花火!

20070731.jpg

プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ