スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉道

yubatake2.jpg
早くも30度超えの暑い日となった連休を利用し両親を連れ 強制的親孝行を企画、行先は草津温泉。
ちなみに両親は僕より健康体(ナニヨリです)
DSC_0035.jpg
草津温泉を検索したら「時間湯」なるものに目がとまる。
早速予約をし行ってみたら、暑さにまいっているのか?気だるそうな女性が一人、淡々と事務的に手順を説明 早くも後悔の念、やめることも出来ず・・・
まずは、神様へ二礼二拍手一礼、「草津良いと~こ♪」を歌いながら湯もみが始まったが板の持ち方にも作法がある様で間違うと歌は止まり、指導が入る。
他のお客様も居るのでプレッシャーを感じつつ真剣にやっている自分が何だかとても可笑しくなってくる。
いったん脱衣所へ戻り服を脱ぎ入浴スタンバイ。
声がjかかり、再び湯船ある部屋へ招かる。
頭にタオル(手ぬぐい)を当て首に湯を流さない様、桶を使い頭に30杯の湯をかぶる。下も同じように清めようやく入浴。
47℃の湯船に入る時は大きな声で「おおーーーーーーっ!!」と声を張り上げ、入浴中にも一分おきに声を出す。
三分後、上がる時も「おおーーーーーーっ!!」 47℃に酸性の湯は熱いと言うより痛いのだ。

一礼をし、脱衣所に移動
体は拭かずに頭からバスタオルを包むと汗は気持ち良く流れだす。
状況が読めていないながらもありがたいデトックス体験でした。
ji.jpg
気だるく見えていた女性の優しさを知ることもできたこと、さらには父と裸で「おぉーーーーーーーっ!」って言い合っている姿も滑稽だ。
DSC_0058.jpg
草津二日目、湯畑の真ん前にあるホテルを早めにチェックアウトし、片岡鶴太郎美術館で癒される。

暑くて、熱くて、痛くて、楽しい時間です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

R Y O J I

Author:R Y O J I
リョウジのヒトリゴトです。
2005.9.20よりブログ開始しました。
今後とも宜しくお願いします。

●発症、経過は2005.12.4に記載。
●ブログの動機は2006.1.22に記載。
●四度目の再発の想いは2006.7.1。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
リアルタイムカウンター
現在の閲覧者数:
トータルカウンター
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。