ザワークラウトとソーセージとダッチオーブン、出勤はテントより

R0122882.jpg
友人でもあるラ・ボントーンベーカリーの彼はこの季節になると毎年10日間位のテント泊を楽しんでいる。
日中はお店に、仕事が終わり自宅へ戻りお風呂で汗を流しこちらへ向かう。
私もお邪魔?にならない程度にふらっと顔を出す。

彼ご自慢のザワークラウト(ドイツ料理、キャベツの漬物)がタイミング良く出来あがったようだ。
R0122900.jpg
ダッチオーブンにザワークラウトをたっぷり入れ、その上に大きなソーセージを入れ完成。
ビールを差し入れし、僕は何故かジュースだ。
しかし一人なのになんでこんな量なのかは不明… そうゆうヤツなのだ。

夜も深くなりはじめた頃、用意してきた抹茶を点てる。
星空の下での茶、喜んでいただきました。



今 千春 作陶展 2013

!cid_A67801C8-C4EF-4F2E-A2BE-E78735479049.jpg
朝日山酒造内にある松籟閣で陶芸家・今千春氏「今千春 作陶展」が行われました。

信楽焼のイメージを持っていますが今回の作品は釉薬を使った陶器中心。
もちろん、今イズムを感じるものばかり(写真は信楽)
R0122929_20130604214254.jpg
私は呈茶席でそのお手伝い(水屋で抹茶を点て、菓子やお茶のお運びなど)
差し入れの手作り笹だんごに舌鼓。
R0122912.jpg
多くのお客さまとの対応も楽しい時間でした。

» Continue Reading

小国のわらび (山形)

R0122947.jpg

R'sの庭

R0122876.jpg

R'sの庭

R0122878.jpg

茶楽 明暗茶会

R0123070.jpg
たまには登場、紋付袴の私です。 ちょっとポーズ作り過ぎの七・誤・算?
えっ?見えない  いいんですこのくらいで、影だし担当と受付担当ですから

松籟閣(朝日山酒造)をお借りし、第四回・茶楽茶会を行いました。
今回は明暗茶会と称し、それに合わせた道具組みです。
R0122970.jpg
本番寸前まで再確認、まさに一期一会。
R0123083.jpg
席入り
お客様は点心、濃茶、そして薄茶席と場所を移動し趣を変え楽しんでいただきます。
R0123038.jpg
ご正客、お次客さま以外は水屋でお茶を点てお運びします。

男だけのメンバーで構成されている茶楽は流派を超え楽しむ会(表千家、裏千家、石洲流、宗偏流など)
足の浮腫みで正座のできない私は主に受付を担当。

「星野クン、受付で決まるからね」と… 
肌襦袢の下で暑さとは違う変な汗を掻きながらも何とかスムーズに、
楽しい一日を過ごす事が出来ました。

» Continue Reading

草月 花と遊び

R0122964.jpg

0020130613R's

R0123275.jpg
澄んだ空の青さに思わずシャッターを押す
R0123259.jpg

LOVE展

R0123255.jpg
六本木ヒルズ、森美術館10周年を記念して
「愛」をテーマにした美術史を彩る名作や意欲的な現代作品「LOVE展」へ
R0123242.jpg
草間弥生さんブースは大判振る舞いの撮影可
どうしたって草間ワールドなのだから問題ないのだろう。

女性の立場から見ると微妙…?ではないかと予測されるメッセージ動画はひねがあって面白い作品
ダリ、キリコ、岡本太郎やマグリット、久し振りご対面のフリーダカーロなど盛り沢山な展示でした。

R0123185.jpg
今回の一番の目的は東京・自由が丘時代の恩師や先輩に会うこと
いろいろ考えさせられる時間を過ごすことができ良かった。
写真は以前、毎日の様に歩いていた自由が丘、遊歩道より

R0123410.jpg

学園訪問

R0123355.jpg
山形の高校へ今回はじめて両親を連れてきました。
R0123303.jpg
彼は学園周辺を両親に案内
自然豊かなこの場所を少し誇らしそうに教えてくれた。

» Continue Reading

ウサギとホタル

R0123470.jpg
月が地球に最も接近する時と満月が重なる「スーパームーン」というらしい
今夜がそのスーパー ムーン
月明かりに照らされている川にはホタルが飛び交っています。

気持よい月光浴、ありがとう。

R'sの庭

R0123429_20130626072444.jpg

散歩にて

R0123378_20130626072439.jpg

一服どうぞ

R0123423_20130626072442.jpg

西楽寺

R0123453.jpg
自宅近くにある千代町の西楽寺へ
若さんはR'sのお客さまでもあり、以前お店で雅楽のコンサートを開いて頂いたこともあります。

お寺では笙(しょう)、竜笛(りゅうてき)、そして篳篥(ひちりき)などの稽古が行われ
私の知り合いは興味があるようで、紹介かたがた付添いとしてお邪魔。
多くの方々が楽しそうに吹いていましたが楽譜らしきものを見た瞬間、私には「ムリ」
ですが、音の響きは不思議と心に入ってくる。

初心者も大歓迎とのことです。
ご興味ある方はアールズ、または西楽寺さんへお問い合わせください。
プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ